JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。




エクスプレス コネクション パス

11:40am。
飛行機から降りると、乗り継ぎ時間2時間前後の乗客用
「エクスプレス コネクション パス」が貼られています。

乗り継ぎ時間「2時間20分」の私達のパスも貼られていました。
20179exp1

国際線ターミナル内のショップを上から見ながらイミグレへ。

CIMG2685

大統領写真不在のイミグレ エントランス パネルを通過。

CIMG2686

パス所有者用審査官ブースで楽々入国

この時は、ちょっと混んでいましたが、半分以上の方々が
キオスク端末を利用して、列もスイスイ流れていました。

CIMG2688

キオスク端末入力後は、審査官がいるブースに並ぶのですが、
スタッフさんにパス所有者用審査官ブースの方へ誘導され、
パスポートを見せるだけで超簡単に入国完了。

イミグレ通過所要時間約10分なり(笑)。

CIMG2689

国際線ターミナル外へ

税関を通り、再び手荷物を預け入れた後、
外の空気を吸いに国際線ターミナルの外へ。

飛行機を降りてからここまでの所要時間25分。

次のボーディングタイムまで、まだ1時間半以上あります。

CIMG2690

■乗り継ぎ保安検査場を利用すれば良かった

時間の余裕もあった為、外の空気を吸いながら
ランドサイドからT4の保安検査場へ。

しかし、去年来た時より、
更にセキュリティチェックが厳しくなった印象を受け、

やはり、国際線ターミナル出口手前にある
「乗り継ぎ専用保安検査場」を利用すれば良かったと後悔。

CIMG2692

結局、セキュリティチェックを終え、
出発ロビーに入るまで25分も要してしまいました(苦笑)。

CIMG2694

それでも、飛行機を降りてから出発ロビーまで1時間で到着出来たので、
次回からは、なるべく2時間チョイの乗り継ぎ発券を心がけ、
パス利用で入国しようと思いました(笑)。




 BOADING GATE

16:55pm。
搭乗ゲートがラウンジ近くだった為、
ボーディングタイムにラウンジを出発し、
20179jl624

17:05pm。
ちょっと出遅れてしまいました(苦笑)。

CIMG2610

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL62
■Aircraft type:Boeing 777-300 (773)
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
NRT 17:25pm-LAX 11:40am
■Flight Time:10hr15min 

CIMG2609

 JAL SKY WIDER

■Capacity:147 seats
■Seating configuration : 3-3-3
■Seat width: 47cm
■Seat pitch:84-86cm
■Personal monitor size : 10.6inch


エコノミー先頭シートを通り抜け、
CIMG2616


CIMG2615

非常口横の45A,Bへ着席。
既に周囲にたくさんの人がいた為、
こちらは、反対側45K,Jの写真になります。

CIMG3469

斜め前にギャレーがあり、
その両サイドにトイレがあるポジション。

最初は、うるさいかな?とも思ったのですが、
配膳時以外は、さして音など気になることもなく、
ゆっくり眠ることが出来ました。

あと、トイレの空き状況がすぐ分かる為、
ほとんど待つ事無く利用出来て便利でした。

CIMG2617

ただ、配膳時、プレエコ用カートにシャンペーンなどが
じゃんじゃん積まれていく様子もよく見える為、飲兵衛達
にとっては、非常に格差を感じる席でもありました(苦笑)。

CIMG2645

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT


時差ボケ防止の為、睡眠に徹します。
CIMG2620

 TAKE OFF

17:35pm。
やや遅れでプッシュバック。

48

夕方のラッシュアワーでしょうか?
滑走路も大渋滞。ゆっくり進んでいきます。

CIMG2622

18:00pm。
成田上空へ離陸。

CIMG2630

18:10pm。
銚子・犬吠埼灯台辺りでサンセットをキャッチ。

CIMG2634

 DINNER

離陸30分後のドリンクサーヴィス。
旦那さんはエビス、私はスクリュードライヴァーを頂きます。
CIMG2637

ディナーのメインメニューは、JALさんが協賛している
若き料理人たちによるコンペティション「RED U-35」
のファイナリスト6名のシェフの中から、今回は、

■グランプリ受賞
「szechwan restaurant 陳(中華)」の井上シェフ

■岸朝子賞
「ザ・プリンス パークタワー東京
レストランブリーズヴェール(仏)」の桂シェフ

監修メニューの2択。

20179jl623

私は井上シェフの「マイルドエビチリ翡翠ライス添え」を。

CIMG2640

旦那さんは桂シェフの
「ハンバーグパプリカのケチャップ風ソース
フェットチーネクリームソース」を。

2人ともラウンジで食べ過ぎなくてよかったです。
どれも美味しく頂きました。(*-艸・*)

