JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:MACAU HOTEL > Pousada de Mong-Ha



9月13日(土)8:44AM。
今日も蒸し暑い日になりそうです。
CIMG5326
宿泊料金には朝食が含まれているので、
早速、階下の「ポウサダ・レストラン」へ。

店内は明るく、可愛らしいポルトガルインテリアと
中国アートが上品に組み合わされています。
CIMG5349


CIMG5340


CIMG5334
ここのレストランでは、宿泊者に限って、
朝食の他、週末、祝日15~18pmの間、
「ハイティー」も提供されるので、
週末宿泊される方は要チェック。


奥のお席に着席して、
係りの方にホットコーヒーを注いでもらいます。
CIMG5346
窓の外は、オールド・マカオが見渡せる
学校の有機栽培ガーデンが広がっており、
宿泊者も散策する事ができます。
39

フード・カウンターへ。
CIMG5356
こちらの窓はホテル正面玄関側。
朝からジョギングなど頑張っていらっしゃる方々も。 
CIMG5353
さて、ホットミールから。
ベーコン、ウインナー、ハム、
CIMG5365
フレンチ・トースト、ベイクド・ビーンズ、
焼きそばなど。
CIMG5366
2日目はハッシュド・ポテトと
ベイクド・トマトに変更。
連泊客にも配慮されています。 
CIMG5496
初日は白粥。
2日目はオートミールでした。
CIMG5499

フルーツ、ペストリーズなど。
CIMG5363

初日のペストリーズ。
CIMG5358
2日目のペストリーズ。
ジャムはブルーベリー、オレンジ、イチゴなど。
CIMG5492
ネーム・プレートには
全て「HOMEMADE」と印刷されています。
CIMG5380

その他、フレッシュサラダ、ヨーグルトなど。
CIMG5359

シリアル、ミルク、豆乳など。
CIMG5360
ジュースはフレッシュではありませんが、
普通に美味しいです。
CIMG5491
こんな感じで持って来ました。
素材本来の旨味が引き出された
美味しいパンとジャムの組み合わせ。
シンプルですが一番美味しく頂きました。
CIMG5382

野菜もフレッシュでシャキシャキした食感。
CIMG5384
あと、意外と、焼きそばが
普通の中華屋で食べるより美味しいんですよ(笑)。
25

玉子料理はオーダー制になっていて、
CIMG5330

ミックス・オムレツと、
CIMG5376
目玉焼きを頂きました。
放し飼い地鶏とか、生みたて
とかではありませんので、
普通に美味しいです。
CIMG5505

みずみずしく甘いフルーツ。
CIMG5383

これにてポウサダ・デ・モンハ宿泊記終了。

個人的には、今回の宿泊全体を通して、
この朝食が一番良かったポイントでした。
CIMG5526

チェックアウト後、タクシーを呼んでもらい、
約6分ぐらいで来てくれましたが、前日、
タイパまで頼んだ時は、来ないから自力で
バスに乗るよう薦められました(苦笑)。

CIMG5517

尚、ホテルのシャトルバスサービスもありますが、

「ホテル→半島フェリー・ターミナル→リスボア」

1日3本下記の時間で「片道」のみの運行と、
ちょっと不便です。最も、あるだけ有り難い
と思わねばなのでしょうが。
 

shuttle1



Pousada de Mong-Há






9月13日(土)13pm前。
時間が少し飛びますが、
ホテルから歩いてリスボア
まで行った記事のついでに、
次の日、バスに乗って
タイパ(銀河/ギャラクシー)まで
行った時の様子を少しUPしてみます。

ホテルから赤線の道を下って突き当たる
「美副将大馬路」は、バスの往来が多いので、
ド素人ginger達でも乗りこなせるかも!?
と思い挑戦してみる事に。

「美副将大馬路」へ出ると、左右2つ
「望廈砲台/Mong-Ha Fortress」と
「愉景花園/Sunny View Garden」
のバス停があります。
bus3
どちらも大体同じ
「巡回バス」が停まるようですが、
独断と偏見で主要巡回先を
書かせて頂きますと、


