JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。


12:30pm 那覇空港へ。
CIMG0673

本日搭乗予定のJAL908便は満席。

CIMG0671

手荷物を預けた後、早速、2月28日(火)に
リニューアルオープンしたサクララウンジを訪れてみます。

CIMG0684

営業時間。

CIMG0686

セキュリティチェックをチヤッチャと済ませて、
レセプションで受付イン。

CIMG0689

ラウンジ内見取り図。

CIMG0690

ダイニングエリアへ。

CIMG0702

ダイニングエリアからシーティングエリアを。

CIMG0699

以前よりすっきり洗練されたインテリアになっています。

CIMG0700

こんな中央カウンターテーブル席に着席して、
更に奥のお席の方を。

ただ、以前に比べて顔が差すようになったというか、
カウンターに向かい合って座っている人達同士、
距離感が近く、顔も丸見え状態なので、なんとなく
落ち着かない空間になったような印象も受けました。

CIMG0715

旦那さんはビールを、私はジュースを1杯ずつ頂き、
そそくさとお暇する前にトイレをチェック。

男女トイレマークがついている木製ドアに
手をタッチして自動スライドオープン。

CIMG0703

女性用トイレの中。
トイレは2室あり、室内は木の香りプンプンです。

CIMG0713

そして、洗面には見た事ない蛇口があるので、
てっきり、両サイドに広がっている羽のような
先端から水が出て来るのだろうか!?と思い、
手をかざしてみたところ、両サイドから強烈
な風が「ぶわぁ~!」と飛び出してきて、
超ビックリしました(大汗)。

CIMG0709

よく見ると、カウンターの上に
小さな説明書が置かれていました(恥)。

蛇口はDyson製。

因みに、「男性トイレには無かったよ」
と旦那さんから聞いたので、試験的導入なのでしょうか?

CIMG0710

ラウンジ内からゲート方面のエントランスへ。
途中にできた喫煙ルームなど。

CIMG0717


CIMG0718

綺麗になったラウンジですが、個人的には、
いつも3袋ぐらいお土産で持って帰っていた
小さな袋入りハッピーターンが無くなって、
悲しかったりもしました(苦笑)。



土曜日 19:30pm。
今回は、民謡ライヴを聞きながら美味しい
沖縄料理が食べれるという口コミを参考に、
県庁前駅から徒歩5分、久茂地川沿いにある
居酒屋「あっぱりしゃん」さんへお邪魔します。
CIMG0487

暖簾をくぐって、階段を上り、

CIMG0492

2Fのお店エントランスへ。

CIMG0614

前もって予約していたので、
名前を告げてほぼ満席状態の店内へ。

写真は帰る時にエントランスから撮影した店内の様子で、
右側に厨房&カウンター席があり、
CIMG0612

私達は奥のこのようなお席に案内され着席。
因みに、お席は3Fにもあり。

CIMG0546

お店は平成16年にオープンして今年で13周年目。

CIMG0536

席に着くと、混んでいるにもかかわらず、
すぐにスタッフさんがおしぼりとメニューを持って来てくれて、

とりあえず、旦那さんはオリオン生を、
私は泡盛メニューの中からお店オリジナルをオーダーしてみます。
CIMG0498

お酒はどれもチョイ高めで、ボトル注文はセット代
も取られるので、酒飲みには少々キツイですが、
ま、ライヴチャージと考える事に致します(苦笑)。

20174appari2

そして、メニュープライスは税抜きなので、
以下、税込み価格を記載していきます。

あっぱりしゃんオリジナル2合ボトル 1,620円
+ボトルセット 250円+x2=540円
=2,160円(税込)。

泡盛初心者でも飲みやすいお味です。

CIMG0508

旦那さんのオリオン生 540円(税込)と一緒に乾杯。

CIMG0511

メニューは予想外に沢山で、
結構、選ぶのに一苦労しましたが、

CIMG0524

まず、最初にお造り(小) 1,382円(税込)を注文。

魚はこの日石垣で獲れた新鮮なもので、鮪のほか、
イラブチャー(ブダイ科)、あと名前忘れちゃったけど、
どれもプリプリ甘くて美味しいです。

CIMG0532

海ぶどう 626円(税込)もプチプチ外れないお味。

55

お次は、揚げ物の中から、

CIMG0520

グルクン唐揚げ 734円(税込)。
こちらは、とても香ばしいお味ですが、
小骨があり、若干、固く食べにくい部分もあり。

CIMG0535

どぅる天 734円(税込)を。
田芋(ターンム)=タロイモをすりつぶしたものに、
炒めた豚肉、野菜などを混ぜて片栗粉をまぶして揚げた
沖縄の郷土料理。

以前から気になっていたので、今回、勇んで頼んでみましたが、
食感ネットリで結構甘く、自分は苦手なお味でした(苦笑)。
里芋やサツマイモが好きな方は好まれるお味かと思います。
CIMG0587

お次は、本日のおすすめメニューの中から、

CIMG0506

ザルもずく 626円(税込)。
これ、初めて食べましたが、歯ごたえつるつるシャキシャキ、
噛めば新鮮な磯の香が口の中一杯に広がり、めっちゃ美味です!

