18:30pm。
結局、曇り天気でサンセットが見れないまま、今宵のディナーを頂きに
ホテル別棟にある和洋琉バフェィレストラン「シャングリ・ラ」さんへ
向かう事になりました。

ホテルを予約した当初、朝食はこちらで、ディナーはもう1つの和風
ダイニング「やえびし」さんでと思い予約を試みたところ、3カ月前
の時点で既に『満席』と言われてこちらを予約した次第です。

 DSC02847

右手前のバーを通り過ぎて奥のレストランへ。

DSC02853

ディナー営業時間:17:30pm~22:00pm(LO21:00pm)
料金:大人 3,910円(税込)、小学生 2,058円(税込)

DSC02856

店内はほぼ満席状態。
どちらかというとシニアツアー客が多い印象です。

BlogPaint

島唄ライヴ演奏を間近で鑑賞できる中央のお席へ案内されて着席。
この時は、予約しておいて良かったな!と思いました。

DSC02860

記念日用ワンドリンクチケットも頂いたので、

DSC02692

旦那さんはオリオン生、私は泡盛「久遠」を頂きます。

結論から先に述べると、私はここのディナーの中では、
この泡盛が一番美味しかったです(笑)。

DSC02866

その他ワイン、焼酎、日本酒、サワー、ソフトドリンクなどもあり。

DSC02865

フードプレゼンはいくつかのお料理コーナーが重なり合い、
少し分かりにくい印象もありましたが、

DSC02884

老若男女に対応した和洋中琉メニューの品数は豊富。

DSC02868

ただ、この時がたまたまだったのかもしれませんが?頂いたホットミール
の中には、ぬるかったり、調理してからだいぶ時間が経過しているような
ものもありました。因みに、オープン1時間後の訪問なり。

DSC02899

その他、握り寿司コーナーや、

DSC02871

ローストビーフコーナー、

DSC02888

鍋フェア、

20181shang1

サラダ、

DSC02870

スイーツなど。

DSC02881

ドリンクはコーヒーやジュース、お茶類などあり。

DSC02900

こんな感じで頂きました。

DSC02913

宮古そばはラフティーやゴーヤなど入れてアレンジしてみましたが、
茹で湯とスープ自体がぬるくて美味しくありませんでした。

DSC02915

殆ど全部のお料理をつまんだ旦那さん曰く、
ローストビーフが一番美味しくなかったそうです(笑)。

DSC02901

19:30pm。
1時間後にはツアー客も去り、店内は閑散と。

DSC02912

今回は、市街地往復のタクシー代をケチりながらも、
ちょっとリッチにホテルディナーと洒落込んでの訪問でしたが(笑)、

次回、ここに滞在する時は、朝食がめちゃくちゃ美味しかった和食の方、
もしくは、頑張って市街地まで食べに行くという、ちょっと残念な感想
になりました。

でも、ドリンク券有難うございました。m(_ _)m


Sponsored Link