JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:MACAU HOTEL > Pousada de Coloane Beach Hotel




7月21日(月)12pm。
チェックアウトの時間になりました。
日本語表記もされ、日本人宿泊者
も多いのかな?
CIMG9824
チェックアウト後、スタッフさんに
タクシーを呼んでもらいます。
CIMG9609

その間、プール周辺をプチ散策♪
CIMG9670

30℃以上で蒸し暑い日ですが、
IMG_1887
このようなお方と遭遇し、
カメラ目線でポージング(威嚇)?
してくれるまで嫌がらせしたり(笑)。
IMG_1893
約10分後、
ホテル・スタッフさんがやって来て、

ス:「タクシー来る気配全然無いです」 (・´ω・`)ゞ


G:「ホテルのヴァン・サーヴィスは?」 ( ´・д・)ン?


ス:「こちらは予約して頂かないと」 ヾノ・´ω・`)


G: (;´-`)。oO(やっぱ、そうか!) 


G&旦:「どうしようか!?」 σ(´・д・`;)


ス:「裏山からバス停まで上って、
  バスに乗った方が早いと思います」 (´∀`)bグッ!!
CIMG9847
結局、トランクを抱えながら、
裏山の階段を上ってバス停
まで行く事に。

この時は、荷物を持って上る事より、
虫(蚊)の方が怖かったです(苦笑)。
CIMG9836
おまけに、こういう時に限って、
gingerは短パン&タンクトップと、
露出度高い格好で、虫除け
スプレーはトランクの底。

危機管理マイナス!くd(ゝ∀・*)
CIMG9851
とりあえず、2人ともダッシュで
途中地点まで上って来ましたが、
既に、この地点で、
長袖&長ズボンの旦那さんが
1か所やられ、
CIMG9853
気持ちだけサッサッと
上って来たgingerも、
CIMG9854
この出口の扉を開ける手前で、
2か所やられてしまいました。 
チ───(;´゚д゚`)───ン
CIMG9855
2分後、なんとかバス道路へ脱出!
目の前には、黒沙海灘方面行き
バス停「竹灣燒烤公園1」と、

もう1つ先に、
ホテル正面へ坂を上ってアプローチする
「竹灣海灘1 PRAIA CHEOC VAN-1」
のバス停があります。

コタイ等からバスに乗って来る場合、
ホテルへの近道は「竹灣燒烤公園1」
のバス停で降り、今と逆ルートになります。
CIMG9856

「竹灣燒烤(バーベキュー)公園」
CIMG9857

コタイ方面行きのバス停は、
少し右へ行った
「竹灣海灘2 PRAIA CHEOC VAN-2」

炎天下の中、バスもタクシーも来なくて、
体を掻きながら待つ事約10分。

「やっと空タク来たー!」

と手を上げたところ、
その後ろからバスも来たりで、

結局、
タクシーに乗ってしまいました(笑)。
CIMG9860
コロアネ村中心辺りは
観光客でいっぱい。
CIMG9863
約10分後、次の滞在先、
「ホリディ・イン・マカオ・コタイセントラル」
に到着。
CIMG9872
お代はMOP45(約600円)のところ、
トランク代MOP3を含めMOP50
(約650円)支払。
CIMG9867

「ようこそ~、お疲れ様~☆」
CIMG9868





7月21日(月)9am。
この日のマカオの天気。
CIMG9813
良く寝たお蔭で、ひいてた
風邪もすっかり治りました。
ヽ(。・∀・。)ノ


宿泊パッケージに
朝食が付いているので、
3階のレストランへ向かいます。


同じく3階にあるプールでは、
丁度、清掃が行われている最中。
こじんまりしたプールですが、
深い所で水深2mです。
CIMG9782

オープン時間は9am-21pm。
CIMG9850
水質状態なども、
ちゃんと管理されています。
CIMG9786

レストランのテラス席の方へ行き、
CIMG9789

朝の竹灣海灘を眺めてみると、
CIMG9817

やはり、泳いでいる人はいた♪
CIMG9816
さて、
朝食の時間は8am-10amです。
CIMG9848
レストランの中は、
結構、お客さんがいる状態で、
中央のテーブルに品数は少なめですが、
バフェィ・スタイルでお料理が並べられています。
CIMG9796

