16:15pm頃カジノへ到着。
この時は日曜日にもかかわらず、場内は混んでいませんでした。
最も、広い敷地の中、結構な人がプレイされていた事と思います。
CIMG0597
 
リゾート・ワールド・セントーサ・カジノ概要

・開業年:2010年1月
・広さ:約15,000㎡
・テーブルゲーム:約500台
・スロット、電子テーブルゲーム:
 2,400台以上 


RWSの設計プラン、コンセプトをまとめた人は、
ポストモダンを代表するアメリカの建築家
Michael Graves(マイケル・グレイヴス) 氏。


日本ではハイアット・リージェンシー
福岡などの作品が有名です。


先日、80歳でお亡くなりになり、
ご冥福をお祈りします。
 

カジノ内の様子。
※RWSのHPからお借りしました。
 rws1

ここのカジノは、マリーナ・ベイ・サンズ とほぼ同じ大きさ
15,000㎡ですが、ワンフロア自体圧倒的に広く、


個人的には、フロアが広すぎて落ち着いて
プレイが出来ないカジノの1つです。(・∀・;)


そんな訳で、当初から見学だけのつもりで来て、
(旦那さんは別)


2階はエスカレーター横に「ハイリミットフロア」
の案内が出ていたので、1階のみ簡単に見学
してみたところ、


人気テーブルのミニマム

この時間のメジャーゲーム(大小、バカラ、BJ)
の人気テーブルは、前日サンズと同じく

SGD25(2,000円)~

SGD50(4,500円)
 
が主流でした。



ライブ中継型電子テーブルのミニマム


こちらは大小、バカラ、ルーレット
のテーブルになりますが、

SGD1(90円)~

のテーブルが数台、
SGD2(180円)~
も数台あり、

ゲーセン並の金額にとても驚きました(笑)。



ワンベット600倍の大当たりスロットを目撃!

広い場内を1周し終えた頃、

スロット・マシーン新機種「ターミネーターvsプレデター」
でプレイしている紳士が、丁度、ボーナス・ゲーム
30FREE SPINSを引き当てる場面に遭遇。


他の方々と一緒に見学させて頂いたところ、


ワンベットSGD1(約90円)でプレイしていた紳士の
ボーナス前のモニター残金SDG148(約13,500円)は、
約10分間で約SGD850(約77,000円)ほどに増え、


日本円で「約63,000円」勝ち金を獲得する結果に。
ワンベット600倍超の大当たりです☆


150~250倍の当たりは良く見かけても、
500倍以上はなかなかお目にかかれません。


ワンベットの低さが非常に惜しまれますが(笑)。


ボーナス後、2匹目のドジョウがいる事も多々ありますが、
流石に、この時は、ご覧になっている皆様一同


「もう出ないだろう」


という雰囲気の中、


なんと!その紳士、
ベット数を増やして打ち始めます。
 

結局、他の方々とカジノよもやま話などしながら
見学させて頂き、



---------約10分後-------------



紳士の残高は

SGD78(約7,000円)


に。(*・艸・)



その方が電話をかけ始めたので、
それ以降は分かりません。



そして、その頃、丁度戻って来た旦那さんはと言うと、
昨日まで少額連勝を続けて来て、ここで負けて、
また私にバカにされるのが怖くて賭けれなかったと。
(笑´・艸・)



約20分程の出来事ですが、あまり欲張ったらいけないと
改めて勉強させられました(笑)。






Sponsored Link