予約経緯

石垣訪問1カ月ほど前、前回同様、ホテルから近い方の
「石敢當(いしがんとう)店」へ予約の電話をかけたところ、
その日は定休日で「本店」は営業していると言われたので、
初めて「本店」を予約する事になりました。


 本店店構え

明るい時間帯に、お店の場所を確認がてらやって来ました。

DSC02189

21:00pm。
そして、予約した時間に再び訪問。
店内は満員御礼+@入り口で断られている方も多々。

以降に続く店内写真は、閉店間際まで飲んだくれて
いたが故撮影出来たものになります(苦笑)。

DSC02226

 店内の様子

店内中ほどから入り口方向を。
縦長の店内中央に長細いテーブル席、
左側に座敷、右側に個室風のテーブル席がいくつか連なり、

DSC02263

Uターンして、お店の奥に小さなテーブル席、
カウンター席、厨房といった構成となっています。

20181hito2

 静かに飲食出来る確率が高い席はカウンター席

因みに、お店の方曰く、店内で比較的静かに飲食出来る確率が
高い席はカウンター席と教えて頂き(もっとも、隣がうるさい
と意味ないとも言われましたが・笑)、

当初、心おきなく撮影もしたかったので、カウンター席を
予約していたものの、その後、自己都合で来店時間を変更し、

結果、中央テーブルど真ん中に割り込み相席させて頂く
事となりました(苦笑)。


 非喫煙者は石敢當店の方がお勧め

そして、両サイドのグループ方々とも、お煙草ガンガン吸いながら
話が盛り上がっていたので、普段、タバコの煙は気にならない私
でもちょっと煙かったです。( ゚┏_┓゚)y─┛~

なので、非喫煙者は全席禁煙で店内に独立した喫煙所が
設けられている「石敢當店」がお勧めです。

とりあえずの1杯オリオン生500円+を頂きます♪

DSC02231

お通しはまぐろの揚げだし風200円+。
美味しゅうございました。

DSC02232

 店内至る所に貼られたメニューの数々

メニューは店内の至る所に貼られており、
本店ならではの醍醐味でしょうか、見ているだけで圧倒されます(笑)。

DSC02227

あと、季節的なものもあるかもしれませんが、前回訪れた
「石敢當店」とは微妙にメニューが違うような印象も受けました。

DSC02228


DSC02230

 刺し盛りは10品以上入ったボリューミーな1品

とりあえずのお食事は、やはり、まぐろ専門店という事で、
刺身盛り合わせ2名盛1,500円+を。

DSC02264

10品以上入っているボリューミーな1品です♪

お魚がどれも甘くてねっとり&コリコリ美味しかった事は勿論の事、
その他、プリプリの海ぶどうやダシ巻き卵なども入っており、
とてもお得感がありました。

ただ、色々なメニューに挑戦したいなら、1人前にしておいた方が
良さそうです(笑)。

DSC02237

お次のお酒は、
ローカル泡盛「八重泉」3合1,700円+を、

DSC02246

炭酸&四季柑割りで頂きます♪

DSC02239

お次はラフテー550円+を。
「石敢當店」より肉の量が多く温玉無しヴァージョンです。
お肉の味はどちらもジューシーで美味しいので、
後は好みの問題でしょうか。

DSC02247

オオタニワタリとアダン(やえやま山菜)の天ぷら650円+。
こちらは一緒に添えられたカレー塩で頂きます。

こちらは苦みが少ない分、衣メインのぼやけた味に感じました。
天ぷらじゃない方が美味しく食べれるんじゃないかな?
とも思いました。

DSC02249

あとは、やはり美味しいお寿司も外せないという事で、
ミーバイ250円+x2、まぐろと海ぶどうの軍艦巻き180円+x2、
しゃこ貝など。

20181hito4

石垣牛(塩&たれ)各220円+も。

ま、当たり前ですが、魚介ともども、
お寿司も「石敢當」同様とても美味しいです。

DSC02257

〆にはイカ墨チャーハン650円+を頼んでみました。

20181hito3

ほくほく香ばしいイカ墨とお米のコラボな1品。
口の中真っ黒にしながら美味しく頂きました♪

DSC02275

また食べ飲み過ぎ(笑)。ご馳走様でした!

BlogPaint

「まぐろ専門居酒屋 ひとし本店(食べログ)」

営業時間:17:00pm~23:00pm
定休日:水






Sponsored Link