さて、これからダウンタウンへ
タクシーで向かう予定ですが、
せっかくここまで来たので、
もう少し頑張って、すぐそこの
サーカス・サーカスを覗いてみる事に♪
CIMG0164
運が良ければ、お昼頃から
30分おきに行われている
無料のサーカスを見る事が出来ます。
CIMG0170
ここもオープン1968年、
ストリップ老舗ホテルです。
 CIMG0174
こういうギラギラしたエントランス・ホテルも
ストリップではめっきり少なくなった為、
妙に新鮮さを感じてしまいます(笑)。
DSC00419
中に入ると、丁度真上で
空中ブランコが上演中でしたので、
CIMG0176

CIMG0177
カジノから鑑賞させて頂きます(苦笑)。
CIMG0180
サックリ鑑賞させて頂いた後、
ホテル前からタクシーを拾います。

この時のタクシーの運転手さんが、
イタリア系のダンディで笑顔が
とても素敵な方でした。
CIMG0173
高速を飛ばしてもらいながら、
この時もいろいろヴェガスの
観光名所などを教えて頂き、
その間のよもやま話から
少々抜粋させて頂きますと、


運「日本人観光客多いよ~」


G「じゃぁ、日本人と中国人なら
どっちが多いですか?」


運「チャイニーズ!」


運「中でも、香港から来る連中は、
マカオはいつでも行けるからと、
ここぞとばかりにヴェガスに大金を
賭けに来やがるんだ」


G(ギクゥ~!うち等も金額こそ少額
  だけど同じかも~)


運「カジノなんか絶対行くんじゃないよ!」


G「ハイハイ」と。(-言-)


ま、これは、空港から乗ったタクシーの
お姉さんにも同じ事を言われたので、
もう、この街自体、「カジノ依存型経済」
からは脱却しているんでしょうね。
DSC00422
彼の奥様がよくお買い物へ行く
アウトレットのお店。
DSC00427
ダウンタウンに到着した際、
細かいお金の持ち合わせが無く、
運賃USD20のところ、
トータルUSD22、チップ10%だけ?
払って下車。


それでも素敵な笑顔で見送られ、

運「”観光”を楽しんできなさい!」


実際、結果は運転手さんの言う事を
聞いていれば!だった為、
今思い出しても、いろいろな意味で
非常に心苦しいお別れでした☆
DSC00428





Sponsored Link