マップ

1月と2月に散策した南浦洞のメインストリート「光復路通り」
と、激安アパレルや雑貨ショップ、露店、屋台などがひしめ
き合っている「ファッションストリート」の様子を、簡単に
まとめてみました。

201901bnm1
※マップは釜山ナビさんより拝借


 光復路通り

こちらの通りは、メジャースポーツブランドを中心に、
アパレル、コスメ、飲食店などが軒を連ねています。

201901bzone1

目下、ウィンターセール期間中ながら、メジャーブランド
のお値段は総じて高め。安くて、ダウンコートW299,000
前後、コンバースのスニーカーW39,000~W59,000とい
ったところです。

201901gsp1

一方、激安パチモンショップもチラホラ点在しており、
シュプリームのバックや帽子などがW5,000で販売され
ていました。

201901sp1

 オリーブヤング 釜山光復店

韓国のマツキヨこと、オリヤンにチープコスメを買いに
行った際には、日本語ペラペラの店員さんから丁寧な接
客を受け、パスポート無しでも税金還付用のタックスレ
シートを発行して貰えました。

DSC01312





 ファッションストリート

ファッションストリートを北側から南下。
最初、原宿の竹下通りみたいな人混みを見て、
思わず、引き返そうかとも思いました(苦笑)。

DSC09346

前述したように、通りの両サイドには、チープなお店が、
中央には、屋台や露店などがビッシリ並んでいます。

201901fs3

服はパチモンも含めて、ロンTシャツW10,000~、
TシャツW5,000~が相場。

201901fs5

 明洞衣料(南浦洞店)

ガイドブックにも掲載されている激安アパレルショップ
「明洞衣料」さんには、計3回訪問。

露店より安い服も多数販売されており、何より、
露店と違い、試着出来るのがいいですね。

そして、人気店なので、商品の回転も速く、実際、
いくつか欲しいと思った服を翌日買いに訪れたところ、
全部完売していたということもありました。

201901mis2

裏起毛ジャージはW5,900~13,900が相場。
メンズとレディースに分かれているものの、
サイズの多くはフリーです。

また、デザインによってサイズが全然違うので、
上手く、自分好みのデザインでサイズが合えば
ラッキーといったところ。

201901m2

お洒落なロゴ入りはW13,900。

因みに、こちらは、ゴルフウェアブランドの
ブラック&ホワイトのパチモンでしょうか?

ここまで本物とデザインがかけ離れていると、
パチモンと言えばいいのか、パロディと言えば
いいのか、判断がつきかねますね(苦笑)。

201901mj1

シュプリームのジャージ。
ポケットなしW6,900、ポケットありW9,900。

パチモンながら、縫製はしっかりしており、
肌触りも上々です。

201901mj6

ミッキーのロゴ入りジャージ。
ポケットありW6,900、ポケットなしW5,900。

こちらのジャージは、自分の部屋着用に購入してみたの
ですが、日本のネットで販売されている”送料込み1,000
円ぽっきり”と謳っているジャージより、履き心地よく、
毛玉発生率も少なかったです(笑)。

201901mj5

シュプリームのパーカーW12,900。

201901m1

物珍しさも手伝って、パチモンばかりアップしちゃいましたが、
普通のTシャツW2,500~、ロンTシャツW3,900~、ジーンズ
W9,900~などもたくさん販売されているので、人によっては、
掘り出し物がみつかるかもしれません。もっとも、縫製は、
お値段なりのものが多いということをご了承下さい。

DSC09360

 夜の光復路通り

最後に、夜の光復通りの様子を少し。
1月に訪れた際は、上旬だったこともあり、
夜のクリスマスイルミネーションがとても綺麗でした。

DSC09380

また、通りには、Busking Zone(バスキングゾーン)という、
ストリートパフォーマー達のためのゾーンが設けられており、

DSC09386

歌っている人、楽器演奏している人、絵を
描いている人など、様々なパフォーマンス
を楽しむことが出来ました。

201901busk1

南浦洞でお買い物メインの観光をするなら、やはり、
お買い物途中でも気軽に戻って休憩できる、繁華街
のホテルの方が、何かと便利だなとも思いました。




Sponsored Link