JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: MELBOURNE EAT&TRIP



9:38am。
ダブルツリーホテルのチェックアウトを済ませて、
空港までタクシーで向かいます。
CIMG0117

折しも、天気は小雨模様。
それでも、フリンダースストリート駅のタクシー乗り場まで、
屋根付きアーケードを通ってアクセス出来る為、ほぼ濡れずに
到着出来ました。所要徒歩時間約2分なり。

CIMG0121

通って来た方向を。

CIMG0122

駅の売店など。
朝食に海苔巻や稲荷寿司というのも、意外と乙なものでしょうか?

CIMG0123

タクシー乗り場の前の道路など。

CIMG0124

さて、並ぶ事、約1分で乗る順番がやって来て、
口ひげを生やした、やや強面の白人の運転手さんに、

「トゥー ディ エアポート、プリーズ?」

と言ったところ、

「なに~!?エアポートだと~!?」

と言われたので、てっきり拒否られるのかと思ったら、
次の瞬間、クシャッと笑顔を作りながら、

「エアポート、ウェルカム~、さぁ、乗った乗った!」

という事で、無事に出発進行(笑)。

エアラインとターミナルを告げた後、

「どこまで行くんだい?」と聞かれたので、

「シンガポールまで」と答えたところ、

「俺もよくシンガポールへ行くんだけどさぁ、いやぁ~、
シンガポールって物価高いよね~。特にビールの値段なんて、
パイント AUD14~15ぐらいはするだろう?ここの2倍だもんな~!

俺はさぁ、ポーランドからの移民なんだけど、
ポーランドの俺の街なんて、パイント AUD1~2 ぐらいで飲めるんだぜ!
親戚の何人かは、未だに家でビール作っているから、遊びに行ったら
美味しいビールがタダで飲めるしよ~。

だから、俺はいつも1年に1か月は休みを貰って、
ポーランドに遊びに行くんだ。俺みたいなタクシー運転手でも、
向こうでは5つ星の豪華なホテルに泊まったり出来るんだぜ!」

以下、ポーランドやチェコなどのビール話、それに比例する
物価話が暫く続き、その後、てっきり、私達をシンガポール人
だと思っている運転手さんが気を利かせて、再び、シンガポール
へ話を振ってくれたところで、

「私達は日本人で、これからシンガポール経由で日本に帰るんです」

と告げたところ、暫く間をおいて、運転手さんがぽつり、

「日本もビール安いよね」

と(笑)。

「俺は、日本はトランジットでしか行った事ないんだけどさぁ~、
たまに、ヨーロッパ行の安いチケットが成田経由で販売されてんだよ。
トランジットの間、空港からのツアーに参加して成田山の寺に行った時は、
神聖なスピリッツに感動したね~etc...

で、なんだっけ、イザカヤ?に入ったらさぁ~、
パイントビア(中ジョッキの事)がAUD2≒160円って言うじゃない!?

てっきり、ケミカル(発泡酒)だと思ったら、リアルでさぁ~。
日本って、もっと物価が高いイメージだったからビックリしたね~!」

そこで、すかさず、私が、

「最近だと、パイントAUD1.3≒100円で飲めるお店も結構ありますよ。
もっとも、その分、フードがちょっと高かったりするけど」

と言ったところ、

「うわぁ~!それじゃぁ、ほんと、ポーランドと一緒だな!
じゃぁさぁ~、やっぱ、”俺ら”みたいなのはさぁ~、物価の高い
オーストラリアやシンガポールで働いて、ポーランドや日本で
遊ぶのが一番ベストっつー事だよな!」


10:30am。
こんな状態で、なんだかんだ喋りながら空港に到着。
この時は、朝の渋滞に少々はまり、乗車時間約45分かかったところ、
運転手さんのトークのお陰で、約20分ぐらいに感じました(笑)。
料金AUD57.6≒4,600円なり。

トークの面白さもさることながら、しきりに、
いつもより時間がかかって、料金も高くなってすまない、
と言っている人の良い運転手さんに、とっても楽しくて
勉強にもなったからと、AUD60 を渡してターミナルへ。

実際、ビックマック指数は聞いた事あるけど、
運転手さんがいうビール指数?なるものは、初めて聞いたので、
当っているかどうかは別として、とても勉強になりました。



20:45pm。
滞在2日目にして最終日のディナーは、前日、お店の前を通った際、
そのグリーク情緒豊かな落ち着いた佇まいに魅了されたものの、
既にクローズしていた為、入店が叶わなかった「Tsindos チンドス」
さんへ再びやって来ました。

本当は、旦那さんが本場のオージーステーキを食べたいと
ホテルのスタッフさんに聞いてみたところ、めっちゃ高い
お店ばかり紹介されたという前オチもあるのですが(苦笑)。

