JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: SYDNEY EAT&TRIP




14:50pm。
オペラハウスとハーバーブリッジの中間に位置する埠頭
サーキュラーキーにやって来ました。

フェリーに乗りたい!という突発的な衝動で、
対岸にあるタロンガ動物園まで行く事に(笑)。

なお、自分達はオパールカードを購入しちゃいましたが、
フェリー料金と入園料などがセットになったお得なパス
も販売されています。

CIMG2373

タロンガ動物園行きフェリー乗り場 Wharf 2 。
30分おきに出航しています。

CIMG2374

フェリー到着。

CIMG2376

先客の降船を待って乗船。

CIMG2377

船内の様子。

CIMG2378

カラッとした気持ちの良い天気なので、
ここはやはりデッキシートに着席。

CIMG2379

出航~♪

DSC06694

反対側のハーバーブリッジと、

DSC06695

その上の人々など。
高所恐怖症の方でも大丈夫でしょうか!?

DSC06543

約12分のセーリング後、

DSC06719

タロンガ動物園フェリー乗り場に到着。

CIMG2465

上の方にある動物園入口までは、
ケーブルカーでもアクセス出来ますが、
この時は結構並んでいたので、

CIMG2400

オパールをピッとタッチしてバスで向かいます。

CIMG2393

約3分乗車後、
動物園入口に到着。

CIMG2395

今年2016年で開園100周年との事。
おめでとうございます!

CIMG2397

入園料(AUD46/大人)を払う際、受付の方に、
「もう少しでコアラの餌時間(15:30pm~)だから急いで!」
と言われ、

CIMG2398

とりあえず、教えてもらった方角とマップを頼りに、

CIMG2399

コアラのところへ。

CIMG2402

スタッフさんの説明を聞きながら、
生まれて初めて”動いているコアラ”を見る事が出来ました♪

DSC06736

その後、閉園まで約1.5時間の間、
アップダウンがある道をゼイゼイ駆け回りながら、
なんとか半分ぐらい?回る事が出来ました。

DSC06752

園内には本格的なアスレチックや、

CIMG2425


CIMG2421

ハーバーを一望出来る絶景ポイントも多々あり。

CIMG2448

次回はお得なパスを購入して、
ゆっくり歩きながら回ってみたいです(苦笑)。


タロンガ動物園(日本語詳細)


開園時間:9:30am-17:00
年中無休



11:00am。
シェラトンホテル前のハイドパークへ。
CIMG2238

目の前には、ポップシンガーソングライター T. S 似の
メッチャ綺麗な人がこんな格好で歩いています!

こちらも、
「シドニーに来て良かったわ~!」
と思ったオヤジのひと時です(笑)。

オーストラリアのカソリック総本山の前で、
下世話な自慢話をお許し下さい。(*-艸・*)

DSC06623

あと、やはり、移民が多い国の特徴で、
公園には子連れの方々が多く、

CIMG2251

若いエネルギーが満ち溢れています。

CIMG2270

セントメアリー大聖堂へ。

CIMG2255

19世紀初頭に建築着工がはじまり、
火災や財政難などを経て、およそ100年後の
1928年に完成したネオゴシック建築様式の教会。

CIMG2262

教会の裏には、オージーにとって春を告げる花、
綺麗な紫色のジャカランダが咲いています。

CIMG2258

教会から来た方を。

DSC06638

お次は、教会左側向こうの茶色い建物、
1820年代に建てられたオーストラリア最古の博物館へ。

CIMG2265

途中、
「Cook+Phillip Park Aquatic and Fitness Centre」
などもあり、

CIMG2274

大人から子供まで、
楽しそうに泳いでいる姿を見る事が出来ます。

CIMG2268

オーストラリア博物館に到着。

しかし、自分達がダウンロードした観光アプリの情報(いつのだ?)
より入館料が+$3値上げされ、$15≒1,200円になっている為、
急遽、無料で観れるアートギャラリーに方向転換する事に。

あいかわらず、無教養でセコくてすいません。(。・∀・。)ゝ

CIMG2273

再び、セントメアリー大聖堂の方へ。

CIMG2266

その奥のART GALLERY RD を進んで、

CIMG2277

日差しは強いけど、
カラッとした気候なので木陰は涼しいです。

CIMG2279

15分後、アートギャラリーNSW に到着。

CIMG2289

館内には、印象派のセザンヌから前衛派のピカソまで、
モダンアートを代表する素晴らしい作品の数々が展示されています。

CIMG2294

特別展以外、
全て無料で鑑賞できるところも非常に有り難い。

CIMG2295

アボリジニアートは勿論の事、

CIMG2332

世界中から集められた素晴らしい作品が鑑賞出来ます。

CIMG2339

そして、この時は、たまたま、
幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、
月岡芳年の明治時代の傑作「月百姿」の
展覧会が開催されており、こちらもタダで
鑑賞させて頂きました(感TOT激)。

