石垣港離島ターミナル

12:10pm。
ホテルから約15分歩いて石垣港離島ターミナルまでやって来ました。

DSC02098

 ツアー参加なら指定ホテルまで無料送迎あり

当初、ホテルのツアーデスクで「ホテル~離島ターミナル送迎
付き竹富島レンタサイクルツアー」を申し込もうとしたところ、

DSC02099

 2~3時間のレンタサイクルなら島で直接レンタルした方が安い

「2~3時間の利用なら自分達で島へ行って直接レンタルした方が安いですよ」
と教えて頂き、離島ターミナルで竹富島往復フェリーチケットをちゅらナビ
クーポン5%オフ利用で購入して竹富島へ向かう事になりました。

でも、夏の炎天下なら、送迎付きツアーに参加していたと思います。
もっとも、レンタサイクルはしていなかったかもですが(笑)。

BlogPaint

 フェリーでちょい竹富島へ

フェリー乗り場へ。
気温25℃、体感28℃ぐらい。今朝、凍える寒さで羽田を
発ってきた事が遠い昔に思えるほどのピーカン天気です。

DSC02103

行ってきます~!

DSC02102

乗船。

DSC02105

約15分後竹富島に到着。

DSC02106

こんなに天気がいいなら、レンタサイクルじゃなくて
グラスボートツアーに参加すればよかったかな!?とチト後悔も。

DSC02187

 レンタサイクル竹富さんでママチャリをレンタル

フェリーを降りると、レンタサイクル屋さん、
水牛車ツアー会社さんなどの送迎バスが待機しており、

DSC02108

お客さんが多くバスに乗っていたという事で、
「レンタサイクル竹富」さんのバスに乗車。

DSC02109

ショップに向かう車中で、
ご主人から島の地理から注意事項等のレクチャーを受けます。

DSC02111

外国の方でも無問題。

DSC02110

到着。

DSC02115

高いマウンテンバイクなんかもありましたが、
1時間300円のママチャリをレンタル。

DSC02112

ショップを出てちょっと進むと、こんな可愛らしい方々とも遭遇。

DSC02116

沖縄の島には犬より猫が似合うような気がします。

DSC02183

 そば処 竹の子で再び絶品ソーキそばを食らう!

13:15pm。
で、早速向かったところが、こちらでした(笑)。

DSC02118

営業時間。

DSC02119

メニュー。

DSC02120

この時の客入り4割ほど。

DSC02123

とりあえず、キンキンに冷えたオリオン生 600円を。
自転車運転でも飲酒はまずかったでしょうかね?

DSC02122

肴にカリカリポーク250円を。
スパムをカラっと揚げたものですが、油分オフもしっかりされ、
まさに名前の通り、カリカリした食感と程よい塩分でビールが
グッと進むお味です♪

DSC02131

旦那さんは限定ラフテー丼セットを。
お値段失念しましたが、アーサーの風味豊かな八重山そばと、
ジューシーなラフテー、タレが染み込んだご飯など、
とても美味しく頂いたとの事。

DSC02136

私は、やはり、ここではマストイートの
ソーキそば(スペアリブ)850円を。

DSC02143

以前と変わらず、あっさり上品な透き通る鰹ダシベースのスープに
ツルツルもっちりしたそば、そして、黒糖風味豊かでジューシーな
ソーキと、とてもリッチな味わいを再び堪能させて頂きました。

DSC02144

因みに、軟骨ソーキ500円単品メニューもありますが、
こちらも美味しいながら、お味は格段にそばのソーキ
の方が勝ります。

DSC02133

Ctrip グルメリストにも掲載。
近い将来、ソーキそばもラーメンに次ぐ
世界メジャーグルメの市民権を得るかもしれませんね。

DSC02145

 星の砂カイジ浜

食後はサックリ周囲9kmの島巡り。平坦な道がほとんどで
サイクリング自体は楽勝でしたが、1月にもかかわらず、
自転車に乗ってて背中がジリジリ痛いほど暑かったです。

DSC02153

メジャーなところではツアー客も多く見かけ、

DSC02154

3時間ぐらい滞在して石垣島に戻りました。

DSC02173




Sponsored Link