今月上旬、ヘルシンキ経由でリスボンへ行った際、
自分が愛用している数少ないデパコス(デパート
コスメ)がフランスブランドなので、

「日本より現地空港免税店のほうが安いかも♪」

と少し期待して出向いた訳ですが、

結果はタイトル通りでした(苦笑)。

もっとも、チェックしたのは、主に自分の愛用
しているブランドのみということをご了承下さい。

そして、リスボン滞在中は€1≒123円前後の値動き
だったものの、御多分に漏れず、クレジットカード
請求額は2~3円ほど上乗せ換算だったため、

今回は€1≒126円で換算させて頂きます。


 リスボン空港免税店
 
現地時間 5:00am。
早朝フライト前に免税店を覗いてみました。

DSC05287

● マスカラ ディオールショウ(ボリューム) シリーズ

ディオールショウのマスカラは、私の貧弱なまつ毛を
多少なりともボリューミィーで長く伸ばしてくれて、
お湯オフタイプのものでもパンダになりにくいので、
長さを強調するときはデザイナー、ボリュームが欲
しい時はパンプ&ボリュームの2種類を併用しています。

こちらはボリュームシリーズ3種になりますが、
ディオールショウ、ブラックアウト、パンプ&ボリューム、

それぞれ €31≒3,900円

日本の百貨店より約600円程度安く、
ポイントなどを加味すると、ちょい安ぐらいのお値段です。

20195lisdf3


20195lisdf1

● ディオール  アディクト リップ マキシマイザー

こちらも私の貧弱なリップを、多少なりとも艶々ボリューミィー
に演出してくれるグロスなので手放せません(苦笑)。

カラーは3色、お値段€32≒4,000円

こちらは百貨店価格とほぼ同じ。
ポイントを加味すると、むしろ割高かもしれません。

20195lisdf2

● チャンス オー フレッシュ オードゥ トワレット

50ml / €68≒8,500円  100ml / €97≒12,000円

シャネルの香水は、日本の免税店と同じお値段か、
多少安いかなという程度。

また、百貨店のポイントアップ時に購入する場合の
実質的なお値段ともさして変わらずといったところです。

DSC05295

● OPIネイルラッカー

€16≒2,000円

こちらはアメリカブランドになりますが、日本のロフト
やハンズなどで税込2,376円で販売されており、5%~10
%オフやポイントアップ期間に購入するのとあまり変わ
らないお値段です。

20195lisdf5

● セールコーナー

それでも、このように一律€19.95≒2,500円特設コーナー
も設けられているので、人によっては、お買い得商品が
見つかるかもしれません。

DSC05302

● ワインやスパークリングはお手頃価格

反面、ワインは、街中でも安くて美味しいもの
が多々ある中、€7≒900円前後から販売。

かさばるけど気軽なお土産には持って来いでしょうか。

DSC05298


DSC05297


 ヘルシンキ空港シェンゲンエリア免税店

同日現地時間13:30pm。
リスボンからヘルシンキに到着して、知人へのお土産
探しついでにシェンゲンエリア内のマリメッコを覗い
てみたところ、エコバックで€20≒2,500円。

何も買えず、早々と退店しました(苦笑)。

DSC05357

WHSmithで販売されているお水
500ml €2,5≒320円/本、€5≒630円/2本。

こちらも高くて驚いたものの、致し方なく、
往路の機内用に2本購入しました。

DSC04456

 ヘルシンキ空港非シェンゲンエリア免税店

● マスカラ ディオールショウ(ボリューム) シリーズ

非シェンゲンエリアの免税店では、
同じマスカラが更に€1~1.5値上げされており、

20195heldf1

● ディオール  アディクト リップ マキシマイザー

こちらは同価格でした。

20195heldf2

 那覇空港免税店

翌々日10:50am。
那覇空港の免税店をチラ見してみました。

DSC05532

● マスカラ ディオールショウ

ディオールショウ デザイナー、パンプ&ボリューム、
ニュールック、ともに3,800円

こちらのマスカラシリーズは、
日本の免税店が一番安かったです。

DSC05679

● ディオール  アディクト リップ マキシマイザー

リップマキシマイザーも然り。

DSC05677

因みに、カラーバリエーションは羽田の方が豊富です。

※2019年1月撮影。この時からお値段100円上がっています~。
DSC09791

● 
チャンス オー フレッシュ オードゥ トワレット

シャネルの香水は前述したとおり、
現地の免税店とだいたい同じかちょい高でした。

20195nahadf1

現状、更なる円高が進行しない限り、
海外免税店でのショッピングは、
まだまだお得度低いと改めて実感しました。




Sponsored Link