JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: SAN FRANCISCO HOTEL



エレヴェーターでお部屋へ。
CIMG0503
 
アサインされたのは8F。

CIMG0506

廊下の様子。
ホテルというよりはコンドミニアムみたいな雰囲気です。

CIMG0550

お部屋の前に到着。

CIMG0507

フロア見取り図とお部屋の位置。
お部屋の広さは37㎡。

DSC06149

お部屋の中から入口方向を。
左側にラゲージラック代わりにもなるカウンター、窓、
右側にバスルーム、クローゼットなどの配置です。

CIMG0520

こちらの窓からは、隣接するSFMoMAの屋根、
遠くにビル群などが見えます。

このホテルで眺望を望むなら、
やはり、高層階リクエストをお勧めします。

ま、私達はリワード宿泊。
広いお部屋にアップして頂いただけでも感謝です。

CIMG0529

カウンターに置かれたコンプのコーヒーメーカーは、
1981年ヴァーモント州でスペシャルコーヒーの
卸売り企業として創業した「Keurig キューリグ」

私達はコーヒー通ではありませんが、
こちらのコーヒーはフレッシュで美味しく頂きました♪

CIMG0518

バスルームへ。
正面に大きなミラーがあり、
非常に撮影の難易度が高かったのですが(苦笑)、

正面に洗面、右手にトイレ、
左手にバスタブ&シャワーの3ポイントバスです。

DSC06156


CIMG0527

シャワーは固定ですが、バスタブは深めで水温水圧も上々。
バスローブもタオルもフカフカです。

CIMG0526

バスアメニティはbliss の lemon + sage シリーズ。
Wの姉妹ブランド Aloft の bliss のバスアメニティ
Tried+Blue シリーズと容器形態が違うだけで、
殆ど同じフレグランス、質感に感じます(笑)。

DSC06152

お部屋へ。

CIMG0522

手前のクローゼット。
ラゲージラックはあるものの、
クローゼットの中で広げて置けないので、
前記したカウンターにトランクを置いていました。

CIMG0519

更に中へ。
コーナー2面に大きな窓があり、
穏やかな日差しが降り注いでいます。

CIMG0511

キングサイズのベッドは、
シモンズ ビューティレスト セレクション シリーズ。

CIMG0510

このベッド、本当に寝心地が良過ぎて、
眠り過ぎちゃうのが玉に瑕でしょうか!?

CIMG0643

ベッド正面。
向きを変えれるLG製47インチTV、ミニバー、
スナックやギフト、地元ナパのワインなどが
てんこ盛りに詰まったMunchie(マンチイ) Box など。

日本語チャンネル無し。

CIMG0540

フリッジの中、CD/DVD プレイヤーなど。

CIMG0571

Munchie Box =スナック箱。
どれも高そうなので、値段すら見ませんでした(笑)。

CIMG0537

再びコーナーへ。
窓際の長椅子はフカフカでとても座り心地が良いです。

CIMG0513

ワーキングデスク。

CIMG0536

壁に掛かっているパネルオブジェには、
異文化同士の西洋地図と日本の新聞や千代紙などが
綺麗なコントラストを描いてプリントされています。

DSC06173

そして、デスクの足元には、
木製の足裏マッサージ器が置かれています。

これ、自分の家にも欲しいですね~!

和のテイストもある東西文化が入り交じったインテリアなので、
なんとなく、自分の家にいるような居心地の良さを感じます。

もっとも、こんな良い所には住んでいませんが(苦笑)。

CIMG0654

そして、窓にかかった温もりある木製ブラインドも
テンポラリーなホテル滞在と言うよりは、
住居性を感じる一因かもしれません。

天井やベッドのヘッドボードにも飾られている
雲形のミラーオブジェも素敵です。

CIMG0535

長椅子前のテーブルの上には、
廊下にある製氷機用にビニール袋とアイスペール、
その他、グラス、オープナーなども置かれています。

CIMG0514

右側の SFMoMA 側の窓からの眺め。

36

 左側の 3rd ストリートに面した窓からの眺め。

防音設備はすこぶる良く、
低層階ながら騒音は全く聞こえてきませんでした。

DSC06178

でも、ここまで書いておいて言うのもアレなんですが、
全米屈指のホテル代の高さを誇るサンフランシスコで、
たまたまビッグカンファレンス期間と重なったとは言え、
スタンダードのお部屋はもちろんの亊、このお部屋でさえ、
1泊USD500以上の宿泊代はやはり高すぎかな?
と思いました(笑)。




