JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: AIRPORT LOUNGE 海外



17:35pm。
とりあえず、シャワー浴びに、
カンタスシンガポールラウンジへ向かいます。
CIMG0218

この時は、エントランスを入ってすぐのところで、
イヴニングカクテルらしきものが振る舞われており、
2人とも「やったー!」と言いながらそれぞれ頂くも、

CIMG0219

モクテル(ノンアル)でしたわ~。
それでも、どちらも清涼感ある美味しいお味で、
旅の疲れが一気に取れました。(。-艸-。)

CIMG0220

そして、シャワーを浴びながら、
ラヴェンダー系のピュアエッセンシャルオイルをたっぷり含んだ、
オーロラスパのバスアメニティに癒され、気分もリフレッシュ!

CIMG0222

ひと風呂もとい、シャワーを浴びた後は、
早速、一杯と行きましょう♪

完全に、おっさんモードでスイマセン。(*≧∀≦)ゞ
CIMG0225

本日のダイニングメニュー。
チキンラクサとアジアン風エビのコールスローサラダをアテに、
CIMG0226

スパークリングワイン
「Morgan's Bay Sparkling Cuvee, South Eastern Australia」
でカンパイ!

しかし、残念ながら、今回のこのワインも、
私にはちょい甘なお味だった為、1杯で終了
させて頂きました。m(_ _)m

CIMG0227

ラクサとサラダ。
ラクサはやはり鉄板なお味。
サラダもフレッシュパパイヤの酸味が
程よくアクセントになり、食欲をそそります。

ただ、この時は、それ以外のバフェイカウンターに並べられた
フードに食指が湧かなかった為、更なるお酒とフードを求め、

CIMG0230

ブリティッシュ ラウンジへ。
2人ともイギリス料理が好きな為、飛行機に乗らないのに、
いつもフードばかり漁りに来て申し訳ありません。(´>∀<`)ゝ

CIMG8233

※2017年1月撮影
CIMG8237

奥のビジネスセンター側のお席に着席。

CIMG0247

この時のフード、スイーツなど。

CIMG0250

ここのサンドイッチ、いつもこうやって出しっぱな割には、
意外とパンがシットリしているんですよ。

CIMG0252

品数は少ないけど、そこそこ美味しいものが揃っており、

CIMG0253

好みのお酒をセルフで作れるところも気に入っています。

CIMG8239

こんな感じで、今回も美味しく頂きました☆

CIMG0255




10:35am。
国際線T2のカンタスカウンターで、
ほとんど並ぶ事も無く、手荷物を羽田まで預けます。
CIMG0125

ターミナル内に設けられたシャンドンさんのブースなど。
免税店にたくさんご用意しております~と♪

CIMG0126

出入国マシーンのスマートゲートで、
来る時同様、チャチャッと出国完了。

出国前に書かされた出国カードも、
入国カード同様、このようなボックスに投函して終わり。

果たして、本当にチェックされているのだろうか!?

