エレベーターに乗って、
お部屋まで自分達で向かいます。
アサインされたのは29階。
CIMG8832


エレベーター降りたロビーは、
お洒落なライブラリーのような
空間になっています。

CIMG8925


飾り棚、本の間に
エレベーター・ボタンが設置。

CIMG8927


天井には、モノクロームで
いろいろな帽子の絵が
描かれています。

IMG_1316


お部屋の廊下の様子。

CIMG8922


お部屋番号は2909号室。

CIMG8923


お部屋の位置。
広さは40㎡。
都内マンション1LDKぐらいの広さです。

IMG_1354


入り口入った様子。
左側のミラー兼スライド・ドアで
バスルームを隠している状態。

CIMG8883


お部屋の中から入り口を。
スライド・ドアを開けて
バスルームを見せた状態。

CIMG8842


入り口横に設置された
温度調節と、
MAKE UP ROOM、
DO NOT DISTURBのボタン。

CIMG8841


その横に、火事の際の注意事項
のパネルが貼られています。

この注意書きを読んだが為か?
後でお部屋の電話を使う際、
往生するはめに。(ノ*゚Д゚)ノ

CIMG8945


クローゼットの中。
2人でも十分な広さです。

収納棚の1番上にセーフティあり。

CIMG8857


スリッパ。

CIMG8906


お部屋の中へ。
15:00PM前ですが、
中は凄く明るいです。

CIMG8843


お部屋は「グラマラス・デザイン」
機能的、且つシンプルな家具で
まとめられた直線的なお部屋を、
淡いペパーミント・グリーンに
壁に草花、蝶などを描く事によって、
柔らかな空間に仕上げています。

CIMG8846


IMG_1330


ベッドはシモンズ社製Wオリジナル。
ふかふかと柔らかく、寝心地最高です!

CIMG8946


窓側からベッドを。

CIMG8863


バスルームを隠した状態。

CIMG8876


コンプリメンタリーのお水は、
ベッドサイドとバスルームに2本ずつ。

CIMG8866


もう片方のベッドサイド。

IMG_1349


ここでカーテン、ブラインドの開閉、
日中、夜、就寝時用の照明が
ボタン1つで操作出来るので楽です♪
お部屋の中で一番気に入ったところです(笑)。

IMG_1350


ベッド側からTV(42インチ)、デスクを。

ここで問題発生!

CIMG8868


旦那さんがTVをつけようと、
説明書通り、DVDの電源を入れてから
TVをONにするもつかず。

「CALL Whatever/Wheneve or "O(ゼロ)"」
の通りボタンを押すも繋がらず。。。

結局、フロントまで降りて事情を説明すると、
TVはすぐ修理の方に来て頂き、お直し完了。

IMG_1393


電話に関しては、

スタッフ:「最初にONボタンを押していただかないと・・・」 

受話器取ったらすぐかけれる機種に
慣れ過ぎでしょうか!?

自分のアホさ加減に、
一気に疲れました。(-公- ll)

CIMG8951


気を取り直して、
再びお部屋、デスクの上を。

IMG_1326


こちらは万華鏡。

CIMG8880


MUNCHIE BOX(スナック・ボックス)。
スナックから帽子、傘、ぬいぐるみ等、
いろいろ入っています。

CIMG8878


プライス表。
Wオリジナル商品が
意外とお手頃なお値段です♪

CIMG9084


「W犬」のぬいぐるみが
カワイイんですよ。
買っていませんが(笑)。

CIMG9098


デスク下のミニバー。
コーヒーはフレンチプレス。
IMG_1398


冷蔵庫の中。

CIMG8908


お酒、グラス等。
栓抜き、シャンペーン・グラス
も揃っており、持ち込み派には
嬉しい配慮です♪

IMG_1324


キャビネットの扉内側には、
モノクロームのカゲロウと蝶が
描かれていたり。

このホテル、ハマる人は無茶苦茶
ハマりそうなホテルですよね。

IMG_1399


窓際には、柔らかく、座り心地の良い
デイベッドが置かれています。

CIMG8862


沢山の蝶が切り込まれた
素敵なランプ・シェード。

CIMG8869



次回はバスルームへ。



Sponsored Link