ホアンキエム湖北側ロータリーに立つ 
Ho Guom Plaza ホー グオム プラザ3階にある
「Highlands Coffee ハイランズコーヒー」へ。

2002年第1号店がホーチミンにオープンした
ヴェトナム第2のコーヒーチェーン店で、

ハノイにスタバが出来るまでは、
『ハノイのスタバ』と言われていたそうですが、

CIMG9700

店内に入った印象は、どちらかと言えば、
タリーズ系かな!?と。

この時の客入り90%。窓側空席率0%。

ま、眺望を売りにしている人気店の程がうかがえます。

窓をバックに店内を。
向こうのカウンターで注文してお金を払った後、
ブルブルブザーを渡されて、出来上がりを待つシステムです。

CIMG9703

因みに、窓からの景色はこんな感じ。

この時の外気は低温サウナ状態だったので、
テラス席には数名のお客さんしか座っておらず。

私達は勿論、室内に着席。
それでも外より多少マシな涼しさなんですが(苦笑)。

CIMG9709

注文したのはトールサイズのアイスブラックコーヒーと、

Phin Đen Đá (iced black coffee) 12oz
VND35,000≒170円

CIMG9706

練乳入りバージョンの2つ。

Phin Sữa Đá (iced coffee with milk)12oz
VND35,000≒170円

CIMG9707

ブラックの方は、辛党を自認する私でも
豆の味が濃すぎてゴクゴク飲めないお味ですが、

コンデスミルク入りの方は、そんな濃い味がミルクで
上手く調和され、後味も爽快にゴクゴク飲めるお味です。

常日頃、是非、本場のコンデスミルク入り
ヴェトナムコーヒーを飲んでみたいと思っていたのですが、

いざ、喜び勇んで飲んでみると、

学生時代に初めて訪れたパリの、安価なコーヒー1杯
で長居出来るため良く通ったヴェトナムレストランの
コーヒーの味と共に、

フィルター式のコーヒーが冷めてコンデスミルクと
混ざらなくなるくらいまで友達と話に夢中になり、
その都度、見かねた優しい店主が

「マドモワゼル達はしょうがないなぁ~!」

と無料で新しいコーヒーをサーヴィスしてくれた
楽しい思い出などが鮮明に蘇り、

嬉しく思った反面、

もはや私の中では、本場の味すら
完全に「パリの味」になってしまっている事実に、
いささか愕然とする次第でもありました。


もっとも、今、パリのお店で同じ事をしても、
店主から

「マダーム、ラディスィヨン シルヴプレ
(お勘定お願いします)!!!」

と言われちゃうのが関の山なのでしょうが。( ´゚m゚)




Sponsored Link