JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:JAL搭乗記 国際線 > NARITA-TAIPEI TAOYUAN




11:05am。
本館端の方にある搭乗ゲート67Aへ。

去年の7月と同じく、フライトの前後に
お得な国際線乗り継ぎ便(羽田ー沖縄)を、
日にちを切り離してくっ付けて発券した
最後のフライトです。

このルールが改悪されて非常に残念だけど、
お陰でダイヤになれたようなもんだから、
今まで感謝。

CIMG8511

FLIGHT SUMMARY
■Gate:67A
■Airline:JL
■Flight Number:JL805
■Aircraft type:Boeing 737-800
■Cabin Class:Business
■Seats: JAL SKYLUXE SEAT
■Schedule(local time):
  NRT 11:15am- TPE 14:35pm
■Flight Time:4h20min

CIMG8510


CIMG8513

JAL SKYLUXE SEAT
■Seating configuration : 2-2
■Seats:12

201702jl8051

お席に座って機内誌などをチェック。
機内の様子などは前回と同じなので、
以降、簡単に流して行きます。

CIMG8524

観たい映画は多々ありましたが、
また中途半端な鑑賞になってしまいそうな為、
今回はスル―致します。

CIMG8521

そして、この日は日差しが強く、
旦那さんが座ってすぐ窓のシェードを下したのですが、
何のお咎めも無く、下ろしたまま出発したので、

後にチーフパーサーさんに、

私:「シェードを下ろしたまま出発して大丈夫でしたか!?」

とお聞きしたところ、

CP:「安全が確認出来ていればシェードを下したまま
出発しても大丈夫です」

と教えて頂きました。

ま、私みたいな飛行機ド素人にとっては、
飛行機博士のいそぎ旅さんに教えて頂かなければ、
シェードの上げ下げ自体に意味がある事すら
分からなかったのですが。

また1つ勉強させて頂きました。m(_ _)m

CIMG8534

ほぼ定刻通り出発して、
約45分後、ドリンクの配膳スタート。

アルコールメニュー。
CIMG8535

エドシックを頂きます。

201702jl8053

機内食メニュー。
旦那さんは洋食をチョイス。

CIMG8530

今回も総じてブリリアントなお味との事。

CIMG8540

私は和食をチョイス。

CIMG8531

こちらも、個々の素材の旨味が上手に引き出されており、
とても美味しく頂きました。

CIMG8541

お料理に合わせてお酒は、
宮城の地酒「伯楽星(はくらくせい)純米大吟醸」
をチョイス。

こちら日本酒特有の香りはほとんどしませんが、
あっさり飲みやすく華やかでフルーティーなお味なので、
意外と洋食にも合いそうです。

沖縄線もそうだけど、このような短いフライトなら、
滅多に頂けない品々を頂けるフライト、例えば、

・JALと行く滅多に飲めない地酒利き酒フライト
・JALと行くミシュラン3つ星フライト

などの機内飲食ツアーを募集したら、
どこかの列車みたいにすぐに完売するかしらん?

などたわいもない事を考えている内に、

201702jl8052

14:30pm。
予定よりチョイ早で到着してターミナルへ。

しかしながら、イミグレで結構待ち、
201702jl8055

15:10pm。
荷物をピックアップして、空港の外へ。

CIMG8550

この時はまだ桃園MRTは開通しておらず、
タクシーでホテルへ向かいます。





今回の搭乗ゲートは第2ターミナル本館67A。
こちらは去年12月に新しく増設されたスポットです。
出国審査場からの所要時間は徒歩約6~8分。

※画像は成田空港HPから拝借させて頂きました
jl805gate67a
 

歩きますよ~。

CIMG7445

10:55am ゲート前に到着。
丁度、搭乗も開始。

今回も、前回同様、来年3月までJALさんから販売されている
JALビジネススペシャル 週末ステイ21:75,000円(諸税込)/人
を利用したフライトです。

搭乗1か月前に同じスケジュールのエコノミークラス販売価格を
JAL HPでチェックしてみたところ、ほぼ同額だったので、
繁忙期はまぁお得でしょうか!?

もっとも、このチケットを購入した今年1月の
エコノミークラス販売価格は約45,000円(諸税込)。

ま、修行を考えなければ、
早く予約出来るならエコノミーの方、
利用出来るならLCCの方がお得ですよね。

CIMG7448

FLIGHT SUMMARY
■Gate:67A
■Airline:JL
■Flight Number:JL805
■Aircraft type:Boeing 737-800
■Cabin Class:Business
■Seats: JAL SKYLUXE SEAT
■Schedule(local time):
  NRT 11:15am- TPE 14:05pm
■Flight Time:3h50min

CIMG7447

JALスカイラックスシート
■シート配置:2-2
■シート数:12席


旧式なのでモニターやデスク周りが少々狭く感じますが、
シートの座り心地は羽田ー台北松山間などで導入されている
JALスカイリクライナーとさして変わらずフカフカです。

ま、いずれも4時間程のフライトなのであっという間です。

CIMG7451

左側のひじ掛けの中にモニター、
その下にMAGICコントローラーなど。

CIMG7454

右側のひじ掛けの中のテーブル、シートコントローラーなど。
所々に傷が目立ち、年季の程が伺えます?

CIMG7483

モニターがちょっと小さいですね。
タッチパネルではありません。

CIMG7487

ルートマップ。

CIMG7495

機内誌。

CIMG7458

エンタメ雑誌など。

CIMG7457

ほぼ定刻通り出発。

CIMG7479

シャンパーニュ&ワインリスト。

CIMG7465

その他の飲み物リスト。

CIMG7472

早速、シャルル エドシック ブリュット レゼルヴ N.V.
 を頂きます。

20167taiheid1

ランチメニュー・和食。

CIMG7469

洋食。

CIMG7468

私が頂いた和食は、どれも手の込んだバラエティ豊かなメニュー。
個々の素材そのものの味が堪能出来るよう、薄口で上品な味付け
に仕上げており、魚介もご飯もふっくら柔らかく美味しいです。

握り寿司をセーブしてきた甲斐がありました。(*-艸・*)

CIMG7499

こちらは旦那さんが頂いた洋食。

CIMG7501

超久しぶりに和牛ビッシリ食べれて感激との事。(笑´・艸・)

CIMG7505

私は、ルイ マックス マコン ヴィラージュ2013をおかわり。

繊細なフローラルの香りながら、後味に酸とミネラル感が
しっかり残る辛口白ワインなので、正直、この和食よりは、
洋食の方に合うお味でした。

CIMG7514

離陸3時間20分後。
淡水川河口が見えてきました。

CIMG7526

行こうと思ってたけど、結局、気温38℃、体感温度40℃超の爆熱の為、
行くのを断念した淡水観光名所「情人橋 ラバーズブリッジ」など。

CIMG7528

現地時間13:40pm。
駐機場に到着。

CIMG7536

ターミナル内に入った時刻は13:45pm。
予定より約20分ほど早い到着となりました。

CIMG7538



↑このページのトップヘ