CIMG2644

20:00pm。
寝酒にスコッチを頂いた後、歯をみがいて就寝。

CIMG2647

日本時間1:00am, 現地時間9:00am。
配膳の音で起床。約5時間ほどよく寝れました。

CIMG2653

 PRIOR TO ARRIVAL

吉牛です。
よく眠れたお陰で2人とも完食。

CIMG2654

食後のエコノミーキャビンの様子。

CIMG2661

ギャレーからお菓子もゲット♪

CIMG2657

現地時間10:20am。
機長から、もう少ししたら
サンフランシスコ上空を通過するとアナウンスあり。

CIMG2659

 OVER SAN FRANCISCO


見えてきました!
CIMG2669

なんとか、コンデジをズームして、
ゴールデンゲートブリッジを捉えようとするも、

20179jl621

肉眼でチラ見出来ただけで、
写真に収める事は出来ず。

帰国後、もうちょっと倍率の大きな
コンデジへ買い換える事にしました(笑)。

20179jl622

ロス上空へ。

CIMG2678

 LANDING

現地時間11:15am。
予定よりチョイ早で滑走路に着陸。
CIMG2679

拡張工事現場を見ながら駐機場へ向かいます。

CIMG2681






9月中旬平日15:10pm 成田第2ターミナル。
今回はシルヴァーウィークを利用してヴェガスまで。
往路ロス、復路サンフラン経由です。

手荷物をチャチャッと預けて、
CIMG2570

イミグレへ。
制限エリア内まで所要時間約2分なり。

CIMG2571

15:30pm。
免税店で買い物を済ませて、サテライトのラウンジへ。

CIMG2572

閑散としています~。

CIMG2575

有人リラクゼーション。
9月一杯で終了するそうなので、とりあえず、
空き状況を伺ってみると、すぐにOKと。

CIMG2573

最初で最後となるリラクゼーションへ旦那さんを派遣。
因みに、私、こういうの苦手なんですわ(苦笑)。

CIMG2577

バーカウンターへ。

CIMG2578

ローランペリエ。
滅多に飲めないので、ラウンジではこればかり。
お里が知れるっていうもんです(笑)。

CIMG2580

日本酒、ワインメニュー。

CIMG2596

本当は、ラウンジのお酒全部飲んでみたいのですが(笑)、
いい歳して、飛行機の中で酔っぱらって失態を見せる事は
避けたいので、ついつい飲まず仕舞いに終わっています(涙)。

CIMG2597

赤ワインは南アフリカ産
クライン ザルゼ ヴィンヤード カベルネ ソーヴィニヨン。

CIMG2598

その他、焼酎、ウィスキー、スピリッツ。

CIMG2599

JAL国際線ファーストクラスラウンジ限定
ジャパニーズクラフトジン「ROKU」など。

CIMG2602

ダイニングへ。
筑前煮、ビーフカレー、味噌汁、ご飯。

CIMG2581

チキンの竜田揚げ生姜醤油味。

CIMG2582

中華丼。

CIMG2584

この時間は品数が少ないピンチョス。

CIMG2591

パン、温うどん。

CIMG2587

彩り野菜のスープ、オマール海老のビスク。

CIMG2590

スイーツなど。

CIMG2588

こんな感じで、旦那さんより一足お先に頂きます。

CIMG2592

窓の外を眺めながら一杯やっているところに、
心身ともにリフレッシュした旦那さんがご帰還。

CIMG2579

隣の席に座るなり、ポテサラやハムなどをパンに挟みながら
サンドイッチを作り始めたので、何だ、それは!?
と聞いてみたら、

20179sand1

サラダバーの横に新しく出来たメニュー、
JALオリジナル パーカーハウスロールサンドイッチ
と教えてもらいました。

お好みのサンドイッチを作れる写真付き指南書あり。

因みに、パーカーハウスロールとは、オムニ パーカーハウス ホテル
(Boston, MA)のドイツ人パン職人が考案したロールパンの事で、
日本ではバターロールに進化したとの事 By Wiki pedia。

ロースハムを挟んで頂いてみましたが、
ほんのり甘いロールパンが塩気のあるハムの旨味を引き出し、
ちょっとしたおつまみ代わりに美味しく頂きました。

旦那さんは、もう少しボリュームある具材が欲しいと言ってましたが。

CIMG2601

16:30pm。
河岸を変えて本館ラウンジへ。
相変わらず、3Fはめちゃ混み状態です。

BlogPaint

今回はそこそこヒットのお寿司(鮪・蛸)を頂いているうちに、
あっという間にボーディングタイムとなりました。

CIMG2606



↑このページのトップヘ