久しぶりに英語でも日本語でも喋りまくった後、
急に喉の渇きを覚えたので、早速、お部屋から見える
ハーモンコーナーに新しく出来たタコベルへ出向く事にしました。
DSC07932

こちら、昨年11月にオープンした、
24H営業のタコベル ラスヴェガス旗艦店だそうで、

通常のファーストフード店のタコベルとは違い、店内には、
ギフトショップ、VIPラウンジ、DJ ブース等々が設けられ、
タコベル好きにとってはたまらないお店となっています。

20179tacob1

店内ギフトショップ1画。

CIMG3131

お席はアウトサイド、2F席あり。

この時は、とりあえず、1杯やりたかっただけなので、
カウンターで小さいサイズ(16oz≒480ml)のテキーラ入り
フローズンマルガリータ$9.99+を注文しようとしたところ、

カウンターのスタッフさんから、

ス:「じゃぁ、ID見せて下さい」

と言われ、カバンの奥から取り出すのも面倒だった為、

私:「えっ、IDいるの!?ねぇ、私、もう40過ぎてんだよ!」

ス:「 さあね、ID プリーズ!」

このスタッフさん、めっちゃ堅物だな・・・
などぶつぶつ言いながら、やっとIDを取り出して見せたところ、

10秒ぐらいまじまじとID写真と私の顔を交互に見比べた後、
顔をフリーズさせながら、

ス:「オーマイゴット!オーマイゴット!
ユー ルック ソー ヤング! アイ キャン ノット ビリーヴ!」

などとノタ打ち回られ、ニュアンス的に以下のように直訳して、

ス:「うっそ、キモ~!めっちゃ若作りし過ぎだろ~!?」

今度は自分がフリーズする事となりました(苦笑)。

CIMG3132

今回、日本同様、ヴェガスでも若作りし過ぎて、
ちょっとナメられた事が多かったようです(反省)。

BlogPaint

それでも、如何せん、中身はオヤジなもので、
紆余曲折を経て飲んだ1口の後は、思わず、日本語で
「くぁぁ~~~!うんめぇ~~~!」と発してしまい、

それを聞いていた周りのオヤジ達に、
笑われながらも「ナイス!」と賛同して頂けました。

多分、オヤジ文化はヴェガスの中心でも
変わらないんだなと(笑)。

CIMG3129




Sponsored Link