搭乗24日前:予約

2月の3連休、宮古にダブルFOPキャンペーン修行を兼ねて行った後、いよいよ世界中でコロナ情勢が悪化し始めたので、とりあえず、飛べる内に、サファイア(50,000pt)まで稼いでおこうと、3月3連休を利用して那覇往復を予約&発券。往復のFOP単価11.7円。コスパ悪し。

 搭乗10日前:JALからボーナスFOPキャンペーン実施予定のメール

この時点で、購入したチケットの無料払い戻しも可能だったので、長い目で見ると、さっさとキャンセルして、情勢が落ち着くまでフライトを控えた方が、FOP単価は抑えられたと思います。ただ、3連休なのにもかかわらず、宿泊代の安さに抗えず決行することに。

 搭乗1週間前:予約便運休のお知らせ

当初、始発JAL989便国際線仕様機を予約。予約して1週間後、座席指定画面では空席が数多く目立つにもかかわらず、予約画面では「キャンセル待ち」の状態に。搭乗1週間前、JALから予約便の運休が決まり、代替えでJAL901便に振り替えた旨のメールが届く。オンラインで座席指定が出来なかったので、待つ覚悟でJALに朝いちに電話するも約1分ほどで繋がり拍子抜け。ただ、向こうも忙しいのか、”座席指定は48時間前から可能。指定できないのが嫌なら、他の指定できる便へ変更、もしくは、無料でキャンセルも出来ますので”と、いささか高圧的に言われて、少しムッとする。結局、棚から牡丹餅的にA350に乗れるということもあり、座席指定なしでJAL901便に変更。

 搭乗72時間前:空席がドカッと出た

その後、たまたまキャンセルが出たのか、72時間前に、バルクヘッド席や窓側席を含む空席がドカッと出て、富士山側バルクヘッド窓側から2席を指定。

 羽田第1ターミナル出発ロビー

5:37am。
山手線始発を乗り継いで到着。思った以上に混雑しており驚きました。
ただ、空席は目立ちます。

Fクラスチェックインカウンターで手荷物預け入れ、保安検査通過に約20分要しました。

202003hc1

 ダイヤ・プレミアラウンジ

5:57am。
ラウンジの客入りは6割。お天気は曇り。富士山は微かに見える程度。

DSC09197

お食事は、昆布と生姜飯のおにぎり2種類のみ。

DSC09195

 搭乗ゲート

202003ha3


DSC09200

 機材

機材はA350-900型初号機(機体記号JA01XJ)。

DSC09198

 普通席の様子

202003a350e1

 バルクヘッド3人席

27J、Kに着席。

DSC09202

収納ポケットは、開閉幅が大きく、結構収納できます。

DSC09205

ただ、座り心地に関して言えば、足元幅や座席幅もJAL SKY NEXTより狭く感じました。

DSC09212

そして、窓の外はエンジンなので、見晴らしもいまいちで、音も結構響きました。

DSC09204

 機内エンタメ

それでも、やはり、ウリは個人用モニターなのでしょうね。機外カメラで迫力ある離発着の様子を鑑賞したり、機内誌を見ているうちにあっという間に時が過ぎました。

202003a350e2

 ブランケット&枕&ドリンクサーヴィス、機内ショッピングは通常通り

ANAでは、これら機内サーヴィスの提供中止がHPでアナウンスされていたので、どうかな?と思っていましたが、今回の往復とも、通常通りの機内サーヴィスが提供されており、飲み物はコンソメスープを頂きました。もっとも、時間の問題かもしれませんが。

 出発

6:48am。
結局、約30分遅れでプッシュバック。

DSC09217

離陸。

DSC09219

こんな感じでベイブリッジ方面をチラ見。

DSC09228

その後、機外カメラに富士山が見えてきたので、

DSC09231

こんな感じでキャッチ。

DSC09233

後方機外カメラから前方を。

DSC09234

斜め後ろに見えるウィングレッド。

DSC09251

 ルートマップ

8:38am。
機内誌を読み終わった頃には、奄美大島手前でした。

DSC09244

残念ながら、雲が多くて、沖縄本島、佐渡に続く大きな島の姿は見えず。

DSC09246

 到着

モニターで美らSUNビーチを見ながら、

DSC09258

着陸。

DSC09261

9:32am。
約20分遅れで駐機場に到着。この時は、石垣行き(9:40am)乗り継ぎだけでも30人以上いらっしゃり、私達もホテルの送迎バスの時間に遅れそうだったりで、皆バタバタとターミナル内へ。時間が早かったこともありますが、到着ロビーは、いつもよりとても閑散としていました。

DSC09262




Sponsored Link