JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: JAL搭乗記 国際線



 BOADING GATE

11:00am。
ボーディングタイムに搭乗ゲート147番へ向かいます。
141~148番ゲート群は中央出国出口から約400~700m
離れているので、移動には余裕を持って10分ぐらい見て
おいた方がいいです。
20175jl372

搭乗ゲート前。
既に搭乗が開始されており、長蛇の列が出来ています。

CIMG9054

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:147
■Airline:JL
■Flight Number:JL37
■Aircraft type:Boeing 777-200ER
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
HND 11:30am-SIN 17:35pm
■Flight Time:7hr 05min

CIMG9056



CIMG9053

 JAL SKY WIDER(新・間隔エコノミー)

■Seats:154
■Seating configuration : 3-4-2
■Seat pitch : 84~86cm
■Seat width : 47cm
■Personal monitor size : 10.6 inch

20175jl371

今回は、後方寄り2人席を指定してみました。
残念ながら、最後方席の指定は叶わず。

そして、最後方から2列の座席配列だけ2-3-2となっている為、
自分達は座らないのにチャッカリ写真だけ撮っちゃいました(笑)。

CIMG9061

進行方向左側2人席56A&Cの様子。

CIMG9064

足元幅など。

CIMG9065

他人様のシートを撮影した後、自分達のシートH&Kへ(笑)。

CIMG9066

着席。

CIMG9069

 TAKE OFF
 

10:39am。
予定よりやや遅れてプッシュバック。
CIMG9073

離陸後のベイブリッジ方面、

CIMG9083

富士山の頭など。

CIMG9094

離陸約1時間後。
旦那さんはビール、私はスクリュードライバーを頂きます。

CIMG9097

 IN-FLIGHT MAGAZINE & ENTERTAINMENT
 

■機内誌
CIMG9072

■エンタメ

今回は表紙の全米ベストセラー クライム小説を映画化した
「Live in Night」を鑑賞しましたが、メッチャ暗くて、
あと、私の感性が乏しいという事もあるのでしょうが、
いったい、何が言いたいのか?最後まで分からず、
観なければよかった観賞となりました。(-公- ll)

CIMG9071

 IN-FLIGHT MEAL(Lunch)

離陸2時間後。
旦那さんはかじき丼、
CIMG9099

私はハンバーグをチョイス。
相変わらず美味しく頂きました♪
CIMG9100

 LANDING

離陸約6時間後、現地時間17:00pm前。
映画鑑賞の後、少々爆睡してしまい、
機長のアナウンスでウェイクアップ。

チャンギ空港到着まで約30分との事。
CIMG9104

現地時間17:15pm。
眼下には、マレーシアのジョホール川
にかかるブリッジなどが見えてきました。

CIMG9108

そろそろ到着です。

CIMG9111

17:20pm。
着陸して駐機場へ。

CIMG9121

空港の拡大工事も着々と進んでおります。

CIMG9119

17:37pm。
ターミナル内へ。
遅れての出発でしたが、ほぼ定刻通りに到着出来ました。

CIMG9124




 BOADING GATE

22:00pm 搭乗ゲートへ。
今回も1人12,000マイルを消費してビジネスへアップ。
20173D36

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:D36
■Airline:JL
■Flight Number:JL36
■Aircraft type:Boeing 777-200ER
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
SIN 22:25pm-HND 06:00am
■Flight Time:6hr 35min

20173D362

 JAL SKY SUITE Ⅲ

■Seats:42
■Seating configuration : 1-2-1
■Max. bed length :198 cm
■Max. bed width : 74 cm 
■Seat width: 51–52 cm
■Personal monitor size : 17inch


過去2回、この新型ビジネス窓側席を利用させて頂いた為、
今回は2列並んだ中央席を指定してみました。
20173jl361

離陸約10分前におしぼりとお水が配布。

座ってみて、正直な感想は、

「お隣との距離感、めっちゃ近い!」

です。( ゚艸゚;)

20173jl363

パーティションを下げていても、
ちょっと覗けば、お隣の方の寝顔なども丸見え。

もっとも、こんな事するのは私だけでしょうが。(笑´・艸・)

