タワーウィングのお部屋へ。エレヴェーターは3基。
CIMG0533

フロアインフォメーション。

CIMG0530

予約したスタンダードのお部屋から
15Fデラックス シティヴュールームへ
アップグレードしてもらいました。

CIMG0529

15Fフロア見取り図。

CIMG0558

見取り図左側の廊下。

CIMG0651

見取り図上側の廊下。今回はこちらへ。

全体的にリノヴェートされたばかりで、
どこもかしこも綺麗ですが、やや、
新築特有の匂いが気になります。

CIMG0536

お部屋の前に到着。

CIMG0537

お部屋の位置。
広さは21㎡前後でコネクティング可のお部屋。

CIMG0538

お部屋入ってエントランスの方を。
左側にクローゼット、冷蔵庫など。
コンプのお水は2本。右側にバスルーム。

CIMG0542

バスルームはバスタブなしの3ポイント。
シャワーメーカーはハンスグローエ。
手にも持ちやすく使いやすかったものの、
水圧やや弱。水はけもやや悪でした(苦笑)。

CIMG0539

トイレはビデ付き。

CIMG0540

バスアメニティはピーター トーマス ロスの
アンチエイジング対応メガリッチシリーズ。

爽やかな柑橘系オレンジのフレグランスが
蒸し暑い今の時期にピッタリきて良かったです。

CIMG0552

冷蔵庫、クローゼット。 

CIMG0541

収納は多めで、

CIMG0555

身長160cmぐらいの人には、
出し入れ困難な位置にもあり(笑)。

CIMG0629

お部屋の中へ。

CIMG0545

キングサイズベッドは全米売上げNo1マットレスメーカー
サータ社製 Suite Dreams™ bed。

ベッド両サイドにユニヴァーサル電源、USBポートあり。

CIMG0551

リネン類はホテルのロゴ入り。
枕は羽毛でフカフカ、シーツはスベスベ、
マットレスは弾力があり、普通に寝心地良かったです。

CIMG0553

窓側のシーティングエリアもサータ社製。
こちらも弾力があり、座り心地上々。

CIMG0546

デスクサイドのユニヴァーサル電源、USBポートなど。

CIMG0678

窓側からお部屋を。
TVはLG製43インチ。NHK視聴可。

バスルームの磨りガラスは透けないのでご安心を。
ただ、バスルームの音はお部屋にダイレクトに響いて来るので、
親しくない人同士の宿泊の場合、結構、気を遣うかもしれません。

CIMG0547

その他、TVのデフォルトチャンネルで
ホテルのファシリティ案内が流れているので、
場所や営業時間などが覚えやすいです。

CIMG0635


CIMG0636

ルームサーヴィスもあり。

CIMG0637

窓は右側上部少し開閉可。

CIMG0679

窓からの景色はこんな感じ。
眼下にリトルインディアのショップハウス群が広がり、

CIMG0628

向こうにブギス方面、
ローチョーセンターのカラフルな住宅群、
マリーナ地区などが望めます。

サンズも右側のJWマリオットサウスビーチ、
ビーチタワーの間にちょっとだけ見えます。

CIMG0632

視線を左側に移すと、ビルの間に海も少し。

CIMG0760

そして、真下には8Fのプール(この時はメンテナンス中)、
右にスリ ヴィラマカリアマン寺院、左にホテルのセラン
グーンウィングなどが望めます。

お部屋の防音環境は、廊下の音は響きますが、
滞在中はほとんど静かに過ごす事が出来ました。

ただ、早朝、微かにお部屋の中に寺の鐘の音が響いて来たので、
音に敏感な方は高層階リクエストをお勧めします。

CIMG0681

朝食編に続く。