JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:JAPAN TRIP > HAKODATE



13:30pm。
函館駅前から空港までシャトルバスで移動します。
CIMG4453
 
料金は車内で前払い410円。

CIMG4420

時刻表。
15~30分間隔で運行しています。

CIMG4421

約20分後、函館空港に到着。

CIMG4456

チェックインカウンターで荷物を預けます。

CIMG4457

カウンター脇に飾られた様々な形の折り紙飛行機。

CIMG4464

2Fの展望待合室。

CIMG4467

木育コーナーなど。
辺り一面、木のいい匂いが漂います。

CIMG4469

利用しなかったけどカードラウンジもあり。

CIMG4480

ラウンジ インフォメーション。
各社殆どゴールドカード会員以上の方が
無料で利用出来ます。

CIMG4479

3F展望デッキ。

CIMG4476

立待岬方面が望めます。

DSC04819

帰りのJL586便。機材767-300。

CIMG4474

搭乗Gateへ。

CIMG4484

お見送りの方と搭乗までお話し出来るもしもしコーナーなど。

CIMG4485

帰りはJAL SKY NEXT 本革シートでした。
ふかふかゆったりとした作りで、
やはり座り心地が良いですネ☆

DSC04825


 




17:25pm。
函館ロープ―ウェイ乗り場。

CIMG4189
 
大人往復1,280円。
2人ならタクシーで上ってもさして変わらない料金の為、
最初はタクシーを探してみたのですが、見つからず。
諦めてロープ―ウェイで向かう事になりました(苦笑)。

CIMG4190

並びます。

CIMG4191

最大乗車人数125+1人。

CIMG4193

こんな感じで満員で向かいます~。

DSC04782

久しぶりに上ってみると、
このような北海道新幹線ビュースポット
なるものも新たに設けられておりましたが、

CIMG4208

あいにく遠くは曇っている状態。

CIMG4196

体感温度10℃以下。
薄手のダウン1枚では”しばれます~”。

CIMG4206

18:10pm頃の展望台の様子。
夜景にはまだほど遠い為、
1番前のポジションも取れる状態。

CIMG4212

その時の景色。

CIMG4194

18:40pm頃。
薄暗くなるにつれて混雑してきました。
この時点で、1番前のポジションはどこも全滅。

CIMG4216

19:00pm頃。

CIMG4239

移動に困難を極める状態に。
この辺りから、夜景以前に、

「どうやって後ろに出来た人だかりを掻き分けて脱出しようか?」

と心配になってきました(苦笑)。

CIMG4241

コンデジ撮影ではこれが限界。

CIMG4255


CIMG4249

結局、麓までケーブルカー乗車時間3分を含めて
所要時間30分。

∴25分は並んだ事に(苦笑)。

CIMG4264

日本人観光客も多かったけど、
それ以上に外国人観光客の多さにビックリ致しました。
 




11:30am。
雨もすっかり止んだので、
サックリ五稜郭公園内を散策。

DSC04455
 
丁度、1週間前にここへ来た方に、

「桜満開だったよ」

と教えて頂いたので、
やはり、この時は全体的に7分落ちぐらい(苦笑)。

CIMG3965

1部満開の桜の木々を観賞した後、
一旦、ホテルへチェックインしに戻ります。

DSC04485

15:00pm。
ホテル近くの市電駅「五稜郭公園前」から路面電車で
メジャー観光スポットが集結する「十字街」まで。

CIMG4054

八幡坂。

DSC04561

函館山麓では、まだ満開状態の桜の木々も点在。

DSC04606

坂を上って、

CIMG4067

多くの紳士淑女の方々が挑戦している
逆立ちに自分達も挑戦してみますが、
でんぐり返しが関の山でした。(ノω=`)

CIMG4069

旧函館区公会堂へ。

DSC04679

入館料300円払ってGo。

CIMG4108

館内では、ドレスや燕尾服などを1着20分1,000円
でレンタル出来るサーヴィスや、

CIMG4116

記念撮影スポットなども設けられています。

CIMG4117

2Fの130坪ある大広間へ。

CIMG4138

ベランダへ。

DSC04644

遠くの方はちょっと曇っていますが、
この景色を見て、

「函館山へ上ってみよう!」

という事になりました。

CIMG4156



↑このページのトップヘ