MGMコタイ概要

■開業年:2018年2月
■階数:35階建
■客室数:1390室
■お部屋の広さ:43㎡~
■チェックイン/アウト:15pm/11am

■備考:
・地下に各方面行き無料シャトルバス乗り場、コンヴィニあり
・室内調節を簡単に出来るタッチパネル&スマホ完備
・無料WiFi&ミニバー サーヴィス


 予約経緯

今回1泊目の宿泊は最初からMGMコタイさんにターゲットを絞り、
宿泊予約サイトの中で一番安値を提供している「Trip.com」さんでリサーチ。

価格変動が結構ある印象を受けたものの、訪澳1週間前に値上がりしてきたので、
19,448円(税込)/泊キャンセル不可で予約。

その2日後、HKD200≒3,000円ぐらい下がったので、金曜日宿泊とはいえ、
ちょっと高値づかみしたようです(苦笑)。


 フロント

15:30pm。
フロントですぐにチェックイン完了。
予約時の高層階リクエストのお陰で21Fのお部屋へ。

DSC04056

 エレヴェーターでお部屋へ

エレヴェーターは左右分かれて4基ずつ設置されており、

DSC04059

向かって右側は23F以上のお部屋、33Fに独自レセプションや
ラウンジなどを設けているスカイロフトルームへ。

DSC04058

私達は左側のエレヴェーターでお部屋へ(笑)。

DSC04057

21Fに到着。
エレヴェーターホール、めっちゃ綺麗です!

20185mgmce1

廊下の様子。

DSC04064

お部屋に到着。

20185mgmcr1

 お部屋の位置

ちょっと見にくくて申し訳ありませんが、コタイストリップと反対側の
ウィンパレス側のお部屋になります。広さは43㎡。

DSC04087


BlogPaint

 お部屋の中へ

廊下広いです。

DSC04088

中から入り口方向を。

DSC04083

 バスルーム

独立トイレ、シャワー、シンク、バスタブの4ポイント。

DSC04089

手前からトイレ、

DSCN2182

ベンチ&レイン付きシャワールーム。

DSC04104


DSC04105

バスアメニティは階下のスパ「TRIA SPA」プロダクツのもの。

とりわけ、ボディクリームはベルガモット&シトラスのさわやか
なフレグランス(上海灘のマンダリンティにも少し似ている)。
使用感も良かったので、スパショップでボトル229mlをHKD99
≒1,450円で購入。

スパブランドなのにお手頃価格で嬉しかったです。

DSCN2193

ダブルシンク、

DSCN2180

アメニティ、

DSC04091

ベッドルーム側から撮ったシャワー付きバスタブなど。

DSC04079

 クローゼット

意外とラゲージラックが小さい印象。
バスローブも無かったので必要な方は要電話。

DSC04082

スリッパ。

DSC04102

 リヴィング&ベッドルーム

窓側からベッド、バスルーム、ミニバー方面を。

DSC04075

シェードを下した状態。

DSC04107

キングサイズベッド。
寝心地上々だったものの、メーカーは分からず仕舞い。

DSC04073

 ベッドサイド

照明から温度調節など指一本でコントロールできる
タッチパネル、スマホあり。ヘッドボード両サイド
にユニヴァーサル電源、USBポートもあり。

DSC04074

 無料ミニバー

マカオビールもあり。

DSC04080

その横の無料のコーヒー、お茶類など。
ケトル、グラスなどもあり。

DSC04096

 お部屋のインテリア

ベッドサイドからTV方面を。

良く言えば、最新機能を備えた木目調の落ち着いた重厚感あるインテリア。
悪く言うと、地味でちょっと寂しい印象も受けました(笑)。

あと、ベンチはTV下よりベッドフッドの方が荷物の出し入れが便利なよう
にも感じました。

DSC04076

 眺め

お部屋の窓からはこんな感じで、左手にシティオブドリーム群、

DSC04113

ウィンパレスなど。

DSC04112

その奥のマカオ空港など。騒音は無問題です。

DSCN2216

右手に建設中のリスボアパレス、

DSC04099

その横のマカオドームなど。

DSC04100

夜景はホテル外観しか撮影出来ませんでした(苦笑)。

DSC04211





Sponsored Link