JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:MELBOURNE EAT&TRIP > TRIP



9:38am。
ダブルツリーホテルのチェックアウトを済ませて、
空港までタクシーで向かいます。
CIMG0117

折しも、天気は小雨模様。
それでも、フリンダースストリート駅のタクシー乗り場まで、
屋根付きアーケードを通ってアクセス出来る為、ほぼ濡れずに
到着出来ました。所要徒歩時間約2分なり。

CIMG0121

通って来た方向を。

CIMG0122

駅の売店など。
朝食に海苔巻や稲荷寿司というのも、意外と乙なものでしょうか?

CIMG0123

タクシー乗り場の前の道路など。

CIMG0124

さて、並ぶ事、約1分で乗る順番がやって来て、
口ひげを生やした、やや強面の白人の運転手さんに、

「トゥー ディ エアポート、プリーズ?」

と言ったところ、

「なに~!?エアポートだと~!?」

と言われたので、てっきり拒否られるのかと思ったら、
次の瞬間、クシャッと笑顔を作りながら、

「エアポート、ウェルカム~、さぁ、乗った乗った!」

という事で、無事に出発進行(笑)。

エアラインとターミナルを告げた後、

「どこまで行くんだい?」と聞かれたので、

「シンガポールまで」と答えたところ、

「俺もよくシンガポールへ行くんだけどさぁ、いやぁ~、
シンガポールって物価高いよね~。特にビールの値段なんて、
パイント AUD14~15ぐらいはするだろう?ここの2倍だもんな~!

俺はさぁ、ポーランドからの移民なんだけど、
ポーランドの俺の街なんて、パイント AUD1~2 ぐらいで飲めるんだぜ!
親戚の何人かは、未だに家でビール作っているから、遊びに行ったら
美味しいビールがタダで飲めるしよ~。

だから、俺はいつも1年に1か月は休みを貰って、
ポーランドに遊びに行くんだ。俺みたいなタクシー運転手でも、
向こうでは5つ星の豪華なホテルに泊まったり出来るんだぜ!」

以下、ポーランドやチェコなどのビール話、それに比例する
物価話が暫く続き、その後、てっきり、私達をシンガポール人
だと思っている運転手さんが気を利かせて、再び、シンガポール
へ話を振ってくれたところで、

「私達は日本人で、これからシンガポール経由で日本に帰るんです」

と告げたところ、暫く間をおいて、運転手さんがぽつり、

「日本もビール安いよね」

と(笑)。

「俺は、日本はトランジットでしか行った事ないんだけどさぁ~、
たまに、ヨーロッパ行の安いチケットが成田経由で販売されてんだよ。
トランジットの間、空港からのツアーに参加して成田山の寺に行った時は、
神聖なスピリッツに感動したね~etc...

で、なんだっけ、イザカヤ?に入ったらさぁ~、
パイントビア(中ジョッキの事)がAUD2≒160円って言うじゃない!?

てっきり、ケミカル(発泡酒)だと思ったら、リアルでさぁ~。
日本って、もっと物価が高いイメージだったからビックリしたね~!」

そこで、すかさず、私が、

「最近だと、パイントAUD1.3≒100円で飲めるお店も結構ありますよ。
もっとも、その分、フードがちょっと高かったりするけど」

と言ったところ、

「うわぁ~!それじゃぁ、ほんと、ポーランドと一緒だな!
じゃぁさぁ~、やっぱ、”俺ら”みたいなのはさぁ~、物価の高い
オーストラリアやシンガポールで働いて、ポーランドや日本で
遊ぶのが一番ベストっつー事だよな!」


10:30am。
こんな状態で、なんだかんだ喋りながら空港に到着。
この時は、朝の渋滞に少々はまり、乗車時間約45分かかったところ、
運転手さんのトークのお陰で、約20分ぐらいに感じました(笑)。
料金AUD57.6≒4,600円なり。

トークの面白さもさることながら、しきりに、
いつもより時間がかかって、料金も高くなってすまない、
と言っている人の良い運転手さんに、とっても楽しくて
勉強にもなったからと、AUD60 を渡してターミナルへ。

