20:45pm。
滞在2日目にして最終日のディナーは、前日、お店の前を通った際、
そのグリーク情緒豊かな落ち着いた佇まいに魅了されたものの、
既にクローズしていた為、入店が叶わなかった「Tsindos チンドス」
さんへ再びやって来ました。

本当は、旦那さんが本場のオージーステーキを食べたいと
ホテルのスタッフさんに聞いてみたところ、めっちゃ高い
お店ばかり紹介されたという前オチもあるのですが(苦笑)。

CIMG9992

閉店まで約1時間ですが、特にせかされる事も無く、
グリーク美人のマダムにお席へ案内して頂き着席。

店内1Fの客入りはテラス席も含めて約4割りぐらい。
その内、7割りがローカルで残りが私達みたいな観光客といった印象。

CIMG9995

窓際にはグリークの料理本、
俳優さん、女優さんの写真などが飾られ、
CIMG9993

お店の壁にはプロジェクターで
無声グリーク映画が投影されています。

CIMG9994

お店のメニューには創業1970年と印刷されていますが、
お店のHPには1984年と記載されているので、あんまり、
深く考えないように致します(笑)。

CIMG9996

ドリンクメニュー。
とりあえず、旦那さんはオージープレミアビール
Crown Lager AUD 8.5≒680円を。

CIMG9998

私は、お店のマダムにお勧めのグリーク辛口白ワイン
を尋ねたところ、マケドニア産のMakedonikos White
AUD32≒2,600円を勧められ、オーダーしてみます。

CIMG9999

しかし、このマケドニコス、
私には微かな酸味を感じるものの、
フルーティーな甘口ワインでした。(´-ω-`)
CIMG0009

さて、お料理メニューは、まず、冷たい前菜から、
グリーク伝統料理の前菜がちょっとずついろいろ食べれる
Mixed Platter AUD22≒1,800円に、焼きたてのピタパン
AUD 2≒180円を付けてもらいます。

CIMG0006

キュウリ、ガーリック、ミント、オリーヴオイル
などがブレンドされたヨーグルトディップは勿論の事、
タラモサラダ、タコ、オリーヴ、フェタチーズ、
トマトなど、結構ボリューミィーです。

味付けも香辛料控えめながら「ザ・グリーク」を満喫出来、

アツアツでもっちり香ばしいピタパンもGood!
CIMG0015

ただ、ライスなどの具材をぶどうの葉で包んだ
「Ntolmadesドルマデス」やヤギのチーズなど、
酸味やクセのあるお料理も入っているので、
苦手な方は単品オーダーの方がいいかもしれません。

CIMG0021

お次は、大好きなギリシャ版グラタンのようなお料理
「Moussaka ムサカ」が売り切れという事で、
Patates Tiganitessーグリーク版チップス
ヨーグルトディップ添えAUD8≒650円を。

CIMG0007

チップスも甘くてホクホクです♪
ただ、観光客だから故、メルではやはり、グリークレストラン
でもアイオリソースで食べたいものだと思いました。(〃∀〃)ゞ

CIMG0018

お次のワインはアデレード産のスパークリング
Gisa arc Blanc AUD40≒3,200円を。

こちらはキメ細やかな泡立ちのスッキリした辛口です。

CIMG0020

メインはMixed Souvlaki AUD 29≒2,300円を。

CIMG0013

全部1人で完食した旦那さん曰く、
ラム、チキン、それぞれの旨味が凝縮されてとても美味しかったとの事。

ただ、昨日のお店の方がもう少しお肉が大きかったな。。。
と1人ゴチてもおりました(苦笑)。
CIMG0027

その他、2~3名~のグループ宴会メニューや、

CIMG0004

食べなかったけど、スイーツメニューなどもあり。

CIMG0005

お会計はトータルAUD141.5≒11,500円。
今宵は静かに美味しいグリーク料理を満喫させて頂きました。

tsindos2

Tsindos チンドス

Lunch:Mon-Fri 11:30-15:00
Dinner:Everyday 17:00-22:00(LO21:30) 





Sponsored Link