・5,5X : リスボア前の広場

・17 : 金沙(サンズ)方面

・22 : タイパ・ヴィレッジ(官也街)方面

・23 : 不明

・25 : リスボア~コタイ・カジノ経由~黒沙海灘

・25X : リスボア~コタイ・カジノ方面


殆どカジノになりましたが(笑)。
ま、ここからメジャー・カジノへも
バスで行けるんですよ。


「望廈砲台/Mong-Ha Fortress」
のバス停をウロウロしている内に
「25X」のバスがやってきました。
CIMG5395
13:05pm。
お目当ての「銀河/ギャラクシー」にも
行くはずだろうから(ちょっと自信ありません・汗)、
運賃HKD4.2/人(約58円)を払って飛び乗ります。 
CIMG5396

車内のバス路線図を改めて確認。
CIMG5397

一番右に「銀河」ありました。 (・∀・)
CIMG5399
改めて、このバスの路線図を。
(クリック拡大可)
 
25x4


※画像は「新福利巴士」
HPよりお借りしました。

その他のルート、料金、行先等は
こちらのHPでチェック出来ます。


街中をクネクネ通り、
CIMG5400
約30分後の13:35pm,
ギャラクシーが見えて来たので下車。
CIMG5402
バス停の名前は
「奥林匹克游泳館/PISCINA OLÍMPICA」
マカオ・オリンピック・プール前。

実際、少し手前で降りちゃいました(笑)。

それでも、歩いてすぐタイパ・ヴィレッジ、
ギャラクシーへ到着。
CIMG5405


公共交通機関のバスですが、
車内には、高級ブランド身に包んだ
お洒落なローカルの方々も乗っておられ、
少しビックリしました。




9月12日(金)21:30pm。
蒸し暑い夜で、気温は約28℃前後ですが、
腹ごなしに「Gリスボア」まで歩いてみる事に。
CIMG5304
グーグル・マップでホテルから
Gリスボアまで徒歩ルートを
検索するといくつか出てきますが、
どれも大体2.3km、約30分ぐらい
の距離です。

土地勘が全く無い為(笑)、
なるべく曲がる事の無い、
赤線ルートで行く事に♪
(クリック拡大可)
lisboa2

ホテル前から坂を下って、
CIMG5479

細い道を真っ直ぐ進むと、
CIMG5474
大きなバス通り
「美副将大馬路」に出ます。
突当りの海鮮火鍋屋さんが
美味しそうで気になります。

左右に2つバス停があり、
バス、空タクもビュンビュン
走っておりますが、カロリー
消費をしなければ。_〆(・ω・*)
CIMG5471
左側に進んでいくと、
ローカル色プンプンの屋台や、
CIMG5308
その横、
1627年完成の中国寺院「観音堂」
営業時間:7:00AM~18:00PM
とっくに終了しています(笑)。
CIMG5310
その向かいには、
マカオ発祥でマカオ最大の
スーパーマーケット・チェーン

「來來超級市場
ロイヤル・スーパーマーケット 」
美副將分店。
營業時間: 9~23pm
CIMG5311
マップ上でここまで約7分と出てきますが、
普通に歩いて約5分の距離です。
帰りは上り坂ですが(汗)。
ROYAL2

中に入ってみると、
CIMG5458

一通り揃った大きなスーパーで、
CIMG5460
青島ビール大瓶MOP7.5(約105円)など。
ホテルへ持ち込みや、ちょっとした
お土産のお買い物にも便利ですね。
CIMG5470

お店を出て暫く進むと、
ペット・サロンの痴話喧嘩
に遭遇。∑(・ω・ノ)ノ


白い方:「アンタ、カットも外見も全然イケてないんだからぁ!
      少しはアタシを見習いなさいよぉ!」 ヽ(`Д´)ノ


黒い方:「・・・・・・・・・」 (。pдq。)


ワンちゃん:「オロオロ~」 (゚Д゚;≡;゚Д゚)


Ginger:「ほんと凄い恰好だわ!」 (。-艸・。)


