JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:AIRPORT海外 > HONG KONG




19:00pm、香港国際空港T1に到着。
フライトまで6時間少々あります(苦笑)。
CIMG9724

という事で、
以前から1度行ってみたかった
ターミナル2にある”飛行機博物館”

「航空探知館 アヴィエーション ディスカヴァリー センター」 

へ行ってみる事に致します。

HKAPT2map2

ターミナル1のロビーからターミナル2まで
案内パネルに従って徒歩約5分。


ターミナル2チェックイン ロビー Level 5に到着。
ターミナル1と異なるショップも出店しています。

DSC03772

その上のエンタメ施設が集結しているLevel 6へ 。

インドアゴルフ練習場もあり。

●GreenLive AIR
・Location : Level 6, Terminal 2
・Hours:9:00am-21:00pm

CIMG9775

お目当ての場所に到着。

●航空探知館 アヴィエーション ディスカヴァリー センター 
・Location: Level 6, Terminal 2
・Hours:Weekdays: 11:00 - 22:00 Saturdays
  Sundays / Public Holidays : 09:30 - 22:00
・Admission:FREE

CIMG9734

青いゲート内には、その他、映画館、展望デッキ(HKD15)
などがあり、展望デッキにも行きたかったのですが、
この時は雨の為断念。

DSC03773

館内へ。

飛行機に関する様々なものがコンパクトに
展示されているようですが、ここの目玉展示品
Cockpit Simulator コックピット シミュレーターは、

CIMG9735

Under Maintenance メンテナンス中だったり。。。
まぁ、入場料無料だからしょうがないですね(苦笑)。

CIMG9767

その周辺に展示されている
AIRSPACE MODELS 各社様々な飛行機模型。

DSC03777

エンジン。

CIMG9748

Kai Tak Memories 啓徳空港メモリーズなど。
1925年から1998年閉港までの変遷が写真付きで説明されています。

CIMG9737

こちらは30年代のイギリスの航空機メーカー
デ ハヴィランド エアクラフト社のアンテークキャビン
をリメイクしたもの。De Havilland HD-86。

CIMG9750

さらに説明を読むと、

「第1世代旅客機キャビンの1つで、
座ってみて下さい!ノスタルジックな懐中電灯のもと、
過ぎ去りし日々を感じる事が出来ます・・・」

など書かれています。

当時の写真と説明。
CIMG9752

飛行機に関する知識も感性も無い私など、
実際、座ってみても、せいぜいイカ釣り漁船
に乗っているような気分しか味わう事が
出来ませんでしたが。┐(´д`)┌


こちらは50年代のBoeing 377機内に設けられた
ラウンジシートのレプリカ。
CIMG9761

だいぶボケましたが、アームレストには、
ドリンクホルダーと灰皿が設置されています。

hongkongaircigarT21

当時の写真など。

CIMG9760

70年代~80年代。
ここら辺からシートも現在に近い形になってきますね。

CIMG9743

そして、こちらは、
1999年Boeing 747-400S ファーストクラスに登場した
通称"Betsy"と呼ばれるフルフラットシートのリメイク。

CIMG9763

50年代のラウンジシートを見た後では、
意外にフルフラットシートの歴史は浅いのね?
と思ったり。

HKT2betsy1

こちらもやはり人気のようで、
Under Maintenance メンテナンス中。

シートの生地は破れています(笑)。

DSC03782

それでも、コンパクトな無料施設にもかかわらず、
知識の無い私達でも楽しむ事が出来ました☆


「そういえば、昔は窮屈なエコノミーシートで
多くの方々が煙草を吸っていたんだよなぁ!」


など私なりのプチ温故知新も体感出来ました(笑)。





3月16日(日)14:00PM。
香港国際空港内をぶらぶら
散策している途中、
香港の在りし日々を収めた
写真パネル展示コーナーが
ありました。
CIMG7575

上に貼られている英語
「Glimpses of Hong Kong
Caring Hong Kong」
を直訳して

「香港思いやり一見」

ま、「香港人情」の紹介です(笑)。
CIMG7551

写真右側の遊ぶ子供達
に対して、左側は50年代
油麻地の子供達の写真。

下も同じく50年代の街景色で、
傘と鍵を路上で売っている
親子さんの写真。

ちょっと、
昔の映画を観てるような
感じですよね?
CIMG7547

こちらは70年代
九龍東部の観塘区
牛頭角の街角。

今でもこうやって、
公園で中国将棋象棋
(シャンチー)を打っている
方々がいらっしゃるんでしょうか?
CIMG7561

政府の建てた
高層団地が多い場所で、
昔の香港映画のロケ地で
よく出てくるような場所ですよね。
いやぁ~、ほんと懐かしい(笑)。
CIMG7565

記念撮影スポット。
ノスタルジーは感じても、
この格好での撮影は
ちと微妙かも(笑)。
CIMG7566


でも、なにげに楽しめました♪
羽田でも「昔の在りし日々の東京」
なんて写真コーナーが出来たら
面白いのになぁ。


*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.


その他、
50年代から香港で繁栄した、
プラスチック工場で作られた
「玩具」の展示場もありました。

50年代に香港で流行ったブリキの玩具。
陸上編。
IMG_0670

70年代に入って、
日本のコミックから生まれた
ロボット編。

一番右が
「アストロ・ボーイ(アトム)」
奥の真ん中が「ロボコン」

コレクターの方が見たら嬉しいでしょうね。
CIMG7511

飛行機編。
CIMG7514

反射ばかりの写真で
申し訳ないのですが、
女の子の玩具、
お人形編もありました。
CIMG7515

真ん中に
「電動日本女子打字員」
(電動日本女子タイピスト)
の玩具も。
CIMG7520

どう見ても日本人には
見えませんし、名前も
「ミス・フライデー」
ですって(笑)。

これらの玩具は、香港から
世界中に輸出されていたそうなので、
「日本人=勤勉」と言われていた、
当時を象徴する玩具の1つなのでしょうか?


↑このページのトップヘ