8:40am。
ホテルの朝食を頂きに1Fカフェレストラン
「ザ・カフェ」へやって来ました。

今日も暑い日になりそうです(笑)。

こちらのブッフェも1人 3,000円++のところ、
宿泊者は2,500円(税込)で頂けました。

20188hybf1

只今、10分待ちということで、
エントランス前に出来ている列に並びます。

DSC07602

● 中央ブッフェの様子

8分後、愛想のいいスタッフさん達にアテンドされて、
窓側のお席に着席。

キャパシティ158席の店内はほぼ満席。

ブッフェコーナーを囲むように綺麗なスロープ
が設けられており、バリアフリー対策もOKです。

20188hybf2

● ペストリー、フルーツ、スイーツ

各種ブレッドやペストリー、スイーツやフルーツなど。
ジュースの中には、関東でいうフルーツオーレの
「大阪ミックスジュース」もあり。

20188hybf3

チーズやヨーグルトなど。

DSC07612

● 巨大ハムステーション

定番のホット&コールドミールがずらりと並んだ
カウンターの後ろには、ライヴキッチンも開催中。

DSC07620

● エッグステーション

DSC07622

● パンケーキ&ワッフルステーション

それぞれ好みのカット、調理方法を指定して、
出来立て熱々が頂けます。

ただ、カウンター周辺は大変混雑していたため、
オーダーしてから待つのにやや難がありました。

DSC07621

● 関西ならではの上質なダシが効いた和食も勢揃い

洋食に比べるとそんなに品数は多くないものの、
ツボを押さえたご飯がすすむ和食の品々が並んでいます。

温泉卵、焼き魚、お浸し、煮物、そぼろ、漬け物など。

DSC07610

とりわけ、出来立てで少し温かいホテル自家製豆腐は、
大豆本来の旨味が凝縮された素晴らしいお品。

おかわり(3回)したことは言うまでもなく(笑)。

DSC07616

● Let's Eat ♪

こんな感じで頂きました。

DSC07625

やはり、「和食は関西にあり」でしょうか?

DSC07630

お粥を「ぶぶ漬け(お茶漬け)」風にアレンジしたりして、
リッチに温泉卵まで入れちゃいました♪

ご飯のお供の品々は、どれも関西ならではの薄味ながら、
素材の旨味を存分に引き出す上質なおダシが効いており、
めちゃくちゃご飯が進んで困りました(苦笑)。

DSC07631

和食が抜きんでて美味しかっただけで、
その他のお食事も美味しく頂きました。(。-艸-。)

DSC07632

今回は、支払った以上の価値がある朝食でした。

宿泊の際は、迷わず朝食付きで予約することをお勧めします。




Sponsored Link