21:00pm。
中環で買い物などをした後、旦那さんが小腹が空いたと言うので、
ガイドブック等に取り上げられている

"魚ブイヨンベース&化学調味料無添加"

を謳っている灣仔の粥屋へ初挑戦してみる事になりました。

最初は歩いて向かうつもりでしたが、余りの寒さに私がギヴアップ。
途中までトラムに乗って向かいます。

因みに、香港で、暑いからトラムに乗る事はあっても、
寒いからというのは初めての経験です(笑)。
DSC03667
 
2階へ上り、

CIMG9335

車内の様子。

BlogPaint

スマホにダウンロードしたローカル版食べログ「Open Rice」
に記載されている住所と日本から持ってきた簡単な地図を頼りに
MTR湾仔駅を通り過ぎた辺りで下車。

CIMG9338

トラム運賃表。
どこまで乗ってもこの値段で有り難い。

CIMG9342

地図を頼りに 軒尼詩道 Hennessy Roadから横道へ入っていくものの、
土地勘も無く、やはり、道を間違えたようで(苦笑)、

街の不動産屋さんへ入って聞いてみると、
なんと、不動産屋のお兄さん

CIMG9372

接客中だったにもかかわらず、お店まで案内して下さると(多謝)。

結果、3ブロックも歩かせてしまいました(對唔住 Sorry)

CIMG9343

兄:「呢度 二―ドウ(ここだよ~)」

私達:「好呀~!唔該哂 ホウアー!ンーゴイサーイ
(了解!ありがとうございます~)」


しかし、正直、お店構えが想像していたよりずっと綺麗なので、
しばし、入店をためらいますが、お兄さんの好意を無下にも出来ず、
意を決して入店。

CIMG9346

お店お勧めメニューパネル。
このお店、ミシュランに6年連続掲載されているお店なんですね!
ここへ来るまで全く知りませんでした(苦笑)。

CIMG9371

暫くメニューなどを眺めていると、
店の奥から、年恰好が自分の母親ぐらい?
の元気でチャキチャキなマダムがやってきて、


マ:「想吃什麽 セェオン ヘ サン モウ(注文決まったか)?」


日本語メニューもあるし、ミシュラン掲載店だし、
と試しに日本語で


G:「ビールあります?」


と聞くも、


マ:「あぁぁ~ん?」


G:「Beer, Please」


マ:「はぁぁ~?」


結局、


G:「啤酒!!! ベーザゥ!!!」

と言ったところ、出されたのがこのページ。

CIMG9348

お酒どころか、お茶、お水の提供もしていない
そうですわ~。┐(´д`)┌

ま、お水は頼んだらもらえそうですが。

気を取り直して、
私は普通の皮蛋痩肉粥HKD37≒550円、

(Click the menu to enlarge)
CIMG9353

旦那さんはお店のパネルにも掲げられている
雲吞麺HKD36≒540円を注文。
※麺はSoup or Dryの選択可

(Click tne menu to enlarge)
CIMG9355

お粥は、微かに魚のブイヨンが効いて優しいお味ですが、
個人的には超薄味に感じ、物足りないお味でした。
やはりチキンブイヨンの方が好みです。

CIMG9359

半面、旦那さんの雲吞麺の方は、
魚、海老、肉などのブイヨンが良く効いた
あっさりコク旨スープに、雲吞はプリプリ、
麺はつるつるコシがあり美味しかったです。
好味(。ゝ∀・)b

CIMG9368


CIMG9366

わざわざ行く程でもないけれど、近くにあったら
また食べに行ってもいいかな?



靠得住靚粥 Congee King

・住所:灣仔克街7號地下
・営業時間:月~土:11:00am~22:45pm
                    日:11:00am~21:45pm
・現金のみ
・日本語メニューあり
・アルコール飲料無し
・テイクアウト可
・しゃがみ込み式トイレ




 


 

Sponsored Link