など、勝手に想像しながら道を進みます(笑)♪
CIMG5313
それにしても、マカオも一昔前に比べて、
街中のペット率が増えましたよね~。
CIMG5315
約1km歩いて約15分後、
「孫文記念館」
CIMG5449
こんな風に夜しか徘徊せずに
言うのはおこがましいのですが、
「ポウサダ・デ・モンハ」は
観光に便利なホテルですね。
CIMG5448
中央図書館やカラフルな建物の
塔石ギャラリー等々の建物群に
囲まれた「塔石広場」
CIMG5316
ポルトガル式石畳「カルサ―ダス」が
敷き詰められた広場には、
中秋節の飾りが沢山飾られています。
CIMG5445
約1.8km歩いて約22分後、
「ホテル・ロイヤル」前。
CIMG5319
目の前のバスコ・ダ・ガマ公園。
22pm前後ですが、
子供達元気ですね~。
CIMG5320

CIMG5321
あともう少し。 (`・ー・´)b
結局、どこからもチラチラ
この建物が見えるから、
土地勘の無いginger達でも
余裕です!? (・∀-`;)
CIMG5323
のんびり歩いて約2.3Km、約40分後、
「G リスボア」のエントランス・ロビーに到着。
CIMG5324

リスボアの方を。
12

帰りも別ルートで歩いて帰ったのですが、
負けて帰り、足取り重かったです(苦笑)。



9月12日(金)19pm。
この日の夜は、ホテル同様、
旅遊学院(IFT)の訓練施設を兼ねている

「教学餐廳 エデュケーショナル・レストラン」

で毎週金曜日に開催されている

「マカオ&ポルトガル料理ディナー・バフェィ」
MOP250(約3,500円)/人

を前もって予約。
サービス料無しのところが有難い。

※アラカルトのメニューもアリ。

ホテルのパティオ。
CIMG5236
ホテル外観。
館内には、朝食、ランチ等が頂ける
「ポウサダ・レストラン」もありますが、
こちらは18pmまでの営業。
CIMG5303
改めて、学校周辺地図を。
緑の建物(ホテル)から
青の建物(レストラン)まで、
少し坂を上ります。
CIMG5477
途中、ローカル犬に遭遇。
周囲一帯は「望廈市政公園」
遊歩道なども整備されている為、
飼い主さんと一緒にお散歩中の
ワンちゃん達もいっぱいです。
CIMG5483

レストラン前到着。
44
その前の円形広場。
結構蒸し暑い夜ですが、
運動したり、走っている方々が
写真横辺りに沢山います(笑)。
CIMG5239
レストラン外観は想像していたより
ずっとカラフルでお洒落です。

お料理の方も伝統的な
マカオ&ポルトガル料理を
現代風にアレンジして提供していると
レストランHPに書かれております♪
CIMG5238
エントランス入った横の壁には、
卒業生達が働いている有名どころ多数の
ホテル・ネーム・プレートが貼られています。
CIMG5244
受付の方から奥の方へアテンドされ、
展示されている絵画、美術品や、
CIMG5300
紫外線を抑える青いLED電球に照らし
出された巨大ワインセラーなどを通り過ぎて、
CIMG5299
改めて、レストラン・エントランス・ホールへ。
奥がレストラン店内。
CIMG5297

入って来た廊下&ワイン・セラーの方を。
CIMG5294
店内の客入りは約8割。

服装はみなさん殆どカジュアルですが、
図々しいアタクシでも!?大ぴらに撮影が
憚られる雰囲気━━━☆

って、店や客云々より、
働いている学生さん達の緊張感が
ヒシヒシ伝わって来ます。(・∀・;)


なので、こちらの店内写真を
レストランHPから拝借させて
頂きました。m(_ _)m
IFT1
早速お席に案内されると、
当初、ディナー・バフェィと一緒に予約していた
「ワイン・バフェィ」MOP130(約1,800円)/人
が無くなったとの事(残念)!

急遽、飲み物を別にオーダーする事に。
CIMG5254
ポルトガルの辛口スパークリング・ワイン
「loridos extra brut 2008」
MOP175(約2,400円)をチョイス。
CIMG5251

キリッと辛口&ライトで美味い!
CIMG5255

乾杯後、旦那さんがお食事を
取りに行っている間、
コッソリ、お店の中央を。

全然分かんない写真でスイマセン。
(-´ω`- )
CIMG5258
さて、フード・コーナーへ。

こちらは、
右側が蛸のオリーブ・オイル炒め。
左側はエビのココナッツ・カレー煮込み。
CIMG5279
ポーク・コロッケ、
シュリンプ・トースト。
CIMG5264