20173jl365

パーティションを上げた状態。

「私達、いつでも一緒じゃなきゃ嫌!」

という方には、是非、お勧めしたいシートです。(*≧∀≦)ゞ

因みに、既に睡眠モードに入っている旦那さんと
私には関係ないシートでした。(-公- ll)

20173jl364

それに比べて、
完全プチ個室空間を満喫できる窓側のお席。

次回は、やはり、
出来るだけ窓側席を指定しようと思いました。
20173jl362

 TAKE OFF

22:24pm プッシュバック。
やっぱ、窓がないと寂しいっすね。
CIMG0279

ルートマップ。
羽田まで約6時間のフライトです。

CIMG0282

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

私も早く寝ないとでしたが、
私の映画の師匠sabunoriさんの記事を拝読して、

「龍眼日記 Longan Diary/寒戦2」

パート1から観賞するべし!のアドヴァイスに逆らい、
途中まで観た「冷戦2」を再び鑑賞する事に。

CIMG0283

  LATE NIGHT SNACK         

離陸約1時間後。

■Charles Heidsieck Brut Reserve N.V
シャルル エドシック ブリュット レゼルヴ

■アンディーブのブレゼ 鴨胸肉のスモーク添え
オレンジソース

■冷製パスタ

などを頂きながら、

CIMG0293

グイグイ、ストーリーと名俳優たちの演技に引き込まれ、

CIMG0286

チーズとエドシックをおかわりしながら観了。

パート1のコピーも家にあるんすけどね~、
結局、あまりのパート2の面白さから、
すっかりパート1を観る気なくなってしまい、
早くもパート3が観たくなってしまいました。( ´゚m゚)

あと、上の俳優、文 詠珊 (ジャニス マン)と
張 学友(ジャッキー チュン)の2ショットで
思い出した「赤道 ヘリオス」のパート2もね。
CIMG0295


 JAPANESE BREAKFAST

日本時間4:00am過ぎ。
約2時間ほど爆睡した後、朝食を頂く為、
私だけCAさんに起こしてもらいます。

CIMG0296

ミカンの果肉入りフレッシュジュースと
ギャレーから頂いて来たチョコでウェイクアップ。

CIMG0297

和朝食

果物盛り合わせ
玉子豆腐
香の物
鶏松風、焼き板、昆布佃煮
タコと胡瓜の土佐酢

台の物
鮭味噌柚庵焼き

炊きたてのご飯

味噌汁

コーヒー


ひさしぶりの和食という事もありましたが、
どれも美味しく、全部頂きました。(。-艸-。)
CIMG0303

とりわけ、美味しいご飯が入ったお茶碗は、
とても可愛らしく、手に持ちやすかったので、
ちょっと底を拝見。ノリタケさんでした。
CIMG0304

 LANDING

5:41am。
そろそろ到着です。
CIMG0309


CIMG0312

5:52am。
予定より少々早くターミナル内へ。
旦那さんはそのまま家でシャワーを浴びて職場へ、
私は家でやっている野良仕事へと再び日常へ舞い戻ります。

CIMG0315






 FLIGHT SUMMARY

■Gate:7
■Airline:QF
■Flight Number:QF35
■Aircraft type:Airbus A330-200
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
MEL 12:20pm-SIN 17:25pm
■Flight Time:8hr 05min


カンタスファーストラウンジ内の反転フラップ式出発案内。
CIMG0162
 
 BOADING GATE

12:00pm。
ボーディングタイム11:35amのところ、
ラウンジでTVなどを観ながらすっかり出遅れてしまい、
普通に並んで機内へ。

CIMG0169


CIMG0170

 A330-200 ECONOMY CLASS

Seating configuration : 2-4-2。
ほぼ満席状態です。

BlogPaint

今回も、往路SYD-MEL線同様、エコノミー最前列、
足広シートの1つ後ろの2人席に着席。

CIMG0173


CIMG0172

ひょいと頭を上げると、ビジネスクラスの様子が伺えます。

CIMG0174

普通のエコノミーシートの足元幅は、
身長170cmちょいぐらいの方が座って、
ややゆとりが出来る間隔です。

CIMG0178

 TAKE OFF

12:20pm。
定刻通りプッシュバックがスタートしたところ、
CIMG0179

いきなり、足広中央席にお座りの赤ちゃんが
「おぎゃ~」と泣き始めます。

ま、離発着時の際はよくある事ですが、なんと、この赤ちゃん、
この後、ご両親や周りの方々、そしてCAさんなども加わり、
一生懸命あやしたのにもかかわらず、結局、フライト中、
半分以上泣いておりました(苦笑)。

将来は飛行機嫌いになりますでしょうか?

