予約経緯
 
「Booking.com」さんから、ジュニアスイート
(2名分のアフタヌーンティ、イヴニングカクテル、
朝食付き、3日前までキャンセル可)を、
1泊PHP12,689=26,288.5円(税サ込)で2泊予約。

ちょっと贅沢してしまいましたが、本家シンガでは、
決して、同じ値段と内容では宿泊できないだろうと
思い、ちょっと奮発してしまいました。


 9F 宿泊者専用エントランス

7:30am。
バトラーさんと一緒に、9F宿泊者専用
エントランスからお部屋へ。

DSC06085

廊下の様子。

壁にはフィリピン人アーティストの
絵画が飾られています。

DSC06082

 お部屋番号&フロア見取り図

お部屋番号で良し悪しを判断するのは、
やはり、ギャンブラーの性でしょうか?

アーリーチェックインをさせて頂いただけでも
有難いのに、このお部屋番号を見て、嬉しすぎて
悶絶しそうになりました(笑)。

DSC06133

お部屋は、先ほどのプールと反対側、
ショッピングモール側になります。

広さは60㎡。

DSCN5604

お部屋に入って中からドアを。

DSC06345

 パーラー

入って右側に、ベッドルームと「louvres ルーバー
(採光窓)」で仕切られたパーラーがあります。

お部屋全体に言えることですが、アンティーク家具、
調度品、レイアウト、色彩のコントラスト、それら
のどれをとっても、私みたいな素人がここで感想を
述べるのがおこがましいくらい素晴らしいの1言です。

勿論、ソファーの座り心地の良さは言うまでもなく。

DSC06017

 リフレッシュメントセンター

パーラーには、有料の冷蔵庫の飲み物、スナック、
無料のお水2本、フランス老舗コーヒーブランド
「Malongo」のコーヒーメーカーとコーヒー、
紅茶はニューヨーク発祥の紅茶ブランド
「Harney&Sons」、

その他、グラス、ポット、アイスペール、
オープナーなどが用意されています。

201908rmb1

 ワーキングエリア

入って左側には、ワーキングエリアがあります。
アンティークキャビネットには、ワインやスピリッツ
(有料)などが置かれ、壁にかかっている大きな姿見
鏡の枠には、彫刻が施されています。

アンティーク家具好きの方なら、お部屋から1歩も
外に出なくても楽しめるお部屋だと思います。

お部屋にチェックイン後、バトラーさんが
てんこ盛りのウェルカムフルーツを持って
来てくれました。

201908rrd1

 ベッドルーム

お部屋のマテリアル(布製品)は、サテンシルクや
ダマスク織が使用されており、チョコレート色のハ
ードウッドには、手編みのラグが敷かれています。

壁には、フィリピン人アーティストのフラメンコ、
闘牛士の絵画が飾られています。

201908rrb1

カウチソファ横のサイドテーブル上には、
ラッフルズホテル図鑑が置かれており、

現在、ホテルHPを覗くと、全世界に14つ
のラッフルズがあり、4か所開業予定とのこと。

日本でも開業してくれたらいいですね。
もっとも、私など、宿泊は到底無理でしょうが。

201908rb1

 電源

電源は、ベッドサイドのテーブルにもあり、
その他、ベッドルームのワーキングデスクに
iPod dockなどもあり。

201908ripd1

 TV

TVはサムソン製40インチ。NHKワールド視聴可。
ローカルニュース番組では、常に各地の渋滞情報
が流れており、この時間8:23amは、どこも凄い
渋滞でした。

201908rtv1

 クローゼット

DSCN5611


DSC06030

女性用のスリッパはリボン付き。

DSC06049

 バスルーム

イタリア製大理石が敷き詰められた
素晴らしいバスルームです。

DSC06033

トイレはビデ付き。シャワーはレインとハンドの2種類。
バスアメニティは、通常のホテルの3倍ぐらいの大きさ
で、シトラス、アロエ、シダーなどがブレンドされた、
爽やかで上品なフレグランスです。

201908rbs1

バスタブには、読書スタンド、ピロー、ミトン、バス
ソルトも備わっており、ゆっくり寛ぐことができます。

201908rbt1

シンク周辺のインテリアが美フォルム過ぎて、
滞在中、何度も眺めてしまいました。

DSC06041

ターンダウン時には、もう1着のバスローブ、
追加のバスアメニティなども補充されました。

DSC06048

 ターンダウン

掛け布団の角が折られた上には、毎晩、ラッフルズに
まつわるお話が書かれたカードが置かれており、読解
が難しいところもあったりで、いい睡眠剤になりました。

あと、お部屋の空調を完全に停止する場合は、壁の温度
調節パネルではなく、ベッドサイドのコントローラで
オフに出来ます。

201908rtd1

 窓からの眺め

正面に、ニューワールドホテル、右にショッピングモール
のグリーンベルト、左にラッフルズの朝食会場でもある
フレンチレストラン、眼下にフェアモントホテルのプール
が望めます。

201908rrv1

夜は、22時ぐらいまで道路が渋滞しており、微かにクラ
クションの音が響いてきましたが、その後は、静かになり、
静寂の中で眠ることができました。

DSC06182

 新聞

朝刊サーヴィスでは、「まにら新聞」を選択。

201908mnp1


カジノがなかったら、このホテルのためだけに
マニラに来たいと言っていたと思います(笑)。




Sponsored Link