JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:JAPAN EAT > TOKYO




今回は、ちょっと旅行記を休憩して、
お洒落なお店が多い東京・中目黒の中、
去年から私の中で一際レトロな異彩を放っていたお店、
『もつ焼き でん 中目黒店』へ行ってきたレポです。

来店前に簡単にお店情報をチェックしてみたところ、
オープンは2015年4月、お席はカウンター24席のみ、
本店は水道橋との事。


そして去年の年末、たまたま開店前のお店の前を
通りかかったので、意を決して、週末の営業時間
などを聞きに入ってみたところ、


お店:「週末は平日に比べて仕込みの数が少ないんで、
    遅くても18時までに来店してもらわないと
    品切れになっちゃうんっすよ~」


私:「了解っす~~」


と言いつつ、内心、
(開店から4時間でネタ切れかよ!?スゲー店だな!)
と驚きながらその日は帰路へ。

中目ローカルの知り合いにお店の事を聞いても、
誰も知らないと言うので(苦笑)、
CIMG9263

2月の土曜日17時過ぎ、
旦那さんと一緒にお店にやってきました。

店内ほぼ満員御礼の中、
なんとかカウンターに2席作って頂き入店。
CIMG9262

店内の様子。
厨房を囲んでコの字のカウンターの角席に着席。

上に串メニューがかかっていますが、
赤字の札は既に「売り切れ」という事で、
この時の串メニューは4つだけ!

BlogPaint

なので、午後7時にお席を予約しても、
既にお店がクローズしている可能性大(笑)。

CIMG9283

飲み物のメニュー。

CIMG9270

お料理のメニュー。
豚のもつ焼きの他、牛の刺身や煮込み、自家製の品々など。

CIMG9266



CIMG9267

とりあえず、営業時間を聞きにお店に入った際、
お店のお兄さんが一生懸命、大量の酎ハイグラスの淵に
カクテルのように塩を塗り付けていた光景がとても印象的
だったので、2人ともそのグラスを使ったレモンサワー
380円+を頂きます。

シロップらしきものを数滴垂らしたグラスに、
角切りレモン、三重県の株式会社宮崎本店の
亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎、通称「キンミヤ」
のシャーベット、そして、炭酸の勢いが凄い
コダマサワーのセットでご登場。

混ぜ合わせてゴクゴク飲んでみたところ、
かすかな焼酎とシロップの甘さを、塩が上品に、
そして、のど越し爽快に引き立たせてくれています。

いやぁ~、飲みやすくて困っちゃうお味です(笑)。

201702den3

お料理は、ペッパーが効いて大人味の
自家製マカロニサラダ300円+、

CIMG9285

トロトロに煮込まれた和風ビーフシチュー
のようなお味の牛もつ煮込み450円+、

CIMG9297

そして、レバ140円+を2本注文。

CIMG9286

レバは串から簡単にスルリと外せて、
臭みも無くプリプリとてもまろやかなお味。

お皿の淵にてんこ盛りに盛られた、
紅生姜の味が効いた赤味噌を付けて、
また違ったお味が楽しめます。

CIMG9288

お次は、上にバターをたっぷり乗せて焼かれた
ブレンズ(脳)420円+。

お値段は少々お高めですが、
タラの白子を香ばしく炙ったようなお味を少々彷彿させる、
とてもマイルドでクリーミーなお味です。

CIMG9300

串を取った状態は少々グロいかもですが、
一食の価値大いにアリのお品です。

CIMG9302

お酒と一緒にお料理も
まだまだジャンジャン行かせて頂きます♪

牛はつ刺し480円+。

CIMG9304

とてもフレッシュ&プリプリです~。

CIMG9306

レバとろ刺し380円も同じく。
レバが苦手な旦那さんでもペロリと食べれるお味です。

CIMG9317

アミレバ串(タレヴァージョン)200円+2本。
これ本当にレバ?と思うくらい、甘辛いタレと
香ばしく焼かれたお肉のハーモニーが絶妙な
食べごたえあるお味。

レバ嫌いの方にも是非お勧めしたい1品です。

CIMG9312

お料理が出来るまでの待つ間、
すぐ食べれるメニューも数品注文してみました。

味じゃが100円+。
お味はもつ煮込みと同じですが、
CIMG9318

中まで味が染みてホクホクです。

CIMG9319

味たまご150円+も。

CIMG9330

豚なんこつの煮込み380円+。
塩味ベースの味付けで柔らかく煮込まれた
軟骨本来の旨味がたっぷり味わえるアッサリ上品な1品。

CIMG9324

頼んでいた品々がやってきました♪

ハムカツ380円+。
大きめな衣がサクサク&アツアツとても香ばしい1品です。

CIMG9322

レバカツ2本で320円。
カウンターに置かれたブルドックソースをかけて、
懐かしい昭和の味で頂きます(笑)。

CIMG9396

気づいたらチューハイのレモンも
おかわりし続けてこんなに!

