JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: VIETNAM HOTEL




宿泊パッケージには、1名分の60分フットマッサージ
(VND290,000≒1,400円相当)がついていたので、

着いた日に私がフット、旦那さんは60分ボディマッサージ
(VND499,000≒2,400円自腹)を予約。

予約の際、施術者の希望も聞かれるので、

私:女性
旦那:上手な人

とリクエスト。

20168spa1

扉を開けた中の様子。
左側手前にレセプション兼待合室、その横に
カーテンで仕切りが出来る4台のベッドが並んだ施術室、
奥に鍵付きロッカー、更衣室、シャワー&トイレなど。

ま、そんなにラグジュアリー感はないけれど、
プチカワ空間になっています。
CIMG9519

レセプションの様子。

CIMG9522

施術前にサーヴィスの蓮茶と蓮の実の砂糖漬けを頂き、
少しまったり気分に♪

CIMG9524

お茶を飲み終えたら、施術者の方にアテンドして頂き、
奥の更衣室でスパウェアにチェンジ。

CIMG9525

更衣室の中でシルク素材のチューブトップの上着と
ひざ丈パンツのスパウェアを写したもの。

CIMG9526

ウェアを着るとこのような感じになります。
ホテルHPの写真をお借りしました。

ただ、私服のまま施術を受けている方もいたので、
着替えマストではないようです。

footmas1

施術ベッドの様子。
同性同士はカーテンを開けた状態で施術を受けました。

■60分フットマッサージ内訳
前半は上記の写真のように、
バラの花びらを浮かべた足湯に浸かりながら、
上半身を中心に頭、肩、背中、腕などマッサージ。
後半は下半身を中心に足の裏から太ももまでマッサージ。

時々ホットストーンや蒸しタオルなどの利用もあり、
強弱の力加減のリクエストにも対応。

フットマッサージと言いながらも、
一生懸命全身を施術してくれるので、
リラクゼーション効果はそこそこ高いです。

CIMG9531

施術が終わると、
待合室でフルーツなどと一緒にアンケート用紙が渡されます。

甘くてシャキシャキ冷たいスイカを頂きながら、

私はもう少しエッセンシャルオイルなどを利用した
ラグジュアリー感が欲しかったなど。
旦那さんは指圧技術の向上を望むなど。
生意気勝手に評価させて頂きました。

現状、パッケージに付いている利用ならいいけれど、
自腹利用はお勧め出来ないレヴェルです(苦笑)。

それでも一生懸命して頂いたので、
1人VND100,000≒470円ずつチップをボックスに入れて後に。

ま、まだ出来て1年未満のホテルなので、
今後に期待したいところです。

CIMG9532


Marvel Spa
OPENING HOURS Daily from: 10:00 am - 22:30 pm 
Last appointment before 21h30


 




宿泊にはデフォルトで朝食が付いており、
滞在中は毎日フル活用させて頂きました♪

Marvel Restaurant Breakfast 
Opening:6:30am~10:30am

CIMG9325

入ってすぐ横のオープンキッチン。

CIMG9619

入る時はグッドモーニング、帰る時はサンキューと、
毎回スタッフさん達が元気に笑顔で挨拶してくれるので、
こちらも朝からとても爽やかな気分になります。

CIMG9620

平日9:30am過ぎのレストランの様子。
お席は選び放題。

CIMG9364

バフェィカウンター近くに着席。
早速スタッフさんからメニューを渡され、
飲み物はコーヒーをオーダーします。

CIMG9326

朝食は、サラダやハムなどのコールドミール、
ローカルミール、乳製品、プチスイーツ、フルーツ、
パンなどが置かれたコンパクトなバフェィカウンターと、

CIMG9348

32品のオーダー式メニューから構成される
ハーフバフェィスタイルです。

その他、レストランが利用出来ない方用の
お持ち帰りメニューあり。

以下、単品メニュー一覧。

Western Style Meal。
CIMG9330


CIMG9340

Vetnamese Meal。
CIMG9337

Vegeterian Meal。
CIMG9334

Pancake。
CIMG9336

Take away 。
CIMG9328

オーダー式メニューだけでも十分な品揃えのところ、
カウンターのお料理も微妙に日替わりチェンジされ、
連泊でも飽きないように工夫されています。

初日のローカルミール。
ネム(揚げ春巻き)、野菜のフライなど。

CIMG9344

翌日の生春巻き、

CIMG9622

その翌日には韓国風キンパなども。

CIMG9787

こちらも、一応、インターナショナルコーナー
とでも言いましょうか?

