BOADING
 
10:20am。
ボーディングタイムに合わせてゲートへ行ったものの、
15分遅れで搭乗開始。

DSC04287


DSC04291

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:94
■Airline:AY
■Flight Number: AY74, JL6801
■Aircraft type:A350-900
■Cabin Class:Economy Comfort
■Schedule (local time):
NRT 11:00am-HEL 15:00pm
■Flight Time:10hr00min
■Time difference: 6hrs

201905ay741

 ECONOMY COMFOR SEAT

■Capacity: 43 seats
■Seating configuration : 3-3-3(最前列2-3-2)
■Seat width: 46cm
■Seat pitch:86cm~91cm
■Personal monitor size : 11 inch


エコノミー最前列から5列目に通常のエコノミーシートより
チョイ足広のエコノミーコンフォートシートが配置されています。

201905ay74s1

 窓側バルクヘッド2人席

最前列窓側バルクヘッド2人席 21L , Jを指定。

201905ay74ecs1

 目の前はビジネス席

DSC04326

 後ろの3人席足広シートはポケットがない

22列目3人席通路側Jは、目の前にシートがない足広な反面、
ポケットもありません。多分、お隣Kと兼用でしょうか?

因みに、この時の搭乗率は6~7割ほどで、こちらは3席独占状態でしたが。

DSC04343

 LAVATORY

歯ブラシの提供はなかったので、
提供されたアメニティポーチのものを使用しました。

201905ay743

 TAKE OFF

11:00am。
出発時刻にプッシュバックしたものの、

201905ay742

凄いラッシュアワーに遭遇。

DSCN4637

結局、離陸まで40分ぐらい要しました。

DSCN4648

その後、九十九里浜まで飛んで、西にUターン。

DSC04333

 ROUTE MAP

DSC04350

 離陸後のエコノミーキャビンの様子

エコノミー後方キャビン。

DSC04336

前方キャビン。

どちらも3席空席がチラホラ目立ちました。

結果論になりますが、安いエコノミーチケットを購入して、
3席独占できた方が、一番お得でしたね(笑)。

DSC04341

 IN-FLIGHT SHOPPING

DSC04308

高級ヨーロッパ製品は、日本で買うより全然安いです。
個人的には、右下のシートパックが欲しかったのですが、
1枚€8と高すぎて断念。

201905aydfs1

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

モニターはタッチパネルで操作も簡単。
USBポートあり、電源なし。

DSC04344

提供されたノイズキャンセリングフォンで、
映画を3本ほど鑑賞できました。

DSC04381


DSC04353

 LUNCH

出発1時間後に、早くもランチタイム。

201905ay74lh1

旦那さんは、フィンランドビール「KARHU カルフ(熊)」と一緒にチキンを。

201905ayifm1

私は、プロセッコと一緒に、

DSC04357

舌平目を。お酒ともども美味しく頂きました。

DSC04359

 有料フード&ドリンクメニュー

その他、有料メニューもあり。
フィンエアーのポイント払いにも対応しているので、会員さんにとっては、
フィンエアーが謳っているように、気分に合わせてお食事や飲み物をカス
タマイズできる、なかなか使い勝手がよいシステムでしょうか?

DSC04309

 エメラルド特典シャンペーン1杯無料サーヴィスの認知度は低い

実は、ドリンクサーヴィスの時、日本人CAさんに、

「エメラルド特典でグラスシャンペーンが頂けると伺ったのですが?」

と聞いてみたところ、

「えっ、本当ですか?ちょっと分からないので調べてみます」

と言われ、食後、フィンランド人CAさんお勧めの美味しいベリージュースを
頂いていたところに、同じフィンランド人CAさんがやって来て、

「ごめんなさ~い。エメラルド特典のシャンペーン1杯無料サーヴィス、
すっかり忘れていました。本当にごめんなさい~云々」

こっちが恐縮してしまうくらい謝られてしまい、かえって、頂くのが申し訳
なくも感じました。

往路の機内でも、この特典を認識しているCAさんはいなかったので、
認知度は低い模様。

もっとも、私達も、”シャンペーン飲みホ"と勘違いしていたのですが(苦笑)。

イッタラグラスで美味しく頂きました。

201905ay74ch1

 食後のキャビンの様子

バルクヘッド席はこんな感じ。
その他は、2席、3席独占状態で寛いでいる方々も多かったです。

DSC04377

 到着3時間前

リスボン到着が夜なので、時差ボケ防止のため、寝ないで行こうと
思っていたのですが、やはり寝てしまい、起きた時は、ロシア連邦
サレハルド市手前のオビ川上空を飛行していました。

201905ay74rm1

外の景色はこんな感じ。

亜寒帯気候地域で、冬はマイナス28℃近くまで、
夏は30℃以上の気温が観測されています。

どのような生活が営まれているのでしょうか?

DSCN4656

 乗り継ぎ案内

乗り継ぎ案内もモニターに表示されるようになりました。
乗り継ぎ時間は3時間あけたので、この時は余裕こいていましたが、
まさか、入国するまでに1時間もかかるとは思いもしませんでした。

DSC04394

 DINNER

到着2時間前にディナータイム。
フィンランド風中華?のようなお味でした。

DSC04397

 LANDING

現地時間14:58pm。
そろそろ着陸です。

DSC04398

お天気は雨模様。

DSCN4660

15:00pm。
到着時刻に着陸。
15分後にターミナル内へ入ることが出来ました。

DSCN4670





Sponsored Link