CIMG0180

離陸。

CIMG0181

Ta-Ta, Melbourne!
短い滞在でしたが、お世話になりました!

CIMG0183

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

9インチ タッチスクリーンはパナソニック製。
日本語字幕、放送番組も多数あり。

CIMG0186

だいぶボケましたが、フライトマップ。

CIMG0191

  LUNCH

離陸約2時間後、ランチの配膳スタート。
その前に振る舞われたウェルカムドリンクは、
個人的にはイマイチなお味の為、丁重にお断り致しました。
CIMG0192

旦那さんがチョイスした
「Peri peri chicken with roast potato wedges, zucchini and mint
ポルトガル風スパイシーチキン、ポテト、スッキ―二、ミントなど」

辛口スパークリングワイン Jacob's Creek 、
その他、チーズ、クラッカーなどと一緒に美味しく頂いたとの事。

CIMG0194

私がチョイスした
「Tandoori vegetable biriyani with basmati rice,fried onions and naan
インド風野菜炊き込みご飯、フライドオニオン、ナン」

こちらは、ご飯パサ気味で味もまばら。
選択を誤ってしまいました。(-公- ll)

CIMG0196

ランチの配膳から約1時間後に、
スニッカーズアイスが配られます。

CIMG0197

 LATER IN THE FLIGHT

離陸5時間後に配られたフルーツケーキ。
こちらもお味は微妙でした。(-公- ll)
CIMG0200

機内の様子。

CIMG0202

 PRIOR TO ARRIVAL

着陸約1時間前に配膳された
「Stir fry noodles with vegetables and honey sesame dressing
野菜ヌードル with 蜂蜜&胡麻ドレッシング」

こちらもお味は微妙。おまけに、うっかり、
麦茶テイストのコーヒーと一緒に頂いてしまい、

結局、私が今回のフライトで一番美味しく頂いたのは、
スニッカーズアイスという結果になりました(苦笑)。
CIMG0206

 LANDING

現地時間16:50pm 着陸態勢。
CIMG0209

窓の外には、シンガポールの街並みが見えて来ました。

CIMG0215

だいぶボケましたが、拡大してサンズなど。
CIMG0213

17:15pm。
予定より10分以上早く到着し、ターミナルの中へ。

CIMG0216

カンタスさんのA330-200のエコノミーシートは、
JALさんの新・間隔エコノミーシートに比べると、
クッションがやや硬く、お尻が少々痛くなりました。




 BOARDING GATE

19:10pm。
ボーディングタイムを10分過ぎてゲートに到着。
とっくに優先搭乗始まっています~。
CIMG9439

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL771
■Aircraft type:Boeing 777-300ER
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
NRT 19:30pm-SYD 7:15am(+1day)
■Flight Time:9hr 45min

CIMG9436

機材はJALエコジェット。

201703jl7717

そして、この時は知らなかったのですが、帰国後、
ぱぴるすさんのシドニーー成田 ファーストクラス搭乗記

【インボラ】JALファーストクラス(JAL SUITE)搭乗記 

を拝読して、2017年3月25日(土)のフライトを最後に、
成田=シドニー線のファーストクラスサーヴィスが休止
された事を知りました。

ちぇっ、残念!