前日はジャックフルーツサンド、
この日は野菜とフルーツのヨーグルト和え、ブルスケッタ、
翌日はクスクスなどが置かれていました。

CIMG9626

プチスイーツ。

CIMG9374

翌日のイチゴのジャムが挟まれたケーキなど。

CIMG9790

フルーツも日替わり。
どれもみずみずしくて甘いです。

CIMG9375

ミネラルウォーター、レモネード、スイカジュースなど。

CIMG9791

パンなど。

CIMG9625

こんな感じで持って来ました。

ジャックフルーツサンドなど。
ジャックフルーツと間に挟まれたココナッツミルクで炊いた
モチ米を一緒に食べると旨味が倍増しますね!

旦那さんは臭いと言っておりましたが。。。

CIMG9369

アラブ料理のクスクスなど。
ま、正直、カウンターのお料理は、
フルーツ以外、特筆するものはありません(笑)。

CIMG9792

ここからは、単品オーダーメニューを
独断と偏見で勝手に評価させて頂きます。

こちらは13番のチキン フォー(フォー ガー)。
具材の鶏肉はパサ気味、スープは科調入りながら
最後まで飲み干せる薄味で美味しいお味で、
その他、えぐみの無いフレッシュな香菜、
つるつる喉越し爽快なフォーなどなど、
滞在中に食べた朝食の中で一番美味しかったです。

15番の牛肉のフォー ボーも食べましたが、
個人的にはチキンの方に軍配。

CIMG9371

こちらは旦那さんがオーダーした
18番の牛肉入り焼きそば。

ヴェトナムでは焼きそばの定番とも言える
乾麺を茹でたもの。

私も1口頂いてみたところ、

意外と麺にコシがあり、緑黄色野菜と共に歯ごたえもシッカリ。
全体的に中華ダシ、オイスターソースなどで薄く味付けされた
ヘルシーで美味しいインスタント焼きそばです。

入っている牛肉は、どちらかと言うと、
クジラ肉のようなお味でしたが(苦笑)。

ま、積極的にはお勧めしませんが、
話のネタに食べてみるのも良いかもしれません。

CIMG9380

お次は旦那さんがオーダーした9番の目玉焼き、

CIMG9634

5番のベーコンオムレツなど。
卵料理はまだまだ改善の余地が十分ありそうなお味です。

CIMG9636

こちらは旦那さんがオーダーした30番のマンゴーパンケーキ。

少しマンゴーの酸味があるものの、
生地はそば粉が入ったもっちり香ばしいお味との事。

CIMG9631

こちらも旦那さんがオーダーした
12番のブリオッシュフレンチトースト。

私も1口頂きましたが、見た目と違い、
口当たりふわふわでバターの風味豊かなリッチなお味。

旦那さんはこのフレンチトーストが
朝食の中で一番美味しかったそうです。

このオーダー式メニューのお陰で、
一気に滞在コスパが良くなったと言っても過言ではないでしょう。

お陰で毎日、今日は何のメニューにしようかな?
など選択を楽しみながら美味しい朝食を頂く事が出来ました。

CIMG9799

朝食時のバルコニー。
この時間でも簡単なカフェコーナーが設けられています。

CIMG9350

バルコニーからの眺め。
朝10時過ぎにして既に気温は35℃超。
タバコを吸う人も早々に撤退するほどの蒸し暑さです(笑)。

CIMG9386






22:00pm前。
ホテルのスタッフさん達から教えてもらったレストラン
から帰ってきた際、お礼方々フロントに立ち寄り、

私達:「まだホテルのレストランでコーヒーなど頂けますか?」

と聞いてみたところ、

ス:「本当はもうクローズ時間なんですが、特別にOKですよ!」

と融通を利かせてもらい6階のレストランへ。

CIMG9280

私達が滞在した時は、宿泊者が無料で利用出来るアフタヌーンティーが
火・木・土 15:30pm~17:00pm 6階レストランで開催されており
(時間が合わずに利用出来ず)、


