19:00pm。
メルボルンに到着した初日、サウスワーフの『DFOアウトレット』
で安物を買い漁っている最中にクローズタイムの18時を迎え、
その他大勢の方々と一緒にお店の外へ。川沿いを散策しながら、
近くのSeafarers Bridge(シーフェアラーズ橋)までやって来ました。
DSC07253

19時過ぎとはいえ、日差しはまだ強く、気温も20℃以上。
週末という事もあり、どこもかしこも混雑しています。

とりあえず、一杯やろうと、懐かしさもあり、昨年3月に訪れた
橋を渡ったところにあるチッピ― (フィッシュ&チップス屋)、
『SEA ON QUAY シー オン キー』を再訪してみる事に。

DSC07262

メチャ混みの中、辛うじて店内のお席を確保。
※写真はお席が空いたところを素早く撮影

DSC07270

今回は、軽く1杯引っかけるだけだったので、
インポートビールAUD8x 2≒1,300円と、

黒板に書かれている本日オススメの
フィッシュ&チップス AUD10.9≒880円をオーダー。

なお、前菜やサラダが付いたお得なパックメニューもあり。

DSC07269

しかしながら、お料理が来た段階で、既に飲み物がエンプティ。

結局、オージー産辛口系スパークリング
「イエローテイルバブル」(値段失念)を追加注文。

今回のお魚は少々小さ目でしたが、
お味はチップス共々ホクホク&フレッシュです。

あと、前回同様、自家製アイオリソースもGOOD!

DSC07272

しかしながら、今度はスパークリングが来た段階で、
食べ物がエンプティ。悪循環が続きます(笑)。

この時、お店は週末の稼ぎ時なのにもかかわらず、
わずか2名のシェフ兼ウェイターさんで切り回し。

オーダーカウンターに並んでいる常連さん達も、

「忙しいのは分かっているんだけどさぁ~、
今から注文してどのくらい待つわけ~!?」

など、半ば諦めがちに注文をしています。

DSC07280

そして、私達はというと、結局、1杯引っかけるだけのつもりが、
ボトルスパークリングのお供にタスマニア産サーモンAUD11.9
≒950円まで頼んでしまいました(笑)。

DSC07283

それでも、待った甲斐が十分ある、  
絶妙な焼き加減による旨味がギュッと凝縮された、  
とろけるサーモンの美味さを堪能出来ました。

奥のキッチンに目をやると、前回もお会いした
繊細な職人気質風のシェフが、お店の混雑をよそに、
真摯に鉄板に向き合っている横顔が垣間見え、

今度は、絶対ピーク時間を外して、
ゆっくり来なくっちゃと思いました。

大食漢の旦那さん曰く、
いささかボリュームが物足りないそうですが(苦笑)。

DSC07285

20:15pm。
お店の外へ。

DSC07291

お魚も夕日もサイコーでした!

DSC07299

Sea On Quay~Fish Bar~

OPENING HOURS
Mon - Fri 11.30am - late
Saturday 12.30pm - late
Sunday    Closed






Sponsored Link