「W サンフランシスコ 」

・開業年:1999年(2011年改装)
・ホテル客室階数:5~31階
・総客室数:404室 
・スタンダード:28㎡~ 
・スイート:65㎡~ 
・Check-in/out:15pm/12pm  

 備考:
・BARTモンゴメリーストリート駅から徒歩約5分 
・サンフランシスコ近代美術館 (SFMoMA)隣接
・フードコート&ショッピング&エンタメ複合施設
  Metreon(メトレオン)まで徒歩約4分

など。
 


今回の滞在は、某IT企業が毎年サンフランシスコで
開催している巨大カンファレンスの日程と重なった為、

早くから旦那さんのSPGカードの無料宿泊特典で
ここのホテルを予約。

カンファレンス会場に近いという事もあり、
予約した段階でも訪米2週間前にチェックした段階でも、
スタンダードのお部屋で1泊5万円オーヴァー。

結果、今回は無料宿泊特典をコスパ良く利用出来ましたが、
自腹だったら絶対宿泊出来ませんでした(苦笑)。

wsan2016


15:00pm。
空港からBARTに乗ってモンゴメリーストリート駅下車。
マーケットストリートから3rd ストリートまで歩き、
そこからハワードストリートまでトータルフラット
ウォーキング約5分でホテルに到着。

CIMG0495

ホテル外観。
ホテルエントランスは手前の3rd ストリート側と
奥のハワードストリート側と2カ所あり。

CIMG0555

3rd ストリート側のエントランス。

CIMG0496

ホテルのビルが出来た年、設計会社、デヴェロッパー、
建設会社などの名前が刻まれた石碑。

CIMG0494

こちらのエントランスからホテルの中へ。
左側にレストラン、正面にホテルロビーなど。

因みに、この時の気温15℃以上。
ロビーに焚かれた暖炉がラグジュアリー
な雰囲気を醸し出しています。

CIMG0497

コンパクトなロビーながら、
顔がささないような奥まったシートもある為、
コッソリお忍びで待ち合わせも出来るかもしれません!?

CIMG0499

その他、ロビーにはナムコのTVゲームや、

CIMG0498

コンシェルジュデスクなど。
ただ、フロントスタッフさん達も観光、飲食などの
知識が大変豊富な為、今回は全くコンシェルジュ
さんを利用しませんでした。(*-艸・*)

CIMG0500

ハワードストリートに面している
ホテルメインエントランス側からの外観。

CIMG0658
 

CIMG0552

ベルさんやフロントスタッフさん達も、パッと見は、
サンフランシスコ特有のクールな印象も受けますが、
皆さんとても親切でフレンドリーです♪

そして、早口の方が多いサンフランシスコですが、
ここのホテルのスタッフさん達は、こちらが旅行者と分かると、
皆丁寧にゆっくり話してくれた事がとても印象的です。

CIMG0554

フロントの様子。
受付ブースは4つ。スタッフさん達の仕事も早いので、
この時はほとんど待つ事無くチェックイン完了。

無料宿泊特典利用ですが、お部屋は1ランクアップの
コーナールーム(37㎡)にアップグレード、
レイトチェックアウトも16時までOKを頂きました♪

CIMG0502

ウェルカムドリンクなどもあり。

CIMG0505


 