※江戸東京博物館所蔵

CIMG2305

浮世絵100枚それぞれに「月」が描かれています。

CIMG2307

「月百姿 金時山の月」

CIMG2306

サックリ観賞したつもりですが、
結局、2時間ほど滞在する事に。

モダンアートが好きな方なら、
1日余裕で滞在出来ると思います♪


Art Gallery of New South Wales

Opening hours:Every day 10am until 5pm
On Wednesdays until 10pm for Art After Hours
 (except 21, 28 December)
Closed:Christmas Day and Good Friday

※特別展、ファシリティなどによる時間の違いあり



今年最後の記事は、
シドニー旅行記ダイジェストで締めくくらせて頂きます♪

今回の滞在ホテルと気温。
SPF50の日焼け止めとラッシュガードぐらいでは、
全然日焼け止め効果がありませんでした(笑)。
CIMG2522

ホテルはラウンジ付きのプランで滞在。
飲食内容が充実していたので、
物価の高いシドニーでの滞在費を節約出来ました。

CIMG2038

ホテルのリフトはキーカードタッチ方式。
ラウンジでマッタリした後などは、
乗った後に慌ててキーカードを探す事もしばし。  

そんな中、乗り合わせた見ず知らずの方々が  

「プーッシュ!プーッシュ!」  

と手拍子をつけながら応援してくれたりで、
些細な事だけど、ヴェリー オージー!
と感動しました。(・∀・)

CIMG1957

とりあえず、ホテルに着いて、
アーリーチェックイン後、お上りさん観光でここに。

DSC06549

綺麗な海と空、太陽、
そして、何よりも潮風がサイコーです。

これは、もう、
私もずっと知り合いから聞かされていたように、

「黙ってここに来てくれ!」

としか言い様が無いですネ。(ノ∀`)

それだけ感動しました。

CIMG2369

周囲のレストランのランチ相場は
AUD20前後でしたが、

CIMG2079

お土産屋さんなどで売られている
ソフトドリンクの相場はAUD5≒400円~。

因みに、こちらのペプシライムは
AUD5.95≒480円。


購入時、頭がボケており、
アメリカドル感覚で1.95≒200円と
勘違いして、レジでAUD5を渡すと、


レジの方:「もっとお金持っていませんか?」


私:「えっ!?あっ!すいません!!!
  今朝シドニーに来たばかりなので(大恥)」


すると、後ろに並んでいた方々から
ポンポンと肩をたたかれて、


方々:「私達はここに住んでいるけど、
   しょっちゅう間違っているから大丈夫よ、
   マイディア」


レジの方も含めて、店内にいる方々皆爆笑。


感動を通り越して住みたくなりました。(・∀・)

CIMG2109

因みに、ホテル横のコンヴィニだと
もう少し安くなります。

ま、それでも高いですが(苦笑)。

CIMG2517

アーガイルカットなどをチラ見して、

DSC06573

橋を渡ってカジノへ。

CIMG2124

渡ったところから街の方を。
街の中心部シドニータワーから約1.5km、
歩いて20分ぐらいの距離にあります。

CIMG2134

THE STAR CASINO。
規模はマリーナベイサンズの3分の2ぐらいですが、
一通りのゲームが揃っており、ミニマムAUD15~50が主流。

客層も良く、のんびりした雰囲気です。

ライヴゲームも2コーナー設置されており、
1つは114人収容の大型。

ゲームは大小、ルーレット、バカラが
選べるようになっており、ミニマムAUD10~。

ここでは調子が良く、小さく外して大きく勝ち、
約30分で滞在費分を勝ち逃げ。

ただ、年間トータルは、
ヴィトンの財布2つ分の負けとなりました。(-公- ll)
CIMG2128

カジノの目の前。
いい天気なので、芝生に寝転がって日光浴をしている人も多く、

一進一退しながら賭けている旦那さんの所へ行って、

「こんな時にカジノで遊んでいるなんてアホやで!」

と早々にカジノを後に。

自分が調子悪かったら、ずっとカジノに
引きこもっていたと思いますが。(・∀・)