それ以外の曜日、11:30am~22:00pmの時間帯は、 
スタッフさんがいれば、無料でコーヒー、紅茶などの飲み物がオーダー出来、
いなければ、置いてあるインスタントのコーヒーや紅茶、あとクッキーなどが
セルフで頂ける結構アバウトなシステムでした(笑)。

CIMG9076

クッキングクラスも6階のレストランで月・水・金 15:00pm~17:30pm
開催されていましたが、今はアフタヌーンティー共々デイリー開催
とHPに記載。

でも、じゃぁ、お客さんがアフタヌーンティーを楽しんでいる横で
クッキングクラスが同時開催される時もあるって事か!?(・∀・)

cookingclass1

エレベーターで6階に到着。

CIMG9323

ちょっとライトの光が反射して申し訳ありませんが、
夜のレストランの様子。室内の収容人数約30人ほど。

CIMG9284

バフェィカウンター、入ってきたエントランスの方を。

モダンヨーロピアンのインテリアの壁には、
レトロなハノイの街並みが写し出された
モノクローム写真が飾られています。

DSC05537

バルコニーでは喫煙も可。

DSC05533

待機していたスタッフさんに、
朝食時にも頂ける美味しいフレンチバニラ風味のホットコーヒーと、

CIMG9298

アイスコーヒーをいれてもらいます。

CIMG9299

バルコニーのセルフスタイルのカフェコーナー。
インスタントコーヒーとお茶は客室のと同じ物。

滞在中は、わざわざ蒸し暑い中、
ここで温かい飲み物を飲む気には全くなれませんでした(苦笑)。

CIMG9601

オートミールチョコなど。

DSC05535

バルコニーからハンザギャラリアの方を。

CIMG9288

スポーツジムで頑張っている方々がたくさん見えます。

DSC05532

こうやって見ると、さして日本と変わらない光景にも見えますが、
地下にはギッシリ昔ながらの市場がひしめき合っており、

街中至る所でこのような新旧の大きなギャップに驚く旅となりました。

ま、それだけ急速に経済発展が進んでいる事なのでしょうが。

10年後は地下の市場も日本のデパ地下並みになっているかもしれませんね?




ハノイ滞在2日目8月12日(金)
日本時間9:00am過ぎのJPY/VND為替レート。
1円=220.84ドン。
CIMG9307
 
因みに、同時間の1USD=101.955円
ま、着いた前日もこんな感じのレートでした。

CIMG9309

ホテルに着いて、フロントのスタッフさん達から
丁寧にハノイの観光情報を教えてもらった後、

早速、教えてもらったところの1つ、
ホテル周辺のレートの良い両替所まで
ベルさんに案内してもらう事になりました。

CIMG9139

ホテルを出ると、

CIMG9140

目の前は結構な交通量なので、
慣れるまでは結構大変です(苦笑)。

CIMG9651

なので、このようにベルさんに誘導してもらいながらの案内は、
ヴェトナムもハノイも初めての私達には、非常に心強いサーヴィスでした。

CIMG9141


CIMG9144

ホテルから歩いて約3分後。
ハンザ市場横のHà Trung 通りを入ったところの左側25番地、

CIMG9147

宝石&両替商 「Thanh Hoa」さんに到着。

CIMG9155

因みに、この時8月11日(木)日本時間15:30pm過ぎの

マーケット為替レート
■1JPY≒220VND
■10,000ドン≒46円

お店の提示レート
■1JPY=215VND
■10,000ドン=47円


他を回っていないので比較出来ませんが、
空港などで両替するよりは安いと思い、
とりあえず10万円をドンに両替して2,150万ドンをゲット。


※マーケットのレートと比較して、10万円の両替に対し、
日本円で手数料約2,400円(2.4%)を支払った計算です

CIMG9156

なお、ドルやユーロへの交換も勿論OKですが、
日本円→ドン→他通貨と、一回ドンを挟むので、
ややレートが悪くなります。

あと、ドンから日本円への両替もOKですが、
ホテルのスタッフさん達がレートは良くないと言う通り、

帰国前の日曜日に再び訪れて、
前記したレートとほとんど変わらない中
余った1,030万ドンを日本円へ両替したところ、
45,000円+85,000ドン(約400円)となりました。

