ハノイ滞在3日目。
土地勘と戦争に関する知識を多少得たので、
ホテルから旧市街北側にあるハノイ最大の市場
「ドンスアン市場」を冷やかしがてら、歩いて
紅河(ホン川)まで行ってみる事になりました。

CIMG9664

ドンスアン市場。

DSC05636

中はこんな感じ。
食料から衣料、日用雑貨などのお店が所狭しと並んでいます。

個人的には、日用品は100均、衣服はファストファッション
などの小綺麗で見やすい店舗に慣れちゃっているので、
こういう市場でわざわざ安い物を探しながら買い物したい
とは思わなくなりましたね~。

CIMG9675

サックリ見学だけして、すぐ近くの
ホン川を横断するロンビエン橋のたもとへ移動。

近くにはバスターミナルや
バゲットを売っている露店などが並んでいます。

CIMG9699

ちょっと分かりにくかったのですが、
このような坂道を上って橋へ。

CIMG9679

ロンビエン橋。
全長1.7km。
1902年フランス植民地時代に完成。
アメリカ軍に何度も爆撃されながらも、
その都度修復され現在に至る。
現在、鉄道、バイク、自転車、徒歩で横断可。
ロンビエン(龍編)=龍が躍るという意味。

など。

DSC05641

橋の中央に鉄道線路、
その左右に1方通行の細い道路と、
更に細い歩道が走っています。

DSC05639

そして歩道に1歩足を踏み入れると、
ブルンブルンと橋の振動が足元から伝わり、
道路を走るバイクとの距離間も非常に狭いので、

既にこの時点で、歩いて渡る事はお勧めしませんが、

CIMG9682

更に下を見ると、
歩道の隙間から下の道路の様子がよ~く見えるので、

恐らく、この時点で、高所恐怖症の方は
進行不可能な状態に陥る事と思います。(・∀・)

高い所が平気な私でも、この時は、
渡っている最中に橋が壊れるんじゃないか!?
とビビりましたもん(苦笑)。

2016longb1

とりあえず、横断は無理かもだけど、せめて橋の真ん中まで行って、
ホン川と対岸にかかっているチュオンズオン橋を眺めてみたいと、
気合を入れて進む事に。


DSC05644

眼下のYen Phu 通りと
世界最長でギネス登録されているモザイク壁画など。

CIMG9696

通りを過ぎると、農家の作業小屋が立ち並び、

CIMG9685

その先へ進むと、一気に雰囲気が変わり、
数件の民家と共にゴミ溜めが続きます。

恐らく、この時点で、匂いに敏感な人は
脱落を余儀なくされる事と思います。(・∀・)

CIMG9689

ゴミを漁っている家畜のニワトリやヤギなど。
首都ハノイの陰の部分を垣間見たような気がします。

DSC05643

そして、意外と川まで距離があるんですよね~。

陽気なローカル男子達がすれ違う際、
「こんにちは~!」と挨拶してくれるんですが、

皆、「二―ハオ」か「アンニョン ハセヨ~」なので、
日本人観光客は少ないんだろうなぁ!
など考えながらなんとか踏ん張って歩いていると、

某歩き方を携えて勇ましく進んで来た
本邦男子学生風2名に追い越されたので、

「私達も負けずに頑張ろうではないか!」

と後ろの旦那さんを振り返ったところ、
既に遠く後ろの彼方でうずくまっており、
駆け寄ってみると、

「もうダメ。具合悪い。吐きそう」と。(´д`;)

CIMG9691

辛うじてチラ見出来たホン川など。

CIMG9692

結局、お恥ずかしながら、2人共、  
この橋がたどって来た戦時中に思いを馳せる余裕も無く、
リアルに怖い思いだけを残して橋を引き返す羽目に
なりました。┐(´д`)┌



Sponsored Link