CIMG0566

アーサー入りだし巻き卵 842円(税込)。
こちらも、あるようでないような?
初めて食べましたが、アーサーの風味豊かなだし巻卵です。

ここまで、どれもボリュームはやや少なめながら、
どぅる天以外、予想外の美味しさに舌鼓を打っていたところ、
CIMG0569

20:00pm過ぎ。
お待ちかねの、石垣島出身のご主人が唄う民謡ライヴがスタート。

最初は三線の弾き語りで始まり、店名あっぱりしゃんとは、
石垣の方言で「かわいい」を意味する言葉など教えて頂きながら、
私達を含むオーディエンス一同の沖縄テンションもアップ♪

※ライヴの時間ははっきり決まっておらず、
その時の客入り状況をみながら開催されるとの事
BlogPaint

ご主人の語りと共に流れてくる唄の中で知っていたのは、
竹富島の水牛車でもかかっている「安里屋ゆんたく」や
「ハイサイおじさん」など。

ライヴ後半、BEGINの「オジー自慢のオリオンビール」
の時は、皆様こんな感じで踊って超大盛り上がり。

私達はお隣に座っていた常連さん達と、オヤジ同士、
泡盛で乾杯しながら沖縄話に花が咲きました(笑)。

CIMG0563

ライヴ中にお酒のボトルが空になってしまったので、
八重泉3合 2,592円+ボトルセット 250円+x2=540円
=3,132円(税込)を追加注文。

すっかり、お店の戦略と雰囲気、
そしてお酒に飲まれてしまってます(苦笑)。

CIMG0578

そろそろ、メインディッシュタイムとなり、

CIMG0517

旦那さんは石垣牛ハンバーグ 1,382円(税込)を。

40

私も1口頂きましたが、こってり肉汁ジューシーなお肉と、
思わず御飯が食べたくなる自家製デミグラスソースがたまりません。

CIMG0580

私はサッシに貼られていたメニューから、

CIMG0504

石垣牛メンチカツ 1個 518円(税込)をチョイス。
正直、ハンバーグよりこっちの方が、より凝縮された
肉の旨味を味わう事が出来て、コスパ良く感じました(笑)。

CIMG0589

〆のメニューと一緒に、お店のスタッフさんに
お勧めの野菜料理をたずねたところ、

「メニューに載っていない裏メニューも結構あるんですよ~!」

CIMG0518

という事で、本日お勧めの野菜料理を作ってもらいました。

明日葉チャンプルー 734円(税込)。

明日葉のほんのりした苦みがお酒にもご飯にもよく合います。

CIMG0586

旦那さんが頂いたラフテー チャーハン 950円(税込)。
こちらも1口頂きましたが、ラフテーからよく染み出た
タレがまんべんなく御飯に絡んだモチモチ食感の非常に
リッチなチャーハンです。

ラフテー好きな方はマストトライの一品です。

12

民謡ライヴも楽しく、お料理も予想外に美味しかった為、
ついつい頼み過ぎて、トータル約1.4万円のライヴ付き
ディナーとなりました(内酒代約6千円なり・苦笑)。

ただ、ライヴチャージが無い分、お料理の量はやや少な目で
お値段ちょい高めなので、ガッツリ飲み食いで利用するよりは、
2次会で利用するのが経済的かなと思いました。

迫力ある島唄ライヴと美味しいお料理とお酒が揃った、
沖縄初心者、リピーターにもお勧めのお店です。


あっぱりしゃん(食べログ)



ヒルトンガーデンインでは、
ゴールド会員特典の1つとして、
2名分の朝食か750ポイントを選択出来ますが、

ポイントの数が少ないので、
予約時から朝食を選択していました(笑)。

レストランの場所、朝食営業時間など。
なお、ここでは、ランチやディナーも頂けます。
CIMG0638

フロア見取り図。
レストラン横には大小2つのプールもあり。
残念ながら、この時はメンテナンス中。

でも、プールっていうよりは、
涼を取る為の施設って印象でした(苦笑)。

CIMG0677

9:00am。
レストランへ。
週末という事もあり、家族連れが多い印象です。

CIMG0652

感じの良い受付の方に、

「どこでも好きなところに座って下さい、
セルフのバフェィスタイルですから」

と案内を受け、

CIMG0653

このような窓際のお席に着席。
ホテル内全体の空調が弱かったので、
タンクトップに短パンでも寒くなかったです。

CIMG0654

すぐにスタッフさんが飲み物を聞きに来てくれて、
2人共コーヒーを頼んでバフェィカウンターへ。

CIMG0656

食べなかったけどパン類も豊富で、

CIMG0672

フルーツはどれもメチャ甘です!

CIMG0657

パンコーナーの後ろのコールドミールコーナー。
サラダやハム、チーズ、ヨーグルトなど。

CIMG0663

ホットミールカウンター。
ソーセージ、ベーコン、ヴェジタブル、ワッフル、パンケーキなど。
光焼け写真で申し訳ありません。

CIMG0658

そのお隣のエッグステーション。
早速、ミックスオムレツを頼んでみましたが、
シェフがまだ慣れていない感じで、緊張感がひしひし伝わって来ます(笑)。

結果、オムレツは火加減も味加減もややまばらでした。
今後に期待でしょうか。

CIMG0659

その横の点心、ヌードルステーション。

CIMG0664

点心はエビ餃子と中華饅頭。

CIMG0669

その横のインディアンミール。
昨晩、強烈なパンチの効いたインディアン料理を食べたので、
もしかして、ここでも同じようなものが食べれるかも!?
と1口食べてみましたが、やはり、カレー屋には負けるお味
って、当たり前か(苦笑)。

CIMG0665

その他、ジュース、コーヒー、お茶類など。

CIMG0661

こんな感じで頂きました。

CIMG0674

自腹朝食のお値段チェックをし忘れましたが、
あまり期待していなかった分、どれもそこそこ
美味しくて、ちょっとビックリしました。

↑このページのトップヘ