9月20日(日)10am過ぎ。 
すっかり朝寝坊した
お部屋の窓からの景色。
CIMG1825
TVをつけると、
今日も暑そうです。
CIMG1821
ベイエリアで32℃。
天気が良いだけ有り難い
と思わねばなのでしょうが、
こう連日猛暑が続くと
「またかよ~!」
とも思ったり(苦笑)。
CIMG1822

街散策へ向かう前、
見学オンリーでホテルの
プール、ジムを訪れてみました。

エレヴェーターを4階で降り、
CIMG1833
反射して申し訳ありませんが、
エレヴェーターフロアに
飾られているプール案内。
CIMG1619
プールとジムのエントランス。
お部屋のキーカードをセンサー
にタッチして開錠。
CIMG1835

ジムの様子。24H利用可。
CIMG1837
コンパクトながら、必要最低限、
各部位対応マシーンが揃っています。
CIMG1848
壁には、
現在のホテルの建物が
建てられた20世紀初頭
から前半にかけて撮影された
"ザ・アメリカン・ビューティー"
な方々のお写真が飾られています♪
CIMG1838


CIMG1839

プール営業時間は5am-22pm。
CIMG1840
アトリウム形式の天窓で覆われた、
とても明るく解放感のあるプールです。

プール縦横の長さは18x6M。
手前の深さは2FT=0.76M。
CIMG1841

少し先に進んで3FT=0.91M。
 CIMG1844

その先が1.2Mの深さになっています。
CIMG1845
サイドには小さなジャグジーが1つ設置。
お子様も大人同伴で利用出来るプールです。
CIMG1846

プールからジムの方を。
CIMG1847

泳ぐというよりは、体を動かす
ぐらいのプールですが、
お昼寝するにも持って来い
のところです。d(ゝ∀・*)







お部屋からの眺め。
CIMG1581 
眼下にマーケットストリート、
向こう側のポストストリートを
挟んでウェルズ・ファーゴの
建物などが見えます。
DSC01295
マーケットストリートを走る
路面電車やトロリーバスなど。

お部屋の中には微かに騒音も
響きますが、気になるほどでは
ありません。

因みに、窓は施錠され開閉不可。
DSC01329
様々な乗り物、人々が行き交い、
ずっと眺めていても楽しいです。
DSC01297

ワンちゃん達も。
DSC01340
そして、通りを挟んだところには、
ジャパニーズ・スイーツのお店が
見えます。
DSC01292
実際に降りて、正面からお店を。
デパ地下などにも出店している
「宗家 源 吉兆庵」さんの
お店です。
CIMG1639
この時は、白桃ぜりぃや
お店オリジナル月餅なども
販売されていました。
CIMG1637

お店の前辺りからホテルを。
DSC01359
そして、
「宗家 源 吉兆庵」さんから
ホテルを挟んで反対方向へ
マーケットストリートを歩いて行くと、
CIMG1635
約2分のところに
「DAISO JAPAN」さんのお店があります。
CIMG2032
販売されている商品は、
日用品から食品、下着など、
殆ど日本のお店と変わりません。

違うと言えばお値段が
USD1.5+~と言うところでしょうか。
CIMG2042
近くのスーパーやコンヴィニなどで
買えない日本のお茶も売られています。
お値段少々張りますが。USD1.75+~。
CIMG2041
再び、ホテル外観を。
ホテル周辺には、その他、アウトレット、
ファストファッション、オーガニック
スーパー、コンヴィニなどがあり、
交通の利便性、観光は勿論の事、
お買い物にも非常に便利なホテルです。

お部屋が狭いと書きましたが、
これでもう少し(だいぶ)安く
泊まれるなら、ええ、言う事
ございませんとも。(。ゝω・。)ゞ
 DSC01353





お部屋へ入り、
入口ドアを内側から。
CIMG1543
ドアノブにかかってある
プライヴァシ―等の革製
メッセージタグ。
DSC01307
お部屋の位置。
マーケットストリートに
面しています。広さは28㎡。
CIMG1583
入口から。
リノヴェートされたばかりの
明るく綺麗なお部屋です。

