8:30am。
ホテルの朝食プランは、洋食と和洋琉ブッフェ
と2ヶ所のレストランから選択可。

連泊でも飽きない工夫が施されています。

せっかく沖縄に来たんだからと、和洋琉ブッフェ
「九年母亭(くにぶてい)」をチョイス。

朝食時間:6:30~10:00(LO9:30)

※九年母=沖縄産柑橘類の総称
CIMG1349

ホテル側のエントランスから店内へ。
ホテル正面側には、ランチやディナー
を利用する一般客用エントランスもあり。

CIMG1350

店内は116席と結構広く、この時の客入り約半分。
奥の方の席は空いていましたが、

CIMG1355

他の皆様同様、バフェイカウンター近くのお席に着席。

20177com7

バフェイコーナー。
ホテルHPによると、朝食とランチは、常時80種類以上の
和洋琉折衷のメニューが提供されるそうですが、

ディスプレイが貧弱な為、
え~、うっそ!本当に80種類あるの~!?
って印象です(苦笑)。

20177com6

手前から、ローカル料理の
切干大根、昆布イリチー(炒め物)、モズク酢など。

ここのテーブルだけではありませんが、
もう少し華やかなフードコーディネートが欲しいところ。

全体的に、そこそこ美味しいメニューもあるのですが、
見た目からイマイチな印象を受けちゃいます。

CIMG1366

その他、ホットミールの
チャンプルー、ラフテー、ハム、ウィンナー、スクランブルエッグなど。

CIMG1363

パンやサラダなど。

20177com8

奥のカウンターの焼き鮭、ハッシュドポテトなど。

CIMG1364

沖縄そばと、他のお客さん達が「無いですよ~!」
と叫んでいたけど、結局、最後まで補給されなかった
ゆし豆腐など。

CIMG1365

ライス、プレーン粥、

CIMG1367

その横の具無しカレーと温野菜など。
カレーは業務用カレー、もしくは、それにひと手間加えたようなお味。

ラフテーやウィンナーなど、他のメニューを加えて、オリジナルカレー
も作れそうですが、そのようなトッピング人気ランキング的な指南書
も無い為、皆様、せいぜい温野菜を入れて食べているのが関の山。

旦那さんは「具が全然入ってない」など、
1人ゴチながら食べていました(笑)。

CIMG1368

ドリンク、お茶類。

CIMG1360

ホット、アイスコーヒーなど。

CIMG1358

テイクアウェイ用のコーヒーもあり。

CIMG1357

こんな感じで頂きました。

CIMG1369

お料理はスタッフさんが時々補給している印象。

セルフだから殆どスタッフさんと接点も無かったけど、
もう少し元気な挨拶があれば、

「ホテルのレストランに来た!」

という雰囲気が味わえたような気がします。

最後まで街中の食堂ブッフェ感が拭えませんでした(苦笑)。

琉球料理、カレー、コーヒーテイクアウェイなどなど、
需要のツボは押さえていると思うので、
今後に期待でしょうか。




Sponsored Link