玉子料理、
CIMG9798

ウィンナー、ベーコン、
CIMG9799
点心、お粥、サラダ、
フルーツ、ヨーグルトなど。
CIMG9802
壁際のカウンターには、
パン、チーズ、コーヒー、紅茶など。
CIMG9800
アップルとオレンジ・ジュース。
いずれも業務用のものですが、
個人的には、朝食の中で
1番美味しく頂きました(笑)。
CIMG9797

こんな感じで持ってきました。
CIMG9795


CIMG9805
お粥は味の付いていない
プレーンなタイプ。
CIMG9810


~全く個人的な感想~

宿泊パッケージに付いている朝食とはいえ、
美味しいブランチを頂いた同じレストランとは
思えないくらい、お味は雲泥の差。( 'ノo')

ま、こんなものかと思って頂きましたが、
ブランチが美味しかった分、
ちょっと期待し過ぎちゃいました(苦笑)。





お部屋の位置。
ホテルHPからの予約サイトには、
お部屋の広さは25㎡と記載されて
いますが、個人的には、お部屋中
の白い壁、自然光の明るい陽射し、
バルコニー付きの解放感なども
相まって、30㎡以上の広さに
感じます。
CIMG9629
お部屋の中に入って、入り口方向を。
左側がバス&シャワー・トイレ・洗面
が一緒の3ポイント・バスルームの入り口。
CIMG9633

更にお部屋の中から入り口方向を。
CIMG9638
室内は、殆どポルトガルの古典的彫刻
が施された家具で統一されたインテリア。
逆光で申し訳ありません。
CIMG9644
まず、バスルームへ。
可愛らしいアズレージョが壁一面
に貼り巡らされ、シンクはダブル。
CIMG9622

バスタブはジェットバスで、
CIMG9624
写真では分かりにくいと思いますが、
凄く広いです!

大きな方でも手足伸ばして入れます。
水圧、水漏れ等も問題無し。
隅っこ、チョコっとカビてますが(苦笑)。
CIMG9626
アメニティは一通り揃っています。
シェーヴィング・キットも。

バス・アメニティはホテル専用プロダクツ。
フレグランスは全体的に優しい香りで、
「牛乳石鹸」に少し柑橘系が入った感じ(笑)。
CIMG9652

クローゼット。
CIMG9635
2人で丁度良い広さですが、
3日以上の滞在なら苦しいかな。
CIMG9636
バスローブも完備。
貴重品ロッカーが無いのが
ちょっとイタイです。
CIMG9637
キング・サイズのベッド。
メーカー不明ですが、
ふかふかで寝心地良く、
枕も羽毛で柔らかいです。
CIMG9642
ベッド・サイド。
ここら辺のインテリアが
少し日常的でしょうか(苦笑)。
CIMG9646
ハウス・ワインとオープナー、
スナックも用意されています(有料)。

このハウス・ワイン、まぁリーズナブル
で(MOP120+で約1,700円)、
ドライ&フルーティなお味で美味しいですよ♪
CIMG9611

免費のコーヒー&紅茶。
IMG_1771

スリッパ。
IMG_1885

椅子に座って正面を。
CIMG9648
TVはSONYのBRAVIA。
大きさは失念しました。
IMG_1773

チャンネル数。NHKも入ります。
CIMG9779
デスク右側のサイドボードは、
トランク置き場兼ミニバーが
収納されています。
CIMG9650
デスク周辺。
免費の水2本と、
引き出しの中には
「旅マカオ」最新号が!