って、自分達には一生縁が無いだろうと思っていたのですが、
ぱぴるすさんの素晴らしい搭乗記のお陰で、私達もせめて、
死ぬまでに一回ぐらい乗ってみたくなりました。

CIMG9442

 JAL SKY SUITE 777(777-300ER)

■49 Open suites
■Seating configuration : 2-3-2
■Seat width : 52cm
■Max. bed width : 65cm
■Max. bed length : 188cm
■Personal monitor size : 23inch

CIMG9448

窓側2席を指定。

CIMG9450

上の棚からエアウィーヴを下して、
旦那さんは通路側、私は窓側に着席。

BlogPaint

JALオリジナルアメニティキット
「ゼロハリバートン」の赤のソフトケースなど。

CIMG9457

19:20pm。
ウェルカムドリンクのシャンペーンを頂きます。

CIMG9455

 TAKE OFF

19:35pm。
約5分ほど遅れて出発~。

CIMG9472

Ta-Ta, Narita !

CIMG9486

Flight Map。

CIMG9502

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

CIMG9494

この時は、この2つのアジア映画が非常に気になったのですが、
如何せん、明日はメルボルンに着いてすぐ行動したかったので、
後ろ髪を引かれながらも観賞を断念。

CIMG9498

そして、早々に、
エアウィーヴを敷いて就寝の準備をし始めたところ、

CIMG9573

お隣では、
旦那さんがさっきの香港映画の方を楽しそうに鑑賞中。

おまけに、画面には私の好きな香港俳優の1人、
呉鎮宇(フランシス・ン)さんが写っており、
暫く悩んだけど、

201703jl7718

私は、やはり、今宵はサマンサ・ジェードの曲で
オージーテンションを高める事に致します♥

キモいオジオバサンだけど、
ファンになるくらいイイでしょう?