因みに、空港に着いてからここまでの所要時間約30分なり。

CIMG0127

制限エリアマップ。
前回、ここのお土産ショップに、結構お洒落なTシャツが
売られていたので、今回もお土産で買って行こうと思っていたところ、

CIMG0130

只今、ショップス大規模リニューアル工事中でした。
免税店もチラ見したけど、そんなに安くなかったので、
CIMG0135

サッサとラウンジへ移動する事に。

CIMG0143

ゲート9番の最寄りエスカレーターを上って、

CIMG0141

カンタスファーストラウンジ内へ。

CIMG0145

中からエントランス方向を。

CIMG0147

ライブラリーなどのシーティングエリアを通って、

CIMG0146

ダイニングへ。

CIMG0148

前回もお世話になったスタッフさんにアテンドされ、お席へ。

CIMG0166

今回は、さすがにに身分証明書を見せろと冗談は言われず、
「Perrier-Jouët ペリエ ジュエ」を頂きます。
CIMG0160

朝食メニューはこんな感じ。
この時間(11am)からはコースメニューも頂けましたが、
2人共お腹が空いていなかった為、旦那さんは単品メニューを注文。

CIMG0150

ドリンクメニュー。

CIMG0151

旦那さんが食べたオムレツ。

CIMG0158

中はフレッシュハム、トマトなど。

CIMG0159

私は、セルフのカウンターからペストリーズなどをチョイス。

CIMG0163

1口頂いて、全部旦那さんへ。
普通に美味しかったです。

CIMG0165

あと、この日は、残念ながら、
飛行機撮影日よりではなかったので、

CIMG0153

ボーディングまで、
TVでサッカー観戦などしながらラウンジで過ごしました。
CIMG0152





8:30am過ぎ。
ターミナル3のゲート4と5の向かい側にある
カンタスビジネスラウンジへ。
CIMG9673
 
エントランス。

CIMG9638

中に入り、エスカレーターで2階へ。

CIMG9639

乗る際、ふと、脇に立てかけてあるパネルを見てみると、
ラウンジNGドレスコードが掲示されています。

当方、この時、Head to toe(頭の先からつま先まで)、
アディダスbyステラマッカートニー全部セール品
という出で立ち(笑)。

ちょっと、1番左の「gymwear」に該当しそうで、
やばいっすね。
CIMG9640

とりあえず、エスカレーターを上り、
案内に従ってレセプションへ。

CIMG9643

窓から見えるターミナル3出発ロビーなど。

CIMG9644

しかし、何のお咎めも無く、無事チェックイン完了。

他にも自分みたいなジムウェアの方々を見かけたので、
過度な露出がなければOKな今日この頃でしょうか!?
CIMG9646

ラウンジ内の様子。
窓側から入って来たエントランス方向を。

広いラウンジとは見聞きしていましたが、正直、
広すぎてどこから撮っていいのか全然分からないという事と、

CIMG9650

180度広がる大きな窓から様々なカンタス機材が望めるので、
ファンの方にはたまらないラウンジだという事は良く分かりました。

CIMG9656

バフェィカウンター、

CIMG9653

バリスタがいるカフェカウンターなど。

CIMG9652

アルコールはお昼から。

CIMG9669

シャワールームは4室。

この時は、2人共すぐ利用出来ましたが、
混雑時は待つ事必須な印象です。

CIMG9663

廊下の棚からタオル類一式、シェーヴィングキット、
歯ブラシが入ったビニール袋を取って中へ。

CIMG9668

シャワーの水圧はやや弱めで、
体感水温は37~38℃といったところ。

ラウンジ内は冷房が効いて涼しいので、
体が温まるまで結構時間がかかりました。

CIMG9664

バスアメニティはオーストラリアを代表する
「オーロラスパ」のスパプロダクツ『ASPAR』

柑橘系アロマで気分をリフレッシュ。

CIMG9666

フードはあまりお腹が空いていなかったので、
こんな感じで簡単に頂きました。

写真撮り忘れちゃったけど、
バリスタさんにいれてもらった
本格的エスプレッソがとても美味しかったです。

CIMG9658





21:00pm過ぎ。
チャンギ国際空港にやって来ました。
CIMG8195

プレミアチェックインラウンジを利用して
約10分で出国。

軽くお食事がてらカンタスのラウンジへ。
CIMG4920


CIMG8224

この時のワインラインナップ。

白ワイン:
Whale's Tale Sauvignon Blanc(New Zealand)
Saltram 1859 Chardonnay(Australia)

スパークリング:
Seppelt Fleur De Lys Chardonnay Pinot Noir(Australia)

CIMG8208

赤ワイン:
Woolshed Cabernet Sauvignon(Australia)

など。

CIMG8209

個人的にどれも甘かったりやや重に感じる銘柄の為、
今回はビールを頂きます(笑)。

CIMG8205

この日のダイニングメニュー。

・エビ入り大根餅
・クミン風味の牛肉野菜添えサンド

など。

CIMG8204

1品ずつオーダーして、旦那さんとシェアしてみましたが、
大根餅は味が薄く、サンドはクミンたっぷりの味付け。

タダで頂いておきながら言うのもアレですが、
どちらも微妙なお味でした。( ´゚m゚)アレマッ

CIMG8226

という事で、
2次会と称してブリティッシュラウンジへ。

CIMG8233


CIMG8237

ここのラウンジは、
スピリッツの品揃えが豊富で、

CIMG8239

カクテル用の調味料なども揃っているので、

CIMG8256

チップスを頬張りながら自分好みの
マイカクテルを作れちゃうところがお気に入りです♪

CIMG8255

あと、イギリス本国同様、
香辛料の効いた本格的なカレーなども。

CIMG8241

その他、
サンドイッチ、フルーツ、チーズ、ツイーツなど。

CIMG8242

サンドイッチはパサ気味でしたが、
チキンティッカマサラやペンネなど美味しく頂きました。

CIMG8247

 



8:00am過ぎ。
免税店で簡単な買い物を済ませて、
上にあるカンタスのラウンジへ。
CIMG2559

レセプション。

CIMG2564

ファーストラウンジのエントランス。

CIMG2592

中へ。
この時は結構混んでおり、
また、シドニー滞在中で1番日本語を耳にしました(笑)。

CIMG2562

カンタスファーストラウンジお決まりの
反転フラップ式出発案内表示機。

CIMG2561

軽くラウンジ内を散策。

CIMG2563

メルボルンのファーストラウンジより1回り大きな印象です。
ま、その分、混んでもいますが。

CIMG2591

バーカウンター。

CIMG2565

軽食&ドリンクなど。

CIMG2584


CIMG2585

レストランのお席の様子。

CIMG2567

窓からの景色。

CIMG2575

搭乗予定のJL772便など。
来た時同様、機材はB777-300。

CIMG2576

なんとか空いているお席を見つけて着席。

CIMG2568

すぐに、係りの方がメニューを持って来てくれます。

CIMG2577

Breakfast Menu。
(Click the menu to enlarge)

CIMG2570

Wine List。

CIMG2571

Beverages。

CIMG2572

早速、2人共、滅多に飲めないシャンペーンをオーダー。
この時の銘柄はテタンジェ。

抜栓仕立てでキンキンに冷えていて美味い!

CIMG2582

旦那さんはメルボルンのラウンジで食べて感動した
「エッグベネディクトwithスモークサーモン」を再び。

23

私は、ここのシグニチャーブレックファースト、
「ポーチドエッグwithベーコンetc..」を頂きます。

CIMG2581

どれも美味しかったのですが、
殊の外、肉厚ジューシーなベーコンと
焼きたてフカフカのブレッドが美味しかったです。

「ランチやディナーはどんな感じなのだろうか?」

などと、また利用してみたいが為だけに
旅行プランニングしてしまうようなラウンジです(笑)。

Sydney-Qantas Lounge

Location Airside, Level 3,
enter via escalators  
Hours 05:00 to 22:00


↑このページのトップヘ