実際、ビックマック指数は聞いた事あるけど、
運転手さんがいうビール指数?なるものは、初めて聞いたので、
当っているかどうかは別として、とても勉強になりました。



 Metro BWS

こちらはWoolworths(ウールワース)系のコンヴィニスーパー
Metroと系列のリカーショップBWSが一緒になったお店です。
CIMG9975

メトロの営業時間。

CIMG9979

奥にあるBWSの営業時間はもう少し短く、
平日:9:00~22:00 or 23:00
日曜:10:00~20:00

CIMG0067

広さは日本の平均的なコンヴィニの約2倍ぐらいで、
先ほど訪れたColesより規模は全然小さいですが、
この時は、こちらの方が全体的にチョイ安の印象を受けました。

もっとも、生鮮食品などを購入していないので、
どちらが美味しいかまでは比較できませんが。
CIMG0089


CIMG0090


CIMG0061

実は、先程Colesで購入した同じタコスキットが、
なんと、こちらでは半額で売られており、非常に
悔しい思いをしながら、更に、難平買いを決行(苦笑)。

CIMG0078


CIMG0079

その他、BEN&JERRY'Sのアイス
1 pint AUD11.99~13.99≒1,100円前後。

食べた事がないので高いか安いか評価できず(苦笑)。
CIMG0058

スイーツ、ケーキなど。
ホールケーキAUD30≒2,400円。

CIMG0060

イギリス発祥のポテチSMITH'S 。
日本のポテチ標準サイズ60gでAUD1.5≒120円。
ま、ちょい高な感じでしょうか。
CIMG0068

TimTam オリジナルでAUD3.65≒300円ぐらい。
因みに、ドンキとかで税込み397円で売られています。
個人的にはあんまり安くない印象ですが、

その上の、イタリア老舗ウエハース専門メーカーLoacker
(ローカー)のウエハースチョコレート6P入り1箱はセール中で、
AUD1.99≒160円。

こちらはドンキとかで1P=116円(税込)で売られているので、
知り合い用にまとめ買い。

全然、オージー土産じゃないんですが(笑)。
CIMG0077

ペットボトル1.25Lは安くてAUD1.8≒150円~。

CIMG0065

数は少ないけど衣料品も売られており、
オージーソックスブランド BONDSの
アンクルクッションソックス3P AUD7≒560円など。

アウトレットのブランド品より安いじゃん!
という事で、自分用に試し買いしたのですが、

3回ぐらい履いてクッションへたれてしまいました(苦笑)。

CIMG0064

Colesとここのお店は歩いてすぐの距離なので、
お土産購入の場合、2店舗を比較しながらの購入をお勧めします。


お店のMAP





ダブルツリー滞在中、徒歩圏内にオーストラリアを代表する
2大スーパー、Coles(コールズ)とWoolworths(ウールワース)系の
ミニスーパーがあったので、お土産を買いがてら訪れてみました。
まず、最初はコールズから。


 Coles Central Melbourne Cbd


週末18:00pm頃。
中心部のスーパーにしては結構大型店ですが、丁度、
ディナータイム前という事もあり、店内はお客さんで混雑しています。

レジはセルフで、自分で決済して、
購入品を備え付けのビニール袋に入れていくタイプ。
CIMG9924

営業時間。
メルボルンのミッドナイトが何時までなのか分かりませんが、
お隣の系列リカーショップが23時までオープンしているので、
それまでは大丈夫でしょうか。

CIMG9925

早速、生鮮食品から Let's have a look♪
ほとんどキロ売りなので、お店のはかりに乗せて値段をチェック。
トマト大玉1個平均200gとして、5個でAUD6.5~6.9≒550円
≒110円/個。あんま、安くないっすね(苦笑)。

CIMG9928

ピーマンAUD5.5~6≒480円。
デカいので1個50gとしてキロ20個ぐらい買えるでしょうか?

因みに、私がいつも買っている小玉1個約30g5個入り1袋80円+
と比べると、1袋換算約10円ぐらい安いって感じです(苦笑)。

その他、玉ねぎネット売りAUD1.9≒150円など。

CIMG9929

リンゴは1個300gとして、約3.3個でAUD3.9≒320円。
ちょい安です。

CIMG9945

意外とタマゴは高いですね!
安い12個入りパックでもAUD4.1≒330円。
free range(放し飼い)でAUD4.6≒370円。

CIMG9934

サプリメントは日本やネット通販より全然安く、品数も豊富です。

CIMG9936

ヘアカラーは種類も値段も日本のスーパー並み。

CIMG9959

お惣菜コーナーへ。
ローストチキン1羽AUD8≒640円。
これは、めっちゃ安いですよね。

CIMG9939

その他、各種お惣菜など。
レストランは高いところが多いので、
スーパーで買って食費を安く押さえるのも1つの手ですよね。

CIMG9940

シーフードなど。

CIMG9941

オージービーフのステーキはAUD13.13≒1,050円(597g)。
100gあたり176円換算。鮮度や美味しさは日本で売られている
のと全然違うと思いますが、意外と日本の特売価格と変わらない
という印象。

CIMG9963

タコスキットはAUD7≒560円。
因みに、家の近所のスーパーで税込710円で売られており、
スーパーのポイントやクーポン等を加味すると、さして安いとも
思わなかったのですが、売られていない味やキットがあったので、
それらをいくつか購入。