※頼めば新しいグラスに交換してくれます
CIMG9320

あと、別の日に行ってとても美味しかった
味噌漬けチーズ280円+もついでアップ(笑)。

多分、普通のプロセスチーズだと思うのですが、
ふんわり柔らかな味噌の風味とチーズのコクが
楽しめるリッチな1品です。

これと、ハムカツと、豚なんこつ煮込みが、
まだお店のメニューの半分以上ありつけていない現状、
個人的ランキングベスト3を占めています(苦笑)。

CIMG9367

結局、小1時間程滞在させて頂き、お会計。
※半分以上酒代です(恥)
201702den4

ご馳走様でした。
いつか、頑張って開店と同時に伺わせて頂きます~。

CIMG9346

18時過ぎ、近くの目黒川へ。
この後、2次会へ行こうにも、
お店の匂いが体中に染みついちゃっているので、
大人しく帰路へ(笑)。

CIMG9349


もつ焼 でん 中目黒店(食べログ)


営業時間
平日:16:30pm~23:00pm(L.O22:30pm) 
土日祝:14:00pm~売り切れ次第 
支払い:現金のみ
喫煙:可 
 



昨年の11月上旬、早くも「忘年会」と称して、
旦那さんと2人、渋谷ではちょっと有名なお店に
一見(いちげん)で訪れてみました。
CIMG6408


お店の場所は、道玄坂を上がって、

CIMG6174


こちらの大きな看板を
右に曲がり「道玄坂小路」へ。

CIMG6175


昭和30年創業の老舗台湾料理店「麗郷」さんの

CIMG6178


横の坂を

CIMG6185


すぐ手前左へ曲がります。

CIMG6186


お店の前に到着。

CIMG6195


昼間のお店看板。

CIMG6405


18時過ぎに、

「予約していないんですが2名行けますか~?」

と扉を開けると、

奥の方から
マスターのテノールな声が、


「え~っ、予約してないの~?
   以下どうしようかなぁ?ブツブツと続いた後、
   まっ、いいかぁ~。カウンターでいい?
   狭いけどさ~」


お店入った辺り。
写真右の奥には、
4人掛けテーブルが
4つ置かれた空間が広がり、
CIMG6209


入り口付近は
カウンター席になっています。
こちらのカウンターは4人席。

CIMG6200


ginger達が案内されたのは、
その反対側のカウンター席。
キツキツ3人座れるかな?
ってスペースです。

各テーブルには
お通しのスナックと
灰皿が置かれています。

CIMG6198


早速、マスターから
熱々のおしぼりを頂き、
旦那さんはビール¥700円を注文。

CIMG6212


gingerは頼んでいないのに、
マスターからサーヴィスで
小ビールを頂きます(タダ)。
これ飲みながら注文考えろと。

実は、ビールあんまり好きじゃ
ないんですが、
渋々、ひとくち、、、

「うまい!」

程よく冷えたグラスに注がれた
冷たいビールときめ細やかな泡。
寒い季節なのに、一気に半分も
飲んでしまいました(笑)。
旦那さんも家のビール飲めないわと(爆)。

CIMG6214


お店のドリンク・メニュー。
ビールの余りの美味しさに、
その他のお酒への期待度も上がります♪
持ち込みもOKでお代¥2,000円。

CIMG6218


gingerはとりあえず
ワインを注文しますが、
チリの「サンライズ・赤」
¥3,500円のみとの事。

ちょっと甘いかなぁ~?
など思案していると、

マ:「こんな感じで飲んだら?
   ウチではみんなこうやって飲んでるよ」

G:: 「エ~ッ!」 (´゚Д゚`))))

CIMG6228


ワインより原価高そうな氷¥600円割り(笑)。

CIMG6234


生まれて初めて、
赤ワインに氷を入れて飲んだのですが、
このワインは氷を入れて飲んだ方が
美味しいですわ。 ┐(´・∀・`)┌

CIMG6229


知り合いの方からは、
「面白いマスター」と伺っていましたが、
忙しい中でも、お客さん全員への
気配りは抜かり無く、おしゃべりしながらも
こまめにグラスやお皿を交換してくれます。


少し経って、
マスター、何か面白い話して~!
と空いていた後ろのカウンター席も
常連さん達で塞がり、
予約無しで訪れた人達は
入り口で断られたりしています。
ginger達はほんとラッキーでした♪