CIMG2127

再び、オペラハウス近くへ。
ハーバーではクルーザーパーティーなども多く開催されており、

DSC06659

公園では裸足で歩いている人々や、

CIMG2352

裸の人々なども。(*≧m≦)

CIMG2351

ピカソやセザンヌなどの巨匠絵画も
無料で鑑賞できる美術館へ行ったり、

CIMG2288

フェリーで渡った所すぐにあるタロンガ動物園では、
生まれて初めて動いているコアラを観たり。

DSC06732

カジノも含めて、すっかり
シドニーの虜になってしまいました。

これでもう少し近場で、
物価が安ければ言う事ないのですが(苦笑)。

そして、少し早いですが、
皆様、今年もいろいろお世話になりました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

次回の更新は年明け3連休以降を予定しています。

 





 空港からスカイバスでサザンクロス駅まで

5:30am。
メルボルン国際空港(タラマリン空港)
国際線ターミナル2を出ると、右方向にタクシー乗り場、
CIMG2620
 
その先ターミナル3前に、
スカイバス チケットブース(売り場)があります。
ここまで徒歩3min。

※スカイバスの乗り場、チケットブースはT1, T4にもあります。
CIMG2622

料金はチェックして来た値段から更に+AUD1値上げされており、
大人1人片道AUD19≒1,500円。

因みに、帰りはホテルからタクシーでメルボルン空港まで。
乗車時間約20min、AUD58≒4,600円。

この時間、サザンクロス駅でホテル行のミニバス乗り換えに
結構時間を要したので、2人以上の方ならタクシーの方が
便利で時間も短縮出来ます。

CIMG2623

乗り場はチケットブースの後ろ。
只今6:00am前なので、
通常の運行間隔10minではなく15min間隔ですが、

CIMG2625

5:40am。
待つ事約5minでスカイバス到着。

CIMG2627

運転手さんにチケットを見せて乗車。

CIMG2630

連接バスで車内は広いです。

CIMG2632

ラゲージラックに荷物を置いて出発。
空港を出ると、4車線の道をビュンビュン飛ばして行きます。

CIMG2637

行く事はないだろうけど、
車窓から見えた観覧車「メルボルンスター」など(笑)。

CIMG2639

6:05am。
サザンクロス駅地下バスターミナルに到着。
ここまでの乗車時間約25min。

CIMG2640

 サザンクロス駅からミニバスでホテルへ


待っていたスカイバスの係りの方にホテル名を告げると、

係り:「A couple of minutes(数分)で来るからちょっと待っててね」

と言われます。

経験則からこのA couple of minutes(数分)≒20~30minかな?
と判断しましたが、

やはり20min待ちました。(´-д-)-3



待っている間、ターミナル内の長距離バス
Greyhound グレイハウンド(キャンベラ行き)、
FIREFLY ファイヤーフライ(キャンベラ、シドニー行き)
のチケット売り場や、
CIMG2644

コインロッカーなどをチェックしながら時間を潰します。

CIMG2647

コインロッカーはいろいろなサイズがありますが、

Sサイズ:エコバックサイズ AUD10
Mサイズ:SとLの中間 AUD12
Lサイズ:手荷物預入トランクサイズAUD14
XLサイズ:その他大きいサイズ、自転車などAUD16

いずれも24Hまでの料金。その他3H料金の設定あり。

結構、高いっすね(汗)。

CIMG2646

6:20am。
数人の乗客を乗せてミニバスが到着。
乗客の方々はここでスカイバスに乗り換えて空港へ。

CIMG2643

6:25am。
運転手さん曰く、
まだ乗客が来るかもしれないから、もう少し待って
と言われますが、結局、乗客は私達だけのまま出発。

CIMG2649

6:30am。
5min乗車後、ヒルトン メルボルン サウス ワーフに到着。
空港からここまで1Hかかりました(苦笑)。

CIMG2786

ホテルロビー入ってエントランス外を。
外はまだ暗いです。

CIMG2654

6:30am。
フロントデスクに向かうと、
ラッキーな事にすぐチェックインOK。

ヒルトンゴールド会員のベネフィットとして、
ラウンジアクセス、朝食は1Fのレストラン併用で
今からご利用下さいとの事(感謝)。

残念ながら、朝食より睡魔が勝ってしまいましたが。

CIMG2657



↑このページのトップヘ