CIMG9956


CIMG9957

その他、アイスや、

CIMG9949

ペットボトルのドリンクなど。
ノンシュガーのお茶は「お~いお茶」AUD2.19≒180円のみ。

CIMG9947

ミネラルウォーター500ml AUD1≒80円のところ、

CIMG9948

お店のプライヴェートブランド1.25L AUD75¢≒60円。
夜食にカップラーメンを食べるかも?という事もあり、
迷わずこちらを購入。

CIMG9967

因みに、カップラーメンは、まさに夜食用?
「SUIMIN すいみん」シリーズ4つでAUD5≒400円を購入(笑)。

CIMG9953

ダイエットコーラもプライヴェートブランドを購入しましたが、
こちらはいまいちなお味でした(苦笑)。
CIMG9968


お店のMAP






20:30pm。
サウスワーフからヤラ川沿いを歩いてクラウンカジノへ。
DSC07304

滞在中はF1グランプリ開催と重なり、
カジノ内も老若男女メチャ混み状態です。

DSC07314

カジノエントランス外に飾られている車など。

DSC07308

場内を散策してみると、昨年、ヴェガスのストリップ界隈で
探して見つけられなかった私の好きなマシーンが、ここでは
昨年来た時の2倍以上に増えており、早速、試し打ちしてみる事に。

※写真は2015年ラスヴェガス モンテカルロ内のカジノ
CIMG0969

結果、約30分間、20ベット中わずか1回、それも自信が無く、
なんとなく賭けたミニマムAUD5≒400円のみ外して、
今回の滞在費分を勝ち逃げ。

自分で言うのもおこがましいのですが、
この時は、正直、笑いが止まりませんでした。

翌日、旦那さんがそれ以上負けて帰って来るまでは。

今回の2人の勝敗:マイナスAUD300≒24,000円なり。ヽ(゚、。)ノ

旦那さんは、暫く喪に服すそうです(苦笑)。

CIMG0972

因みに、写真左のライヴゲ―ミングコーナーは、
昨年来た時同様、閑古鳥が鳴いていたので、
撤退するのも時間の問題かもしれません(笑)。

DSC07316

9:30pm。
カジノを後に、ヤラ川沿いプロムナードへ。

DSC07318


DSC07325

フードコートはメチャ混み、レストランはメチャ高なので、
ここでディナーを食べるのは諦めます(苦笑)。

DSC07332

気温も20℃前後と暖かく、川沿いでは心地良い夜風に
身を任せながらのんびり過ごしている方々も多いです。

DSC07327

そして、更に先を進むと、F1特設会場が設けられており、

DSC07349

ファンやマニアには嬉しい限りのショップや、

DSC07350

車などが展示されています。

DSC07352

レースゲームコーナーなどもあり。

DSC07346

お店を覗いたり、写真を撮ったり、しばし、
ストリートミュージシャンの歌声に耳を傾けたりした後、

DSC07355

22:00pm。
今宵のディナーを求めて、メルボルンの中心地
CBD(Central Business District)へ戻ります。

日が長く時差もある為、
感覚的にはまだ20時ぐらいの感じです(笑)。

DSC07362


 



まだ台北旅行記の途中ですが、先週末行ってきた
メルボルン・サウスワーフにあるアウトレット
DFO (Direct Factory Outlets)へ行った際の記事を、
自分用のメモを兼ねてアップしておきます。


アクセスはホテル目の前の101Collins駅から無料トラムで。
DSC07200

アウトレット最寄り駅まで
11番か48番のドックランズ行に乗車。

DSC07202

約15分乗車後、
本当は2駅ほど手前で降りるところ、
間違って終点で下車(笑)。

DSC07204

周辺に立ち並ぶ高級コンド群を見上げながら、

DSC07207

とりあえず、誰かにDFOまでの近道を聞こうと、
この辺のヴィクトリアハーバー周囲を散策。

観覧車のメルボルンスターや、
DSC07209

エディハトスタジアムなども見えますが、

DSC07211

周辺で見かけた人々は、手前の何語か分からない言葉を
スマホでしゃべっている方と、煙草をふかしながら
寛いでいるレイディースお二方のみ。

意を決して、
グーグルマップと紙の地図を見せながら
レイディースに近づき、

私:「Excuse me~」

レ:「NO!」

まだ、何も尋ねていない段階から拒否られました。(・∀・)
それでも、選択肢がないので強引に、

私:「DFOへ行きたいので近道を教えて下さい」

レ:「私達は、さっき、クルーザーでブリスベーンから
来たばかりだから、この辺全然分かんないのよ」

私:「私達も、さっき、飛行機で東京から来たばかり
で全然分かんないんですよ~」

レ:(´・∀・`)アラマァ

DSC07214

という事で、ローカルのクルーザー仲間に聞いて頂き、
無事、近道をゲット。Thanks!