カウンター越しには、
レストランバーと謳うだけあって
自家製のお料理メニューも
たくさん貼られています。

CIMG6210


お食事1品目は、
マスターお勧めの
自家製「レバー・パテ」
¥1,000円を頂きます。

CIMG6220


バターで蓋をされたパテは、
優しいお味で臭みも無く食べやすいです。

バゲットは某有名店のものだそうで、
バターを塗ってカリッと焼き上げた
香ばしいものと2種類サーヴ。
バゲットは食べ放題。

CIMG6225


2品目は脂の乗った
自家製「スモーク鯖」
¥1,000円

CIMG6222


熱々でジューシーな肉厚の身に、
レモンを絞って頂きます。
「うまい!」

CIMG6224


自家製「グラタン・小サイズ」
も追加¥1,200円。
やはり、バゲット食べ放題付。

CIMG6244


グラタンのサイズは、その他
大¥1,800円、中¥1,500円とありますが、
この小サイズでもモッチリ&ボリューミィーです。
魚介類のエキスがしみ込んだ濃厚なお味。
どれもお酒が進む味で困っちゃいます(笑)。


この時、マスターから、
こんな風にグラタンをかけて
食べるともっと美味いからと、
炊き立ての五穀米らしきものを
サーヴィスされます。

マ:「美味しいだろ?」

旦那:「うん!」

すっかり、マスターの息子状態です(笑)。

CIMG6261


で、gingerも薦められますが、

G:「お酒飲んでいる時、
  ご飯食べるの嫌いなんだよね」 (〃*`Д´)


マ:「何ぃ~!そんな食わず嫌い言わないで、
  騙されたと思って食べてみろ。美味いぞ~!」


G:「いらねぇ~!」 (乂Д´)


マ:「食べろ~~~!」 ヽ(`Д´)ノ


約30秒後、結局、
マスターの義理の娘状態に。 ┐(´・∀・`)┌

無理強いするだけあって、
上品でとても優しいお味です。('σェ')

しかし、ワインと一緒にご飯を
食べたのも初めてです(笑)。

CIMG6259


ここら辺でワインがカラになり、
どうしようかなぁ~?とメニューを眺めていると、

マ:「他の酒が飲みたいんなら、下の酒屋さん行って
   買って来な。持ち込み代は¥2,000円だから、
   一升瓶でも買って来なw」

しばし、外出して¥1,000円ぐらいの
辛口スパークリングを買って来ました。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥


その間に旦那さんがオーダーした
自家製「スモーク鱈子」¥1,200円。
一緒に添えられている大根の桂むきと青葉、
CIMG6257

そして、海苔と醤油を使った
オリジナルな食べ方を、
旦那さんがマスターから
教わったそうですが、、、

写真は教えてもらった食べ方と
全然違っています(笑)。

これも初めて食べたんですが、
以外にアッサリして臭みも無く、
上品なお味で美味しいですね~。
しょっぱくも無く、コクのある鱈子です。

CIMG6254



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥


2本目のワインもカラになったので、
またまた坂の下の酒屋「角屋」さんへ。
CIMG6269


今度買って来たのは日本酒4合(720ml)。


マ:「何で一升瓶買って来ないんだぁ~!」


と怒られますが、


G:「1升瓶残ったらキープしてくれるの?」


と聞くと、


マ:「絶句」 (=ω=;)


しかし、我ながらこの時点で、
”余ったら家に持って帰る”
という発想もないので、
相当酔っぱらっています(爆)。

CIMG6272


ここら辺で、
奥の広いテーブル席が空いたからと、
強制的に席を移動させられて、

CIMG6305


冷酒と一緒に
ホクホク甘い「むかご」
¥700円を頂き、

CIMG6278


自家製「スモーク・ベーコン」
¥1,200円も追加。
さすがに、飲み過ぎ&食べ過ぎで、
お腹一杯で苦しいです。 (ll゚艸゚ll)

CIMG6321


にもかかわらず、
とうとうボトルまで
入れちゃいました。Ψ(。・∀・。)Ψ

CIMG6324


相変わらず、傍ではマスターとお客さんの
楽しそうな語らいが聞えて来ます。

お客:「マスター、私、アルコール飲めないから、
    何かジュース頂戴~」

マ:「ウチはバーなんだからさ~、
  お連れさんの割物の烏龍茶でも
  飲んでなよ~、お金だってかからないんだからさ~」

お客: 「エ~ッ!」 ヽ (*`д´*)ノ

CIMG6310


壁に空いた穴からコッソリ
マスターを。

CIMG6329


お酒だけでなく、お料理も美味しいので、
空腹で行かれる際はお気を付けください(笑)。



【あなぐま/食べログ】

住所   :渋谷区道玄坂2-27-5 B1F
営業時間:18:00PM~24:00:AM
       (23:30PM L.O.)
休日   :日、祝日
決済   :現金のみ

↑このページのトップヘ