CIMG9992

閉店まで約1時間ですが、特にせかされる事も無く、
グリーク美人のマダムにお席へ案内して頂き着席。

店内1Fの客入りはテラス席も含めて約4割りぐらい。
その内、7割りがローカルで残りが私達みたいな観光客といった印象。

CIMG9995

窓際にはグリークの料理本、
俳優さん、女優さんの写真などが飾られ、
CIMG9993

お店の壁にはプロジェクターで
無声グリーク映画が投影されています。

CIMG9994

お店のメニューには創業1970年と印刷されていますが、
お店のHPには1984年と記載されているので、あんまり、
深く考えないように致します(笑)。

CIMG9996

ドリンクメニュー。
とりあえず、旦那さんはオージープレミアビール
Crown Lager AUD 8.5≒680円を。

CIMG9998

私は、お店のマダムにお勧めのグリーク辛口白ワイン
を尋ねたところ、マケドニア産のMakedonikos White
AUD32≒2,600円を勧められ、オーダーしてみます。

CIMG9999

しかし、このマケドニコス、
私には微かな酸味を感じるものの、
フルーティーな甘口ワインでした。(´-ω-`)
CIMG0009

さて、お料理メニューは、まず、冷たい前菜から、
グリーク伝統料理の前菜がちょっとずついろいろ食べれる
Mixed Platter AUD22≒1,800円に、焼きたてのピタパン
AUD 2≒180円を付けてもらいます。

CIMG0006

キュウリ、ガーリック、ミント、オリーヴオイル
などがブレンドされたヨーグルトディップは勿論の事、
タラモサラダ、タコ、オリーヴ、フェタチーズ、
トマトなど、結構ボリューミィーです。

味付けも香辛料控えめながら「ザ・グリーク」を満喫出来、

アツアツでもっちり香ばしいピタパンもGood!
CIMG0015

ただ、ライスなどの具材をぶどうの葉で包んだ
「Ntolmadesドルマデス」やヤギのチーズなど、
酸味やクセのあるお料理も入っているので、
苦手な方は単品オーダーの方がいいかもしれません。

CIMG0021

お次は、大好きなギリシャ版グラタンのようなお料理
「Moussaka ムサカ」が売り切れという事で、
Patates Tiganitessーグリーク版チップス
ヨーグルトディップ添えAUD8≒650円を。

CIMG0007

チップスも甘くてホクホクです♪
ただ、観光客だから故、メルではやはり、グリークレストラン
でもアイオリソースで食べたいものだと思いました。(〃∀〃)ゞ

CIMG0018

お次のワインはアデレード産のスパークリング
Gisa arc Blanc AUD40≒3,200円を。

こちらはキメ細やかな泡立ちのスッキリした辛口です。

CIMG0020

メインはMixed Souvlaki AUD 29≒2,300円を。

CIMG0013

全部1人で完食した旦那さん曰く、
ラム、チキン、それぞれの旨味が凝縮されてとても美味しかったとの事。

ただ、昨日のお店の方がもう少しお肉が大きかったな。。。
と1人ゴチてもおりました(苦笑)。
CIMG0027

その他、2~3名~のグループ宴会メニューや、

CIMG0004

食べなかったけど、スイーツメニューなどもあり。

CIMG0005

お会計はトータルAUD141.5≒11,500円。
今宵は静かに美味しいグリーク料理を満喫させて頂きました。

tsindos2

Tsindos チンドス

Lunch:Mon-Fri 11:30-15:00
Dinner:Everyday 17:00-22:00(LO21:30) 





