香港国際空港 T1 キャセイ ラウンジ マップ

21:30pm。
マカオから上環経由で香港国際空港T1にやって来ました。
ボーディングまで3時間もあります(苦笑)。

とりあえず、シャワー、そして、美味しいお酒やお食事が
頂けたらという事で、イミグレから一番離れた63番ゲート
最寄「ザ ピア ファーストクラス ラウンジ」へ向かいます。


※画像はキャセイさんHPより拝借
201801pia1


 THE PIER , FIRST

Hours:Open daily from 5.30am, closed at 00.30am
Location:Level 6, Terminal 1, near Gate 63
DSC00885

 ラウンジ概要

リニューアルオープン年:2015年6月
総床面積:2,061㎡
総座席数:231席
設計:スタジオイルゼ

ファシリティ:
デイスイート(8室/90分)、マッサージサーヴィス(15分)、
シャワー(14室)、トイレ、パントリー(軽食)、バー、
ダイニングルーム、ビューロー(ビジネスコーナー)

DSC00893

 ザ バー

アルコールの他、ノンアル、ソフトドリンク、コーヒー、
お茶類などのメニューも豊富です。

DSC00896

 ザ パントリー

ドリンクは、本格的なエスプレッソマシン、青島ビール
サーヴァーなど、フードは、パン、チーズ、ナッツ、
スイーツなどが提供されています。

DSC00899

 シャワールーム

待つ事無く、すぐ利用出来ました。

DSC00888

室内のインテリア、バス&スキンケア アメニティ「イソップ」
その他、至れり尽くせりのアメニティなど、2年前に利用した
当時と全く変わっておりません。

DSC00889

シャワーは可動式とレインの2種。
水圧&水温無問題。

DSC00886

 ザ ダイニングルーム

22:00am。
シャワーを浴びた後、ディナーを頂きにやって来ました。

DSC00900

終日アラカルトメニュー。

DSC00901

ドリンクメニュー1部。

DSC00906

筆で描かれた翼をイメージしたキャセイさんのロゴ
「ブラッシュ ストローク」入りのグラスで、普段、
滅多に飲めないヴーヴを頂きながら、旅の本末転倒
を味わいます(苦笑)。

05

お次は、お食事をスターターメニューから。

DSC00905

私は Wild Mushroom Dumpling(ワイルドマッシュルーム団子)を。
素揚げした黒トリュフが添えられておりますが、ほとんど匂いも味も
しませんでした(苦笑)。

DSC00915

こちらは、旦那さんが頂いた Smoke Duck Breast (スモーク鴨胸肉)。
美味しかったそうですが、スターターとはいえ、量が少なくビックリ
したそうです(笑)。

43

という事で、浅ましい輩達で本当に申し訳ありませんが、
すぐさまメインメニューをオーダーする運びとなりました。

DSC00904

私は 一番上の Wok-fried Baby Cuttlefish(鍋揚げベビーイカ)を。

DSC00918

ブラックビーンズソースがイカの甘味を存分に引き出しており、
薄味ながら生臭みも感じず、美味しく頂きました。

DSC00921

旦那さんが頂いたHalibut(おひょう)のオーヴン焼き。
こちらも美味しかったそうですが、あっという間でした(笑)。

DSC00926

という事で、こちらは、旦那さんが次に頂いた
シェフスペシャルメニューのアンガスビーフバーガー。
これが一番美味しかったそうです。

DSC00917

最後に、シェフスペシャル担担麺と雲吞麺をシェアして頂きました。
担担麺のスープは、少し風味が飛んでしまったようなお味で残念。

11

反面、雲吞麺は、やはり鉄板でした!

DSC00942

頼んだお料理は、どれもスモールポーションだったものの、
時間がある人は、いろいろ食べれて良いのかなと思いました。

ご馳走様でした。(。-艸-。)


 デイスイート

23:00pm。
本当は、この後、ラウンジホッピングを目論んでいたのですが、
寝転がって休憩出来るデイスイートが空いていたので、結局、
ボーディングまで利用させて頂く事になりました。

DSC00951


DSC00952

ユナイテットが駐機。

DSC00958

お陰様で、ゆっくり休憩させて頂きました。

ただ、たまたまこのお部屋のベットだけだったのかもですが、
ベッドも枕も汗臭かった為、私はバスタオルを2枚借りて、
上に敷いてから横にならせて頂きました(苦笑)。



Sponsored Link