昨日のティムタムのお菓子記事ついでに、自分用のメモを兼ねて、
現在まだ改装工事中のメルボルン国際空港T2内の免税品価格を
さっとご紹介しておきます。

※この時のクレジットカード為替レート1AUD≒90円

前回の記事でも書きましたが、
サプリメント、雑貨、お菓子、プチコスメなどは、
内容はともあれ、街中のスーパーの方が安いです。
DSC09690

ワイン類は、街中のリカーショップより種類は少ないものの、
ちょい高、または、ちょい安の銘柄もある為、空港まで運ぶ
手間暇を考えたら、ここで購入もありかもですが、個人的には、
持って帰る程の割安感は感じられませんでした。

因みに、バカルディ(ラム)、ビフィーター(ジン)などの
スピリッツ類は、2本でAUD55≒2,475円/本、3本でAUD80
≒2,340円/本と、お得度マイナス。

自分の家の近所の酒屋で買った方が全然安いです(苦笑)。
DSC09692

香水は適当にシャネルをピックアップして、
右カッコ赤字に日本の百貨店送料込み値段と比較表記してみました。

シャネルNo5 パルファム(香水)
7.5ml:AUD145≒13,000円 (16,200円税込)
15ml:AUD223≒20,000円  (25,920円税込)

シャネルNo5 オードパルファム(香水とトワレの中間)スプレータイプ
50ml:AUD135≒12,000円 (12,960円税込)
100ml:AUD194≒17,500円(18,360円税込)

パルファムはお得度チョイありですが、
オードパルファムは百貨店のポイントなどを考慮すると、
ほとんどお得度無し。

DSC09693

シャネル エナメル ネイル
AUD34≒3,000円(3,456円税込)

など。

因みに、往路の成田の免税店では、シャネルの
プライスチェックを怠ってしまいました。m(_ _)m
DSC09694

お次はディオールから人気商品の1つ、
リップマキシマイザーAUD41≒3,700円 (3,888円税込)

因みに、こちらは成田免税店で3,200円で販売されていました。


ま、これらお得度無し免税品プライスは、メルボルン空港だけでなく、
先月訪れたサンフランシスコ空港でも感じた事なのですが。

なので、現在の為替レートにおいて、定番ブランドコスメ商品などは、
アメリカやオーストラリアの免税店より日本の免税店で購入する方が
お得度は高いと思います。

DSC09696

それでも、日本よりお得な商品もパラパラありました。

こちらはアメリカのネイルブランド「O・P・I」の
マニキュアですが、サンフランシスコやヴェガスの
ドラッグストアよりも安く販売されており、
2本でAUD20≒900円/本。

日本の店頭販売価格の半分以下でしょうか。
DSC09697

色がたくさん揃っている訳ではありませんが、
セルフネイル派の方や、バラマキ土産用などに、
意外と掘り出し物がみつかるかもしれません。

DSC09698

あと、コフレはやはりお得だったので、
こちらは旦那さんがご購入。

グッチ ギルティ プールオム コフレ:
オードトワレ90ml+アフターシェーヴバーム75ml
+全身シャンプー50ml 

201710melairdf2

お値段は日本のネット販売価格の半分以下、
AUD73≒6,570円なり。

201710melairdf1


それにしても、
もう少し円高が進んでくれたらいいのですが・・・




Sponsored Link