 Metro BWS

こちらはWoolworths(ウールワース)系のコンヴィニスーパー
Metroと系列のリカーショップBWSが一緒になったお店です。
CIMG9975

メトロの営業時間。

CIMG9979

奥にあるBWSの営業時間はもう少し短く、
平日:9:00~22:00 or 23:00
日曜:10:00~20:00

CIMG0067

広さは日本の平均的なコンヴィニの約2倍ぐらいで、
先ほど訪れたColesより規模は全然小さいですが、
この時は、こちらの方が全体的にチョイ安の印象を受けました。

もっとも、生鮮食品などを購入していないので、
どちらが美味しいかまでは比較できませんが。
CIMG0089


CIMG0090


CIMG0061

実は、先程Colesで購入した同じタコスキットが、
なんと、こちらでは半額で売られており、非常に
悔しい思いをしながら、更に、難平買いを決行(苦笑)。

CIMG0078


CIMG0079

その他、BEN&JERRY'Sのアイス
1 pint AUD11.99~13.99≒1,100円前後。

食べた事がないので高いか安いか評価できず(苦笑)。
CIMG0058

スイーツ、ケーキなど。
ホールケーキAUD30≒2,400円。

CIMG0060

イギリス発祥のポテチSMITH'S 。
日本のポテチ標準サイズ60gでAUD1.5≒120円。
ま、ちょい高な感じでしょうか。
CIMG0068

TimTam オリジナルでAUD3.65≒300円ぐらい。
因みに、ドンキとかで税込み397円で売られています。
個人的にはあんまり安くない印象ですが、

その上の、イタリア老舗ウエハース専門メーカーLoacker
(ローカー)のウエハースチョコレート6P入り1箱はセール中で、
AUD1.99≒160円。

こちらはドンキとかで1P=116円(税込)で売られているので、
知り合い用にまとめ買い。

全然、オージー土産じゃないんですが(笑)。
CIMG0077

ペットボトル1.25Lは安くてAUD1.8≒150円~。

CIMG0065

数は少ないけど衣料品も売られており、
オージーソックスブランド BONDSの
アンクルクッションソックス3P AUD7≒560円など。

アウトレットのブランド品より安いじゃん!
という事で、自分用に試し買いしたのですが、

3回ぐらい履いてクッションへたれてしまいました(苦笑)。

CIMG0064

Colesとここのお店は歩いてすぐの距離なので、
お土産購入の場合、2店舗を比較しながらの購入をお勧めします。


お店のMAP





ダブルツリー滞在中、徒歩圏内にオーストラリアを代表する
2大スーパー、Coles(コールズ)とWoolworths(ウールワース)系の
ミニスーパーがあったので、お土産を買いがてら訪れてみました。
まず、最初はコールズから。


 Coles Central Melbourne Cbd


週末18:00pm頃。
中心部のスーパーにしては結構大型店ですが、丁度、
ディナータイム前という事もあり、店内はお客さんで混雑しています。

レジはセルフで、自分で決済して、
購入品を備え付けのビニール袋に入れていくタイプ。
CIMG9924

営業時間。
メルボルンのミッドナイトが何時までなのか分かりませんが、
お隣の系列リカーショップが23時までオープンしているので、
それまでは大丈夫でしょうか。

CIMG9925

早速、生鮮食品から Let's have a look♪
ほとんどキロ売りなので、お店のはかりに乗せて値段をチェック。
トマト大玉1個平均200gとして、5個でAUD6.5~6.9≒550円
≒110円/個。あんま、安くないっすね(苦笑)。

CIMG9928

ピーマンAUD5.5~6≒480円。
デカいので1個50gとしてキロ20個ぐらい買えるでしょうか?

因みに、私がいつも買っている小玉1個約30g5個入り1袋80円+
と比べると、1袋換算約10円ぐらい安いって感じです(苦笑)。

その他、玉ねぎネット売りAUD1.9≒150円など。

CIMG9929

リンゴは1個300gとして、約3.3個でAUD3.9≒320円。
ちょい安です。

CIMG9945

意外とタマゴは高いですね!
安い12個入りパックでもAUD4.1≒330円。
free range(放し飼い)でAUD4.6≒370円。

CIMG9934

サプリメントは日本やネット通販より全然安く、品数も豊富です。

CIMG9936

ヘアカラーは種類も値段も日本のスーパー並み。

CIMG9959

お惣菜コーナーへ。
ローストチキン1羽AUD8≒640円。
これは、めっちゃ安いですよね。

CIMG9939

その他、各種お惣菜など。
レストランは高いところが多いので、
スーパーで買って食費を安く押さえるのも1つの手ですよね。

CIMG9940

シーフードなど。

CIMG9941

オージービーフのステーキはAUD13.13≒1,050円(597g)。
100gあたり176円換算。鮮度や美味しさは日本で売られている
のと全然違うと思いますが、意外と日本の特売価格と変わらない
という印象。

CIMG9963

タコスキットはAUD7≒560円。
因みに、家の近所のスーパーで税込710円で売られており、
スーパーのポイントやクーポン等を加味すると、さして安いとも
思わなかったのですが、売られていない味やキットがあったので、
それらをいくつか購入。