インテリアの随所に、高級感を醸し
出す革製品がふんだんに使用され、
壁には西海岸印象派のモノクローム
写真が飾られ、元々のお部屋の古い
デザインの良さを残しつつ、見事に
新しいお部屋へと生まれ変わりました。

難点は、以前同様、
1人で泊まるなら十分な広さですが、
2人ではやっぱり狭いですわ~。
(-公- ll)


右側にキングサイズのベッド、
ベッド手前にチェアが2脚と
小さなティーテーブルが
置かれています。
CIMG1547

窓側から。
CIMG1554


CIMG1548
テーブルの上には、世界中の
ラグジュアリーコレクション
ホテルのズッシリ重たいカタログ
が置かれています。
CIMG1596
ベッドはシモンズの
「シモンズ・ビューティレスト
セレクション・シリーズ」

会社のHPには、

”最先端の睡眠科学から生まれた、
眠りの質を高めるテクノロジーが
息づくベッドシリーズです”

と謳われております。

寝心地最高な事は言うまでも無く。
CIMG1553
ベッドスロー(寝ながら履いている
靴を置く布)はホテルの紋章入り。

勿体無いので使えませんでした(笑)。
CIMG1582

ベッドサイド。
CIMG1566
サイドテーブル下に
置かれた革製トランク。
DSC01305
反射して申し訳ありませんが、
開くとこんな感じ。
DSC01304
革のいい匂いがプンプン。
鍵がかかる訳でもない為、
パジャマ、本などを入れて
おりましたが、
まずかったでしょうかね(汗)?

お蔭でベッド周辺はすっきり
綺麗に使う事が出来ました。

お次は、
入口横のバスルームへ。
CIMG1568
バスルームは
固定&稼働シャワー&バスタブ、
トイレ、シンクの3ポイント。
DSC01271
左側にかかっている
モノクローム写真、タオルなど。
DSC01278

水圧、温度等の問題はありません。
CIMG1564
大理石張りの床と
シンクのカウンタートップ。
 CIMG1604
その下のタオル、ドライヤーが
入った革のケースなど。
DSC01308

サーヴィスのお水。
DSC01275
アメニティーはイギリスの
環境に優しいブランド
「GILCHRIST&SOAMES
ギルクリスト&ソームス」
London Collection。

残念ながら、
歯ブラシの用意はありません。

固形石鹸、ボディローションの他、
CIMG1606
後ろのアメニティの中身。
コットン、綿棒、シャワーキャップ、
ソーイング、シュースポンジなど。
CIMG1608
バスアメニティも同じシリーズ。

個人的には
この手のネーチャーフレンドリー
ブランドは、かえってケミっぽい
フレグランスを感じてしまい、
使用感の問題はありませんが、
使用中のテンションは高まり
ません(苦笑)。

フレグランスはベーシックな
モルトンブラウン系、スパイシー
なサンダルウッド系の香りを
薄くしたような感じです。
CIMG1565
再びお部屋の中へ。

デスク上のTVは
SAMSUNG48インチLED。

チャンネル数は多いですが、
日本語番組は無かったと
思います(間違っていたら
ゴメンナサイ)。
CIMG1551
デスク横のドアがクローゼット。
ラゲージラック、セーフティあり。
スリッパ無しです。

ラゲージラックは外に出して利用
せざるを得ませんので、お部屋が
より狭く感じる事に(苦笑)。
CIMG1550
ドアの内側にかかっている
革製のラック。
 CIMG1593
ワーキングデスク。
ライティングスペースも
お洒落な赤の革張りです。
CIMG1574
コンセントなど。
お部屋のWiFi感度も良好です。
DSC01317
デスク周辺スペースも
ゆったり設けられています。
CIMG1575
デスク下にあるミニバー、
フリッジなど。

外で買って来て収納可。
ワインオープナーもあり。
CIMG1572

お部屋のキーカード。
CIMG1585


次回はマーケットストリート、
お部屋からの眺めなどのご紹介です。



↑このページのトップヘ