ポルトガル・ソーセージ。
CIMG5280

ダック・ライス。
CIMG5281

サラダ類など。
CIMG5282


CIMG5284

こちらは、
左側が鱈入りお粥。
右側が野菜スープ。
CIMG5286

スイーツ類。
CIMG5262
この時は、マカオスイーツ定番の
エッグタルトやセラドゥーラが
無くて残念。
CIMG5263

こんな感じで持って来ました。
真ん中のアフリカン・チキンは
中まで味が染みていて美味しいです♪

野菜、ハーブ等は自分達で有機栽培
したものを提供しているだけあって、
とてもフレッシュです。
CIMG5266
バカリャウ・ブラス
(干し鱈とジャガイモと玉子の炒め物)は
バカリャウが固くて残念。
CIMG5259

シーフードは新鮮でプリプリです。
CIMG5273

食事をし始めて暫く経つと、
ステージに生バンドの方々が登場。

丁度、目の前のグループの
誰かのお誕生日という事で、
バースデー・ソングのお祝いや、
リクエスト曲などの演奏がスタート♪
CIMG5271
この時は、ボサ・ノヴァ
「イパネマの娘」が演奏中♪
CIMG5283
スイーツ。
プディング&カステラみたいなもの。
どちらも濃厚で美味しく頂きました。
CIMG5291

アイスなど。
CIMG5293


~全く個人的な感想~

レストランに関して言えば、
テーブル間隔が十分に保たれ、
ゆっくり落ち着いてお食事が出来ます。
生演奏などもあり雰囲気もGOOD。

バフェィに関して言えば、
もう少し品数があれば良かったかな。
お味に関しては、美味しいものもあれば、
いまいちなものも。。。


やぱり、当たり前ですが、
美味しいマカオ、ポルトガル料理は、
専門レストランで味わうに勝るものは
無いのでしょうね!


尚、今回のディナー・バフェィや、
その他アラカルト、ランチ等のメニューは
HPに載っていますので、ご興味のある方は
チェックしてみて下さい。


旅遊学院教学餐廳 IFT Educational Restaurant

・Macanese and Portuguese Dinner Buffet

・Opening:19:00-22:30(Friday)

・Price:MOP280 per adult
         MOP140 per child(4-12 years old)






ベッドルームへ移動します。
エアコンはリヴィングと
1台ずつ設置されており、
温度調節も問題ありません。
CIMG5178
約12畳程の奥行きがあるお部屋に、
キングサイズのベット、ソファ、TV
などがシンプルに配置されています。
CIMG5181
ベッド・サイド。
彫刻が施されたポルトガル風
木製のヘッドフレームが
異国情緒を演出。

赤のアクセント枕も良く映えます。
寝心地もGOODです。

個人的にはベットに横になった時、
壁伝いに響く他の部屋の水回り
の音が少々気になりましたが、
それでも、夜は静かに安眠できました。
34
枕は3種類用意されており、
ベッドにふかふかの羽毛枕各2つ。
クローゼットに柔らか目の低反発枕2つ。
その他、固めの低反発枕もリクエスト可。
CIMG5193

TVはSONYの液晶。
45

チャンネル数もいっぱい。
CIMG5225
ベッドに寝そべって
TVを見るとこんな感じ。
NHKも見れます。
CIMG5227
窓側から入り口の方を。
シーツにシワが入って
しまいました(汗)。
CIMG5307
クローゼット。
トランク置き場兼用ですが、
2人で丁度良い大きさです。

大きいトランク等は
入りませんが(苦笑)。
27

セーフティと収納ボックスもあり。
CIMG5184
ホテルのロゴが入った
ガウンもかかっています。
CIMG5185

スリッパ、アイロン・セットなど。
CIMG5188

クローゼット側から窓を。
CIMG5196
窓際から。
眼下には学校で野菜等を栽培している
空中ガーデン、ハーブ・ガーデン等が
広がってます。
CIMG5195

外に出ると小さなベランダもあり、
CIMG5201
のんびりと、新旧入り混じった
オールド・マカオの風情が楽しめます。
CIMG5488

10年後は、「オールド・マカオ」
の言葉自体、死語になっている
かもですが!?

 

↑このページのトップヘ