CIMG9956


CIMG9957

その他、アイスや、

CIMG9949

ペットボトルのドリンクなど。
ノンシュガーのお茶は「お~いお茶」AUD2.19≒180円のみ。

CIMG9947

ミネラルウォーター500ml AUD1≒80円のところ、

CIMG9948

お店のプライヴェートブランド1.25L AUD75¢≒60円。
夜食にカップラーメンを食べるかも?という事もあり、
迷わずこちらを購入。

CIMG9967

因みに、カップラーメンは、まさに夜食用?
「SUIMIN すいみん」シリーズ4つでAUD5≒400円を購入(笑)。

CIMG9953

ダイエットコーラもプライヴェートブランドを購入しましたが、
こちらはいまいちなお味でした(苦笑)。
CIMG9968


お店のMAP






22:10pm。
フリンダース ストリート駅界隈へ。
DSC07377

F1開催の週末という事もあり、
周辺のファスト フードショップスや観光馬車も大繁盛です。

DSC07379

一旦、宿泊先のグランドハイアットの部屋に荷物を置きに戻り、
その後、ホテル前のラッセル ストリートを北上して、

22:30pm。
ロンズデール ストリートとのコーナーに到着。
stala5

メルボルンはギリシャ国外で最もギリシャ人(英語読みでグリーク)
が多く住む町としても有名で、ギリシャのアテネ、テッサロニキに続く、
ギリシャ第三の都市とも言われておりますが、

以下、面倒なので、ギリシャ=グリース、ギリシャ人=グリーク
と英語読みで書かせて頂きます(苦笑)。

ここ等辺一帯、プチグリーク界隈となっており、

1960年創業の老舗グリーク スイーツカフェ
「International Cakes」や、

CIMG3275


stala6

グリークのお土産屋さんなどが、
レストランと一緒に軒を連ねています。

CIMG9742

そして、今回訪れたのは、週末でも終業時間が比較的早いレストラン
が多いメルボルンの中、時間を気にせずディナーが出来るという事で、

1978年創業の24H営業グリークレストラン
「STALACTITES スタラクティス」さんへお邪魔してみました。

stala1

店内1階も2階もほぼ満席状態の中、
なんとかお席を作って頂き、待つ事少しで着席。

CIMG9774

ワイン、ビール、スピリッツメニュー。

CIMG9759

グリークワイン、べヴァレッジ メニューなど。

CIMG9766

とりあえず、旦那さんはオージービールの
カールトン ドラフト AUD8≒640円を、
CIMG9772

私は、本当はグリークワインが飲みたかったのですが、
担当のウェイターさん曰く、

「ウチの料理に合うお手頃白ワインは、
やっぱり、セッペルトだよ」

という事で、西オーストラリア産
SEPPELT THE DRIVES CHARDONNAY 
のボトルAUD38≒3,000円を頂きます。

フルーティーでやや甘なテイストです。

stala3

お食事は、本日オススメのメニューの中から、
PORK KEFTEDAKIA(ミートボール)AUD28≒2,300円を
スパゲッティ付きでチョイスしたところ、ウェイターさんに
「グッドチョイス!」と言われ、
stala2

もう1品、私が本場のグリースで好きで何回も食べたMOUSSAKA
(マッシュポテト、ひき肉、ナスを重ねたグラタンみたいな料理)
AUD26≒2,000円をオーダーした後、更にもう1品頼もうとしたところ、

「ウチの料理はボリューミィーだし、パンも付いてんだから、
もう十分だよ。ストーップ!」

と止められてしまいました。

そして、オーダー後、改めて周囲のテーブルを見渡してみると、
お皿に山盛りに盛られたチップスの上にSOUVLAKI (肉の串焼き)、
GIRO(ロースト肉のスライス)などのお肉がどっかり乗っかった、
グリーク版ミート&チップスのような、優に2人前ぐらいあるお料理を
皆1人で食べており、大食漢の旦那さんの顔が自然とほころびます(笑)。

CIMG9754

その他、団体さん用、朝食メニューなどもあり。

CIMG9756

すぐに肉団子に付いている自家製グリークブレッドがやって来ました。
ほんのり塩味が効いたモチモチ素朴な美味しさです。

CIMG9776

肉団子も待つ事約10分でご登場。
2人前ぐらいのボリュームです♪

CIMG9777

ムサカはやや小さ目?1.5人前のボリュームです。

因みに、どちらのお料理にもイタリアンパセリが散りばめてあります。

そして、どちらも、これはこれで美味しいお料理なのですが、
完全にオージーナイズされたお味で、本場と比較すると、
香辛料の効きが弱く、やや粉っぽい味に感じました。
それでも、飲んでるワインとの相性はGood。

上手く例える事が出来ませんが、さしずめ、
インド人が日本の一般的なカレーを食べて違いに驚くような感じでしょうか?

CIMG9779

2人でお腹一杯飲み食いして、トータルAUD100。
安くはないけど、いつでも利用出来てそこそこ美味しいので、
今度はお店のシグニチャーメニューのSOUVLAKI 、GIRO
などに挑戦してみたいです☆

stala4

23:30pm。
お店を出る頃はすごい行列が出来ていました。

CIMG9783

Stalactites Restaurant



↑このページのトップヘ