「インターコンチネンタル香港/変遷&概要」

■1980年
「リージェント・ホテルズ」傘下の
「ザ・リージェント香港(麗晶酒店)」
としてオープン

■2001年
「インターコンチネンタルホテルズグループ」
傘下

■2006年~2008年にかけて
フル・リノベーション済み


・総客室数:503室(内スイート87室)
・ホテル階数:17階建
・スタンダード:35㎡~
・スイート:55㎡~
・チェックイン・アウト:14-12PM




今回は、旦那さんのお誕生日という事で、
1か月前に、日本の予約センターを通して予約。


「低層階」をリクエスト。


フロントでチェックインの際、


フ:「今回はラウンジの
ご利用はいかがされますか?」


G:「土曜日で混んでいそうだから
いいですよ(ノー・サンキュー)」


フ:「全然混んでいませんよ」


更に耳打ちで、


「本当に、全然混んでいませんから~」



ま、この分は「ギャラクシー」からお年玉で頂くとして、
┐(・∀-`;)┌ 

ラウンジ2名利用分HKD1,518(税込)≒¥20,000円
を決済してお部屋へ向かいます♪


1階のエレベーター。
CIMG5652


今回アサインされたのは4階。

CIMG5347


エレベーターを降りて、

CIMG5655

静かな廊下の空間には、胡蝶蘭が凛と咲き誇り、
オーストラリア本社の「Air Aroma/エア・アロマ」社
が提供する、色とりどりの花々の、甘くて爽やかな
いい匂いが漂います。
【Air Aroma 日本 HP】
CIMG5554


お部屋の前に到着。

CIMG5245


フロアの見取り図。

CIMG5367

今回のお部屋「デラックス・ハーバービュー・ルーム」
広さ約450sq. ft=42㎡。

日本の1LDKマンション的な広さ。
窓真正面からセントラル方面を望めます。
CIMG5207


お部屋入り口付近。
入って左側にバス・ルームのドアがあり、

CIMG5208


ドアを開けて、左手にウォーク・イン・クローゼット。

CIMG5220


フカフカのスリッパ。

CIMG5553


その先にバス・ルームが広がっています。

CIMG5218


横からシャワーとトイレを。

CIMG5382

シャワーは固定式と可動式の2つ。
水圧全然問題ありません。


バス・アメニティの1つ。
サンフランシスコ発祥のブランド、
「AGRARIA(アグラリア)」
のレモン・ヴァーベナ・シリーズ。

みずみずしくフレッシュなヴァーベナの香りが、
気分を爽快にしてくれます♪
CIMG5226


贅沢な天然大理石だらけのバスルームです♪

CIMG5221


もう1つのバス・アメニティは
フェラガモのタスカンソウル。

私の周囲では、女性の方々に
すこぶる人気のスイートなフレグランスです。

CIMG5229


国内のインターコンチネンタルホテルでも採用されている、

【AGRARIA/アグラリアHP(英語)】
のバス・アメニティ、
レモン・ヴァーベナ・シリーズは、

東京では、赤坂のANAインターコンチネンタル・ホテル2階、
【レゾン・デートル・シガー・クラブ】
のみで取扱いとの事
(2014年2月現在)。

他、伊勢丹や三越では
「ディフューザー」のみの取り扱い。

因みに、ここに泊まるまで、このブランドの事、
全く知りませんでした。(〃▽〃)

バスタブから入り口方面を。
CIMG5231


その他アメニティ。

CIMG5378

バスルームの扉を閉めると、
内側左側には、電子ロッカー、
ドライヤーなどが置かれています。
IMAG1073




Sponsored Link