3連休を利用して、初めて、フィリピン・マニラへ行ってきました。

滞在は3日間。訪れたところは、宿泊ホテルが位置するマニラの
金融街「マカティ」のショッピングモール群と、空港近くのカジ
ノ2軒だけというお粗末な内容だったものの、

狭い範囲ながら、街中を自分のスマホを使わずに、Grabとタクシ
ーでラクラク移動出来たので、その様子を簡単にまとめてみました。


 ニノイ アキノ国際空港T1からラッフルズ マカティ
 
初日平日 5:25am。
飛行機到着30分後、ターミナル出口前にある「Grabステーション」
に到着。

受付で行先、名前、携帯電話番号を告げると、スタッフさんが自分
のスマホでサクサク車を探してくれて、車が見つかったら、おおよ
その料金と車のナンバープレートを紙に書いて渡してくれます。

この時は、運転手さんが紙を持っていっちゃったので、写真撮影は
出来ませんでしたが、ラッフルズマカティまでPHP215~と書かれ
ていたような気がします。

DSC05979

5:30am。
待つこと数分でトヨタのセダンが到着。

DSC05992

走行距離約10km。





今回は行かなかったけど、リゾートワールドマニラが
隣接するターミナル3を迂回してマカティ方面へ。

DSC05987

早朝ということもあり、ビュンビュン飛ばして、

DSC05989

5:50am。
ラッフルズマカティに到着。
実際にかかった時間と料金は以下の通り。

・乗車時間:約20分
・料金:PHP255≒500円



到着後、プールで1時間半ぐらい滞在させて頂いた後、
お部屋にチェックインできました。

ウチみたいな小市民にとっては、ペソ安じゃなかったら、
決して、宿泊出来ないホテルです(苦笑)。


DSC06315

 ラッフルズマカティからオカダマニラ

9:30am。
お部屋で少し休憩した後、世界で初の日本人オーナーカジノ
『オカダマニラ』へ行くことに。

ベルさんに聞くと、移動手段として、ラッフルズの送迎車、
普通のメータータクシー、Grabの3択があると言われ、
迷うことなくGrabをチョイス。

空港のGrabステーション同様、コンシェルジュデスクの
スマホでGrabを呼んでもらえました。

しかし、この時は、普通のGrab カーがつかまらず、
ベルさんに、

「予約金のかかるGrabメータータクシーになりました」

と告げられて、おおよその料金、行先、運転手名、車種、
ナンバーなどの詳細情報が書かれた紙を渡されました。

・推定料金:PHP302-363
・予約金:PHP45

201908gb1

9:40am。
待つこと10分で到着。

DSC06287

走行距離約11km。





外は土砂降り天気。
運転手さんに「スカイウェイ(高速)」を利用
していいかと聞かれ、高速で向かいます。

なお、高速代はゲートを通過する時にPHP45
≒90円を運転手さんに現金払い。

DSC06106

10:10am。
厳重なエントランス警備を潜り抜けて、
オカダマニラに到着。

実際にかかった時間と料金は以下の通り。

・乗車時間:約30分
・料金:PHP367≒750円(含予約金&高速代)


201908om1

 オカダマニラでの勝敗

平日の午前中ということもあり、カジノ内は閑散。

テーブルのミニマムはPHP500~。

そのうちの1テーブルだけ、3重ぐらい人の輪が出来て
盛り上がっていたものの、その他は、スロットも含めて、
大当たりを出している人は見かけませんでした。

2人とも、スロットやテーブルで鳴かず飛ばずの後、
ライヴゲームでなんとかL字バンカー6連荘をゲット。
原点回帰は出来なかったものの、9,8,7で綺麗に勝ち
上がったので、途切れたところで一旦撤収することに。

私:ーPHP6,000
旦那さん:-PHP2,000

DSC06124

 オカダマニラからラッフルズマカティ

11:50am。
土砂降りじゃなければ、カジノホッピングと
行きたかったところですが、とりあえず、
カジノエントランス前に停車していた
メータータクシーでホテルへ戻ります。