※10,000ドン≒44円、手数料約4%超の換算なり


ちょっとドンに両替し過ぎちゃいました(苦笑)。



両替商 Thanh Hoa

住所:25 Hà Trung, SHàng Bông,
Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム







お部屋は大通りに面していますが、
ホテルHPのお部屋紹介にも記載されているように、
この大きな窓ガラスはとても防音性に優れており、

日中は時折「プップー」とクラクションが聞こえてくるものの、
深夜はかすかに遠くから聞こえてくる程度。

土曜日早朝を除いて、とても静かに滞在出来ました。

個人的にはこのホテルで1番良かったポイントです。

CIMG9119
 
窓の外の斜め向かいには、主にインテリアショップ、フィットネスジム、
カフェなどが入居しているハンザギャラリアが見えます。

ギャラリアは閑散し過ぎて、地下の市場は密集度が高過ぎて、
どちらも写真が撮れませんでした(苦笑)。

DSC05650

窓の両サイドは開閉式。
開けると湿った熱風と騒音が吹き込んで来ます(苦笑)。

CIMG9642

眼下には、朝から夜までオープンしている家族経営のカフェや、

CIMG9392

その左お隣には路上ネイル屋さん、
ネイル屋さんの左隣には、同じく路上でSIMカードや煙草、
お茶などを販売しているお店、奥にはタトゥー屋さんなど。

狭い区画にお店が密集しておりますが、よく見ると、
ネイルやタトゥーのお客さんがお茶を注文したり、
カフェのお客さんが煙草を買いに来たりと、

相互扶助の経済効果が非常に高いんですね。(・∀・)

CIMG9401

早速翌日、私達もヴェトナムコーヒーを飲みに
お店へ出かけてみました。

CIMG9503

奥の席に座ってホテルの方を。

CIMG9509

メニュー。
コーヒー、チョコレート、ココア、ジュースなど。
その他スイーツ、アルコールなどもあります。

CIMG9506

コンデスミルク入りと迷いながら
2人ともブラックのアイスコーヒーVND20,000≒100円を注文。

コクのある美味しいコーヒーですが、やはり、
ヴェトナムコーヒーはコンデスミルク入りの方が美味しいですね。

CIMG9511

再び、お部屋の窓から路上を。
ハノイ名物、天秤棒を担いで野菜などを売っている方。

DSC05652

ハノイではNa ナー、日本では蕃茘枝 バンレイシ、
または釈迦頭 シャカトウなどと呼ばれる
甘いフルーツを売っている方。

DSC05541

こちらは自転車で、ハノイではNhãnニャン、
日本では龍眼 リュウガン と呼ばれる
ライチに似たフルーツを売っている方。

DSC05689

お花を売っている方。

DSC05611

いろいろな日用品を売っている方。

DSC05627

シクロの方。

DSC05690

スクーター4人乗りの方々。

DSC05681

4人乗りの雨降りバージョンなど♪

DSC05684

そして、時折、このような結構大きなリスが
壁伝いに目の前の木に登りに来る姿を見かけました。

CIMG9645

動きが速いので近くで写す事は出来ませんでしたが。

CIMG9646

リスの後を少しビックリしながら追う猫なども(笑)。

DSC05675

さて、土曜日の朝6:00am前。
ハンザ市場の方から、日本の演歌をもっとポップにしたような
ヴェトナムの民族音楽と共に、ラジオ放送が大音量で流れて来ました。

何を言っているのかは全く分かりませんが、
真剣にしゃべっている口調と、ポップな音楽とのアンバランスさが
妙に可笑しくて、すっかり目も覚めちゃいました。(笑´・艸・)

後でホテルの人に聞いたところ、
新聞代わりにその日のニュースが放送されるそうで、
ハノイだけでなく田舎のあっちこっちでも放送される習慣との事。

お陰で予定外に早く観光をスタート出来ましたが、(´=ω=`)
住んでいる人達は皆こんなに朝早くから起きているのでしょうか?

CIMG9608



↑このページのトップヘ