ルーム・サーヴィスは
22pmまでOK。
CIMG9640

フリッジの中。
CIMG9655

バルコニーの方を。
CIMG9649

バルコニーからの眺め。
IMG_1788
2~3日滞在するなら、
冷蔵庫で冷やしたワインや、
ルーム・サーヴィスを頼んだりして、
心地良い海風と波の音を聴きながら、
のんびり過ごすのもイイですね。
IMG_1792
いちおう、虫除けも持って来ましたが、
蚊などの虫は入って来ませんでした。

しかし、もし、ホテル周辺を散策されるなら、
携帯虫除け、虫除けスプレー等は
この時期マストです。

裏庭で2か所やられました。(TOT)
CIMG9772

お部屋の鍵。
IMG_1806


騒音問題も無く、
ゆっくり休めたのですが、
明け方、山の方から微かに、
オオカミのような野犬?
の遠吠えが聞こえました(笑)。

後、お部屋でのWiFiは弱く、
結局、レストラン等で繋げていました。
┐(´・∀・`)┌




7月20日(日)13pm過ぎ。
シェラトン・マカオをチェックアウトし、
次の滞在先のホテル、
「竹灣酒店 ポウサダ・デ・コロアネ」
までホテル前からタクシーで向かいます。

待つ事約5分で乗車。


G:「唔該去 竹灣酒店 呀
  ムゴ-イ ホイ チョクヴァン
   ザウディン ア」

運:「OK」
CIMG9596
約10分後、
「竹灣酒店 ポウサダ・デ・コロアネ」
に到着♪お代はHKD40(約520円)
のところ、トランク代MOP3を入れ
MOP45支払(約600円)。
CIMG9677
今回は、前回の4月に訪れた時のように、
ホテル・エントランス前のこんな坂道や、
CIMG8283
こんな坂道も歩いて上らず、
楽々タクシーでやって来たので、
( ̄ー ̄)b
CIMG8287
改めて、4月に撮影した
ホテルのパネル写真と、
CIMG8261
外観写真と一緒に、
ホテルの概要を少し、
ホテルのFace Bookから(笑)。

「竹灣酒店 ポウサダ・デ・コロアネ」
1977年開業。客室数28室。3階建て。
ポルトガル人オーナーが個人の邸宅
だった建物を改装してスタート。

各部屋にプライベート・バルコニーが備わり、
のんびり海を眺めながら過ごす事が出来る、
伝統的なポルトガル・スタイルの4星ホテル。

個人的には、美味しいポルトガル料理
レストランも併設されているので、
プチ・オーベルジュ的な印象も受けます。
CIMG8278
この日の天気予報。
10:15amの時点で28℃。
CIMG9583
ホテル・エントランス前の
レストランのテラス席。
CIMG9732
体感温度32℃以上の
カンカン照りの暑さでしたが、
今の東京の方が暑いかぁ!((( ´゚Д゚)
CIMG9598
テラスから「竹灣海灘」の眺め。
パラッと泳いでいる方々も
いらっしゃいます。
IMG_1741
左側がホテルのレストラン。
突当りの白い建物の方へ進み、
IMG_1745

ホテルのプールの方へ。
CIMG9602

こじんまりしたプール横に、
CIMG9603

ホテルのフロント&入り口があります。
CIMG9605
中に入って、フロントの様子。
チェックイン時間14pm前
でしたが、チェックインOK。

ここのスタッフさん達は、
レストランを含め、皆、
グリーンのポロシャツ
を着たフレンドリーな
方々です♪
CIMG9671
お部屋には自力で、
フロント横の階段を
降りて向かいます。
CIMG9667

階段を降りた2階には、
CIMG9669
フリーPCが置いてあったり、
ちょっとした休憩スペース
も設けられています。

因みに、お部屋でも
フリーWiFiが使えます。
CIMG9661
今回、ginger達のお部屋は
スーペリアで2階。

スタンダードのお部屋は
更に階段を降りて1階へ。
CIMG9668
ちゃっかり2ショット撮影を(笑)。
この方の横から廊下へ。
CIMG9664
廊下の白い壁には、アズレージョの
コバルト・ブルー、お部屋の木製の
ドアがシックに映え、ここら辺から
「ポルトガル情緒」が濃くなって
きます(笑)。

床もタイルでひんやり涼しいです。
CIMG9656
壁にはポルトガルの絵皿も
いっぱい飾られています。
CIMG9657

お部屋の前に到着♪
CIMG9631



↑このページのトップヘ