DSC07210

トラムで2駅戻って行く事も出来たけど、
歩いて向かう事に。

因みに気温は25℃のピーカン天気。

先程のローカルの方曰く、
「これでもだいぶ秋らしくなって来たんだよ~」
と言ってましたが、

寒い東京から来た私達にとっては、
紫外線も含め、まさにボイリング (灼熱)。

なるべく日陰の場所をホッピングしながら
れっつらごー。

2017dfo1

くるくるトルネード型の『Webb Bridge ウェブブリッジ』
を渡ってヤラ川沿いを左方向へ。

DSC07217

約15分で到着♪

DSC07233

DFO(Direct Factory Outlets)

Opening Hours
10:00am-18:00pm
10:00am-21:00pm(Fri)

Stores:More than 180 

Number of floors:3
(Basement&Ground Level&First Level)

昨年隣接しているヒルトンから撮影したDFO。
ま、「Huge (ヒュージ)巨大!」なところです。

CIMG2773

1Fは主にメジャースポーツブランド店がひしめき合っており、
私は、まず、こちらのイタリアブランドDIADORAさんで、
足底クッションアンクルソックス3PをAUD10で購入。

ディアドラさんが好きという訳ではなく、
単に安かったからです(笑)。

DSC07235

その他、プーマ、ニューバランス、ナイキ、
アディダス、アシックス、スピードなどなど。

ざっと見、お値段はどこも同じような感じで、
普通のロゴ入りコットンTシャツでAUD10~15前後。

因みに、1番賑わっていたお店は、
やはりナイキでした。

DSC07244

そして、来る前に日本のセールでいろいろ買ったばかりの
アディダスへ少しドキドキしながら入ってみます。

DSC07242

自分が買ったのと同じものはあまり無かったのですが、
同じものを2着ピックアップしてお値段を比較してみると、

日本で約3,500円で買ったステラスポーツ グラフィック
ロングタイツは、AUD63→30%ディスカウントAUD44。

今回は1AUD≒80円で両替したオージードルを
持参してきましたが、それで換算して同じくらい。

現状、こちらは日本に軍配♪

DSC07238

お次は同じくステラのウーブンショートパンツ。
日本で約2,500円で購入しましたが、
AUD31→30%ディスカウントAUD22。

1AUD≒90円で換算しても約2,000円。

こちらはオージーに軍配♪

ま、こんな感じで、アディダスのセールは
価格変動が激しいので一概に言えませんが、
日本より安いものもありました。

サイズも幅広く揃っており、
1店舗でAUD300以上購入すればTAX10%還付もあるので、
人によってはお得な買い物が出来そうです。

ここでは、日本でなかなか合うサイズが無い
旦那さんのものを購入。

DSC07240

1Fをひと通り見た後、地下へ。
主にフードコート、オージーブランド、
そして、高級ブランドがひしめき合っています。

因みに、3Fは主に家電など。

CIMG9901

日本でお高いオージーサーフブランドは、
そこそこ安い印象。

リップカールのTシャツAUD15~、

CIMG9911

ビラボンの水着2着まとめてAUD50、
トップス&アンダー2着でAUD60など。

因みに、手前で売られているロンTシャツAUD10は、
全くイケてないものばかりでした(笑)。

CIMG9913

オージーブランドじゃないけど、
オニール、ロキシーのロンTシャツAUD20~。
ま、日本で買うより安いです。

CIMG9912

そして、オージーを代表するファストファッションブランド、
コットンオンのTシャツAUD5~。

私はここで大人買い♪
って言っても、トータルAUD20ぐらいですが(苦笑)。

CIMG9915

私がチマチマ購入した中で、
まぁ、お得だったかな?の3着はこんな感じ。

ショーパン:ヴォルコムAUD20
Tシャツ:リップカールAUD15
タンクトップ:コットンオンAUD5

特に日本では高くてなかなか手が出ない
ヴォルコムさんのショーパンは、
めっちゃ柔らかくて穿き心地が良く、
今回、ここに来て良かったなと思える1品。

CIMG0319

ただ、勢いで買っちゃったものもあり、帰国後、
DFOのお隣で開催されていたボディビルの大会
「アーノルド クラッシック オーストラリア」
に参加されていた人々の、ほんの僅かでも
爪の垢を煎じて飲まねば、とても着こなせない
自分のリアルな体型にも直面しています(大汗)。

CIMG9891



↑このページのトップヘ