DSC06115

12:30pm。
ラッフルズマカティに到着。

・乗車時間:約40分
・料金:PHP275≒550円(含高速代)



スタッフさん達に、

「お帰りなさ~い、Mr&Ms ginger、カジノはどうでした~?」

と笑顔で出迎えられて、

私達:「ボロ負けでした~」

スタッフ:「ギャハハ~」

などと、およそ、この高級ホテルに相応しくない
会話を繰り広げて、この後は、ホテルと周辺の
ショッピングモール散策で終了。

DSC06412

 ラッフルズマカティからCOD

2日目週末 12:07pm。
この時も、予約金のかかるGrabメータータクシーで
CODへ向かうことになりました。

・推定料金:PHP265-318
・予約金:PHP45

DSC06566

12:15pm。
待つこと約5分で到着。

昨日と同じベルさんに、

「こいつら、昨日負けて帰って来て、またカジノかよ。
ほんと、懲りないアホだな」

など思われながら、車にアテンドして頂きます(苦笑)。

DSC06287

走行距離約11km。





そして、外はまた土砂降り(笑)。

DSC06290

12:45pm。
厳重なエントランス警備を潜り抜け、CODに到着。
実際にかかった時間と料金は以下の通り。

・乗車時間:約28分
・料金:PHP355≒700円(含予約金&高速代)


DSC06292

週末ということもあり、昼間でも客入り5割ほど。
活気に溢れています。

DSC06295

 CODでの勝敗

実際、スロットでは、あちこちからボーナス
ゲームの音が鳴り響いていたので、私達も、
早速、スロットで1勝負。

結果、私は31回のフリースピン、旦那さんに
至っては、250回のフリースピンを引き当てて、

DSC06306

今回の滞在分を頂いてホテルへ凱旋となりました。
まさに、ビギナーズラックですね(笑)。

DSC06308

 CODからグリーンベルト1

14:10pm。
カジノエントランス前に停泊していたメーター
タクシーで、ラッフルズ近くの広大なショッピ
ングモール「グリーンベルト1」の両替所へ向
かいます。

この時は、運転手さんの判断で、高速を使わず
下道でアクセス。

DSC06309

14:50pm。
グリーンベルト1に到着。

・乗車時間:約40分
・料金:PHP207≒420円


ラッフルズから見た「グリーンベルト」。
1~5までのモールで構成され、1はラッフルズから
一番反対側に位置し、徒歩約10分前後かかります。

DSC06405

 Sanry's Money Changer/グリーンベルト 1

現地在住の方々のブログを参考にさせて頂き、
グリーンベルト1の中に2か所あるレートのよい
両替所「$ANR¥’S」のうち、ペソから日本円へ
両替できる1F「Watsons(ワトソン)」近くの
方で両替を試みますが、





この時は、日本円が11万円しかなく、
とりあえず、PHP55,000を両替。

DSC06311

 Tivoli Money Exchange/グロリエッタ2

残りの少額ペソは、モール内を経由しながら、
近くのショッピングモール「グロリエッタ2」
へ移動して、

DSC06313

地下1Fにある「Tivoli Money Exchange」で両替できました。





どちらもPHP1=2円換算。そして、どちらも
カジノの両替所よりレートが良かったです。

DSC06312

 ラッフルズマカティからニノイ アキノ国際空港T1

最終日週末 11:35am。
チェックアウト後、Grabを呼んでもらいます。
なお、紙には記載されていませんが、今回も
予約金PHP45がかかるメータータクシーでした。

・推定料金:PHP306-368
・予約金:PHP45

DSC06415

11:40pm。
待つこと5分で到着。

DSC06413

12:00pm。
ニノイ アキノ ターミナル1に到着。
実際にかかった時間と料金は以下の通り。

・乗車時間:約20分
・料金:PHP355≒700円(含予約金&高速代)


201908rta1


たった3日間の滞在でしたが、
気分だけお金持ちを満喫できました。



Sponsored Link