チェックイン

12:00pm。
到着後、ウェルカムドリンクのスパークリングを頂きながら、
すぐチェックインできました。

実は、前日、旦那さんのスマホにホテルから、

「+AUD50/dayでバスタブ付き広いお部屋へアップできますが?」

とメールが来ていたのですが、それに気づいた時は、
時既に遅し、お部屋で荷解きを済ませた後でした(苦笑)。

なので、もし、バスタブ付きのお部屋をご希望されるなら、
ダメもとでも、チェックイン時に聞いてみることをお勧めします。

DSC01803

 エレヴェーターでお部屋へ

DSC02450

アサインされたお部屋は、
リノヴェ済み最上階3F。

DSC01806

 館内インフォ

DSC01860

 廊下の様子

埠頭の歴史的建造物を当時の面影を残しつつ
綺麗にリノヴェートした印象です。

DSC01810

 お部屋に到着

DSC01812

 フロアマップ

この時は、まだ、ホテル全体のリノヴェートが終わって
いなかったためか、フロアマップは1Fの全然別の部屋の
ものが貼られていました(苦笑)。

お部屋の位置は、右下のコーナー側です。

ま、幸い、何事もありませんでしたが。

DSC01817

お部屋の中から入り口を。

DSC01821

 バスルーム

壁にかかった大きなミラー越しにバスルームを。

DSC01820

シャワーは可動とオーヴァーヘッドの2種類。
ブースから水が外に溢れがちでした。

バスアメニティは、ローカルオーガニック
スキンケアブランド「APPELLES アペレス」。

抗酸化作用があるプロダクツで、柑橘系エッセン
シャルオイルとハーブがブレンドされた、とても
上品で癒されるフレグランスです。

早く日本のショップでも購入できるようになれば
と思うくらい、大好きなブランドになりました。

歯ブラシやシェーヴィングキットは用意されておらず、
私達は、持参したものを利用しました。他のホテル同様、
頼んだら持って来てもらえると思います。

201903pob1

 クローゼット

クローゼットはさして広くなく、スリッパもなし。
コットン製バスローブがとても着心地GOODでした。

201903poc1

 ベッドルーム

広さは30㎡。
ブリッジヴューのお部屋は、基本、東側に
小さな窓が1つあるのみなので、お昼で
早くもこの暗さ。

DSC01831

それでも、天井がめちゃ高くて、
30㎡以上の開放感はありました。

DSC01830


DSC01829

 ベッドサイド

USBポート付き変換アダプターあり。
ただ、お部屋の位置のせいか、WiFiが
めちゃくちゃ弱かったです。

201903pobs1

 TV

32インチ。
ベッドに寝そべって見るには小さめです。

DSC01853

 デスク&シーティングエリア

DSC01838

 ミニバー

DSC01839

この時は、HPに明記されているネスプレッソはなく、
コンプのインスタントコーヒーと紅茶がてんこ盛りに
ありました(笑)。その他、コンプのお水、有料の
スナックやお酒、ホテルのロゴ入り帽子など。

201903pomb2

窓側からお部屋を。

DSC01849

 窓からの眺め

窓ガラスが汚れていて、ちょっと残念でしたが、
すぐ目の前に大迫力のブリッジ1部が望めます。

DSC01843


DSC01845

右側には、ホテルエントランス上のブリッジ
に設けられたイヴェント会場が見え、丁度、
結婚式が開催されていました。

それでも、お部屋まで音は聞こえず、
滞在中も静かに過ごすことができました。

DSC01848

夜には花火も。残念ながら、この時は土砂降り雨。
晴れていたら、表に出て、オペラハウスと一緒に
鑑賞出来ていたことでしょう。

DSC02145

 ルームサーヴィス

深夜に旦那さんがお腹が空いたということで、
ルームサーヴィスでオージーヒレステーキ250g
with ブレッド、チップス、サラダAUD38の夜食
をオーダーしてみました。

その他、ホテル近くのボトルショップで買った
ワインAUD20と、朝食用にスーパーで買った
チーズとサラダを持ち寄って、私も1口ご相伴
のつもりが、予想以上にお肉もパンもしっとり
柔らかく、また食べ過ぎてしまいました(苦笑)。

201903pors1

お次は、ホテル周辺の散策記事をアップします。



Sponsored Link