台北に着いた日の夕方、愛読映画評論ブログ「龍眼日記」の著者
sabunoriさんの訪問記を参考にさせて頂き、MRT中山駅最寄りの
小籠包専門店「京鼎樓 ジンディンロウ」さんへやって来ました♪
CIMG7632
 
sabunoriさんからは、その他にも、
台北お勧めのお店を教えて頂きましたが、

今回はここ1件のみの訪問となってしまい、
申し訳ありませんでした。

言い訳の翌日のTVニュース。
CIMG8165

さて、お店入口から店内を覗いてみると、
手前に本邦団体さんがずらり、

BlogPaint

左側にお店の方々がせっせと
皮作りに励んでいる姿が伺えます。

CIMG7640

お店の中へ入り、
係りの方に待つかどうか尋ねてみると、

係:「2名様ならどうぞ~(日本語)」

という事で、
待つ事無くお店の奥の席に着席♪

CIMG7642

とりあえず、
喉がカラカラなのでビールを注文。

ドリンクメニュー。
CIMG7649

台湾ビール大瓶TWD120+≒450円と、
まだ待っている本邦団体さんなど(笑)。

CIMG7646

キンキンのビールに、
氷TWD0=0円を入れて頂きます♪

53

点心のメニュー。

CIMG7653

ここに来る前は、sabunoriさんのブログ記事でも拝見した、
お店名物の烏龍茶小籠包を食べなくっちゃ!
など思っていたのですが、

いざ、お店に来てみると、
このようなバラエティ豊かな品々に目移りしてしまい、
結局、蟹粉小包10個TWD320+≒1,200円をオーダー。

CIMG7651

料理の伝票、値段など。

CIMG7648

値段+10%サービス料となります。

CIMG7647

しばらくして、熱々湯気を立たせながら
蟹粉小包(蟹みそと豚肉入り小籠包)が運ばれてきました♪

CIMG7662

ややモッチリ系の皮をちょっと破ると、
中から蟹みそと豚肉のエキスをたっぷり含んだ
透き通った綺麗なオレンジ色のスープがジワリ。

1口飲んで、正直、このままでは、
若干、蟹みその生臭さが感じられるので、
生姜の千切りを添えて一気に口の中へ。

「ん~!美味い!!!」

CIMG7664

ビール2本をあっと言う間に飲み干して、
陳年紹興酒(5年)TWD450+≒1,600円を追加。

CIMG7658

お次は皮蛋豆腐TWD50+≒180円。
豆腐一丁にピータン1個丸ごと添えられており、
ピータンのアンモニア臭も無く、
量もお味もお値段も大満足の1品。

CIMG7675

東坡肉 トンポーローTWD300+≒1,100円。
こちらも結構ボリューミーで、
お肉の皮もタレもぷるぷるコラーゲンの塊。

CIMG7672

これまで頂いたお料理全てに言える事ですが、
見た目よりアッサリ系で香辛料も控えめなので、
まさに、日本人好みのお味。

敢えて、個人的にお店の悪い点を挙げるとするなら、
外国に来た感じが全くしないところでしょうか(笑)。

58

それでも、値段は日本の支店よりリーズナブルで量も多いので、
改めて、日本人旅行客に大人気のお店という事を納得。

CIMG7676

帰国後、恵比寿の支店へ行ってみようかな?

と思う時もしばしありますが、

仮に1人でランチに行ったとしても、おそらく、
今回2名分の金額より高くつくだろうから(酒代の為)、

私にとっては、なかなか台北のお店みたいに
気軽に行く事は出来ません。苦笑_〆(´Д`ll)ハハッ