CHECK-IN

6:50am。
タクシーでチャンギ空港T1までやって来ました。

ローカルスタッフさんによる流暢な日本語と
テキパキした手続きであっという間にチェックイン完了。

BlogPaint

ボーディングパスと一緒にJALさん指定ラウンジ「dnata Lounge」の
案内も頂きましたが、結局、買い物したりで行きそびれてしまいました。

DSC03778

 RECLINING LOUNGE AREA(near Gate C23)

買い物後は、搭乗ゲート近くにあるリクライニング ラウンジ エリア
でゴロ寝したりして過ごしました(笑)。

DSC03790

チャンギ空港内には、このようにリクライニングシートが置かれた
エリアが6つぐらいあるので、時と場合によっては、エアライン
ラウンジで座って時間を過ごすより全然楽でいいですよね。

DSC03788

込んでいると争奪戦が繰り広げられる
レッグマッサージ器も利用させて頂きました。

DSC03795

 BOADING

7:45am。
ボーディングタイム約10分前にゲートへ。
※写真は前もって撮影

DSC03791

 FLIGHT SUMMARY

■Gate: C16
■Airline:JL
■Flight Number:JL712
■Aircraft type:Boeing 777-200ER
■Cabin Class:Premium Economy
■Schedule(local time):
SIN 08:20am-NRT 16:05pm
■Flight Time:6hr45min

DSC03799



DSC03798

7:58am。
「きゃっほ~!」など言いながら1番乗りで搭乗させて頂きます♪

こう見えても、時々、エコ客なのにビジ客より先でいいのだろうか?
とも思うんですよ(苦笑)。

DSC03800

ビジネスクラスを通り過ぎて、プレエコ席へ。

DSC03802

 JAL SKY PREMIUM

■Seating configuration:2-4-2
■Capacity:40
■Seat width:48cm
■Seat pitch:107cm
■Personal monitor size:12.1 inch


今回は、最前列席、いわゆる前が壁になっている
「バルクヘッド席」17K&Hを指定してみました。

DSC03803

プレエコキャビンの様子。

DSC03807

足元幅の様子。

DSC03804

因みに、エコノミー最前列席の足元幅の様子。
やっぱり、エコノミーのほうが広いですね(笑)。

DSC03812

最前列のシートは足元が広く開放感がある反面、
モニターや収納ポケットが小さく、出し入れもちょい面倒です。

ただ、最前列席だけに限らず、足元幅が広いシートは、
普通席に比べ、少しだけフライトの疲れが軽減されるような気もします。

もっとも、周囲がうるさかったり、運次第のところもありますが(笑)。

DSC03813

着席して前方ビジネスキャビンの方を。

DSC03816

 TAKE OFF

8:15am。
定刻よりちょい早ドアクローズ&プッシュバック。

DSC03817

離陸。

DSC03827

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

エンタメはこちらの「ウィンストン・チャーチル」の映画を鑑賞。
特殊メイクの素晴らしさのみ印象に残る結果となりました。。。

DSC03835

 FOOD&BEVERAGE MENU

DSC03836

出発40分後。
朝からシャンペーンを頂きます。

DSC03848

 LUNCH

出発1時間30分後。
まだ朝食タイムのような感覚ですが、
メニューに記載されているとおりランチを頂きます。

DSC03857

私はチキン、

DSC03859

旦那さんはビーフ&チキンを美味しく頂きました。

DSC03860

 BEFORE ARRIVAL

到着1時間30分前。
ドリンクと一緒にシフォンケーキが配膳され、
ついでに、「うどんですかい」も頂きます♪

DSC03862


 LANDING

日本時間15:15pm。
シートベルトサインが点灯し、着陸態勢へ。

DSC03867

15:50pm。
予定よりちょい早到着&サテライトの駐機場へ。
ターミナル内へ入ったのは15:55pmでした。

DSC03873

 プレエコ通算7回目の搭乗感想

今回で、なんだかんだと、中長距離線、当日アップなどを含めて、
通算7回目のプレエコ搭乗となり、暫く搭乗する予定もないので、
自分用のメモも兼ねて簡単に感想を述べさせて頂くと、

あいかわらず、快適なフライト時間を過ごすことが出来たものの、
今回も、プレエコとエコの違いは、シートの乗り心地を含め、
飲み物とカップ麺、そして修行用のFLY ON ポイント以外、
見出すことが出来ませんでした(笑)。

コスパよくなら、断然、ツアープレミアム対象運賃の
エコSクラスに軍配ですね。



Sponsored Link