過剰請求の経緯

前日、ザ バフェィ アリア でのディナー会計時、

旦那さんのマイヴェガス リワード 2-for-1を利用したディナー料金を、
宿泊に付いていたフードクレジット$50(他のリワードと併用可)
で賄おうとしたところ、

キャッシャーさんの知識が無く、

「マイヴェガスのリワードとフードクレジットの併用は出来ない。
チップでの利用なら出来る」

と言われたので、

「Well, I don't use this じゃぁ、使いません」

と言ったつもりが、貧弱な発音の為、

「Well, I want to use this じゃあ、チップで使います」

と受け取られていたようです(苦笑)。

この時、レシートをちゃんとチェックしなかった私達も
いけなかったのですが、後に、お部屋に戻ってレシートを見ると、

ディナー料金$37.99+にチップ$50ドルが計上されていました(笑)。

CIMG3062

 翌朝TVでBillをチェックしてみると更なる請求が

翌朝、TVをつけて部屋付けにしたBillをチェックしてみたところ、
もっと驚く以下のような請求額が計上されていました。

ARIA The Buf         37.99
ARIA The Buf Tax   3.13
ARIA The Buf         37.99
ARIA The Buf Tax   3.13
ARIA The Buf Tip   50

ARIA The Buf  Drink 16
ARIA The Buf Drink Tax 1.32


上記を説明させて頂くと、

・ディナー代2重請求
・チップ$50
・飲み放題$19.99+が何故かビール2本分16+の請求(これは逆に安い)

いやぁ~、Billは要毎日チェックですね。

全然関係ないけど、滞在中の天気はこんな感じでした。
CIMG3209

 お部屋の事は全てフロントで

10:00am。
私1人で昨晩のレシートを持参して、
最初は、階下のコンシェルジュデスクに赴いたものの、

「お部屋の事は全てフロント対応になります」

と言われ、どうしたものか!?と思いました。

別の時の撮影ですが、
フロント前には、既にこのような長蛇の列が出来ていたので(苦笑)。
CIMG1006

 無事チップ$50はディナー代に

10:20am。
それでも、なんとか約20分並んでフロントに辿り着き、
事の経緯を説明したところ、スタッフさん達に

「えっ、うっそ!チップ$50ドル?ギャハハ~」

と笑われながらも、
無事、$50をディナー代に振り替えてもらいました。


 2重請求問題は解決せず

しかし、新しく受け取った明細をみると、
2重請求が普通の請求に代わっただけで、
本来そうである請求額$ 0 にはなっておらず。

その事を問い合わせたところ、

「リワードを使用した本人が来て、履歴を見せてくれないとダメ」

との返答。

この時は、私のマイヴェガスの知識が乏しかった為、
一旦、ここで引き下がる事になりましたが、

もし、もっと知識があれば、
手元にリワード使用履歴のレシートがあった為、
ここで、この問題は解決していたかもしれません。

カジノにいる旦那さんに電話をかけると、案の定、

「いいじゃん、$50ぐらい。もともと無かったものなんだから」

との返答。

とりあえず、一旦、お部屋に戻ります。


 電話のコンシェルジュボタンで日本人スタッフさんを呼び出し

私も、本来、どうでもいいホテルでの出来事なら、
さっさとカジノへ行ってたと思いますが、

アリアは憧れのホテルで、実際、滞在してみて、
また宿泊したいと思った為、嫌な印象を残したまま
チェックアウトするのに抵抗がありました。

そこで、今度はお部屋の電話のコンシェルジュボタンを押して、
日本人スタッフ、もしくは、スピーカーを呼び出してもらう事に。

頼む時、多少、オーヴァーな表現も使わせて頂きました(笑)。

そして、日本語スタッフさんを呼び出してもらう間、
日本語を勉強中というコンシェルジュさんにしばし付き合わされ、

ありがと~ございます~、どういたしまして~、いち、に、さん、、、
(10まで言えた)などの他、私でも歌えない「さくらさくら」
の歌まで聞かされる事になろうとは思いもよりませんでした(苦笑)。

CIMG3042

 現地日本人通訳スタッフさんと3者通話で無事問題解決

コンシェルジュさんの日本語がウザくなり始めた頃、
ホテル外部の日本人通訳スタッフさんと電話がつながり
(結局、この時、ホテルに日本語スピーカーはいませんでした)、
コンシェルジュさんを交えた3者通話がスタート。

通訳さんに事の経緯を説明したところ、開口一番、

「日本人だからと、キャッシャーになめられましたね~!」

と言われながらも、さすが、ヴェガス在住の方、
マイヴェガスのリワードの事も非常に良く知っておられ、
私には日本語でも説明できないリワードの仕組みを交えながら
詳しくコンシェルジュさんに説明して頂き(感謝)、

コンシェルジュさんも、

「あ~、それはおかしいね!マネージャーに報告して、
夕方までにはフロントで正確なBillが受け取れるよう手配しておくから。
あと、フロントへ行くなら空いている18時以降ね」

と無事問題解決出来ました(感謝)。

途中、コンシェルジュさんの無意味にまくしたてる日本語に、

「ごるぅあ~、ええ加減にせんかい!」

と切れなくてほんと良かったです(笑)。


 Aria, this is how we vegas

最後、コンシェルジュさんから、

「アリアは日本人スタッフがいない時でも、このような通訳サーヴィス
があるから、もし、滞在中、また何か起こったら、どんな些細な事でも
遠慮なく相談して下さい。アリアはいつもゲストの味方だからね!」

と言われながら電話を切りました。
20179ariariw1

そう、アリアは本当に味方でした。カジノ以外はね(苦笑)。



Sponsored Link