※画像はYou Tubeさんから拝借
2017jl772SJnine1


 DINNER

離陸1時間30分後。
ディナーの配膳がスタート。
CIMG9503

■先付 アミューズ・ブーシュ
胡麻豆腐 山葵のせ
フレッシュチーズとトマトのムース

旦那さん共々、エドシックと一緒に頂きます。
201703jl7712

そして、私は和食をチョイス。
どれも美味しく頂きましたが、とりわけ、
噛めば噛むほど旨味が口の中いっぱい広がる
炊きたてご飯のお味がサイコーでした。


 JAPANESE MENU

■春霞
筍旨煮と鮑柔らか煮
出汁巻玉子と海老の艶煮
くらげと椎茸の胡麻酢和え
鯛南蛮漬
お造り(鮪、平目)
長芋田楽
トマト甘酢漬け

CIMG9531

■台の物
国産牛和風ステーキ
鮭幽庵焼き

■炊きたてのご飯
■味噌汁
■香の物

201703jl7713

こちらは旦那さんの洋食。
久しぶりに和牛ステーキを食べれて感動したそうです(苦笑)。


 WESTERN MENU

■オードブル
春キャベツと花のサラダ、
国産牛のローストビーフと山葵のソース

■メゾンカイザー特製パン

201703jl7714

■メインディッシュ
和牛サーロインステーキのマスタードソース

※お肉と魚(真鯛)の2種類からチョイス可

CIMG9538

和食のスイーツ。
洋食のスイーツは撮り忘れてしまいました。

■甘味
黒胡麻葛餅

CIMG9545

 ANYTIME YOU WISH

離陸3時間後。
ディナータイムが終わり、機内はそろそろ就寝モードの中、
私は、寝酒のブラディメアリーと一緒に、

201703jl77111

1回目の食事終了後から着陸1時間30分前までオーダー出来る
ANY TIME YOU WISHの中から、好奇心で「たこ焼き」を
オーダー。

もう、完全にオッサンモードですいません。
(〃∀〃)ゞ

アツアツで提供されたこちらのお品は、
コンビニのレンチンたこ焼きみたいに美味しかったです♪

CIMG9567

 BREAKFAST

離陸7時間30分後。
私だけ朝食の為に起こしてもらいます。
約3時間ほど爆睡出来ました。

CIMG9571

メインのフロマージュのロワイヤルは、
ふわふわ軽い食感のチーズスフレのようなオムレツ。
寝起きの胃にも非常に優しいお味で美味しく頂きました。


■フミコの洋食
フロマージュのロワイヤル
グレープフルーツとアンチョビのサラダ
メゾンカイザーのパン
オレンジジュース

CIMG9570

食事をしている途中から、
真っ暗だった窓の外も徐々に明るくなってきました。

CIMG9593

離陸9時間20分後、現地時間6:50am。

CIMG9604

眼下にシドニーの街並みが見えて来ました!
今回は、トランジットの為、街中へ繰り出す事が出来ず、
非常に残念。

でも、もう少し交通費が安かったら、
頑張ってオペラハウスタッチしていたかも(苦笑)。

CIMG9608

 LANDING

離陸9時間30分後、現地時間7:00am。
シドニーキングスフォード・スミス国際空港に到着。

CIMG9613

現地時間7:05am。
ターミナル内へ。

CIMG9616

 ARRIVAL

現地時間7:15am。
イミグレ前に設置されているスマートゲートにパスポートの
ICチップを読み込ませ、手荷物ピックアップも申告も無い為、
あっと言う間に到着ロビー内に到着出来ました。

CIMG9621

これからドメスティックターミナルへ移動します。





 W台北から台北松山空港までタクシーで

14:00pm過ぎ。
W台北からホテルで台北松山空港までやって来ました。
乗車時間約10分、料金TWD175≒600円なり。
CIMG8837

JALさんチェックインカウンターで、いつものように
トランクをビニールでラッピングしてもらいます(謝謝)。

CIMG8840

 エアライン VIP ラウンジ

台北松山空港に乗り入れている航空会社共同のラウンジへ
軽くドリンクを頂きがてら覗いてみると、

CIMG2117

この時はガラガラで、

CIMG8850

旦那さんはビール、私はオレンジジュースを頂きます。

CIMG8851

フードのラインナップは前回とさして変わらず、
奥から魯肉飯( ルーローハン)、ローカル食の煮物、
枝豆、スイーツなど。

CIMG8852

スイーツは、プチケーキと、多分、焼きいも!?
日本の店頭などで丸ごと売られているイメージが強い為、
カップケーキのような形で提供されているのがちょっと
衝撃的でした(笑)。

CIMG8853

その他、点心や、

201702taipeiairport1

焼きそば、野菜など。
コンパクトなスペースながらも、
そこそこ美味しい台湾定番料理が揃っています。

CIMG8856

 搭乗

15:10pm過ぎ、優先搭乗で機内へ。
※写真はボーディング前のゲートです
CIMG8847

FLIGHT SUMMARY
■Gate:5
■Airline:JL
■Flight Number:JL98
■Aircraft type:Boeing 767-300
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
  TSA 15:30pm- HND19:15pm
■Flight Time:2h 45min

DSC07103

JAL SKYRECLINER
■Seating configuration : 2-2-2
■Seats:30

CIMG8861

今回は4回目の搭乗となり、おそらく、
もう当分搭乗する機会は無いだろうという事で、

過去に撮影した写真を交えながら、シートスペックで
良かったポイントを中心に独断と偏見で書かせて頂きます。

201702jl981

 シートスペック良かったポイント

・ゆとりあるシート間隔
・ゆったりふかふかな座り心地
・お隣の方と顔がささないセンターディバイダ―
・目の前のシートバックの収納の多さ

など。

CIMG1563

特に目の前のシートバックには、
上の小物入れにスマホやデジカメ、眼鏡などの貴重品を
取りやすく目立つように置く事が出来、真ん中のシート
ポケットは御覧の通り大容量、

CIMG1572

その下にもバックなどが置ける収納スペースが設けられており、
いちいち上の収納棚を開けたりする必要も無く、
非常に快適便利な乗り心地でした。

CIMG1579

 シートスペックいまいちなポイント

・フラット対応ではない
・モニターの出し入れ

など。


ま、3時間ぐらいの搭乗時間なので、
シートのリクライニング角度はこのくらいでも良しとして、

CIMG1619

右側のアームレスト下にすっきり収納されたテーブルも、

201702jl984

個人的には、出し入れ簡単なのでGOODでしたが、
人によっては、出し入れの際、窮屈に感じるかも?
という印象もあった為、いまいちのポイント側に。

201702jl983

あと、10.6インチタッチパネルモニターは、
ちょっと出しづらく見難いところがいまいちでした。

CIMG1612

反対側のアームレストは、試さなかったけど、
可動式で着席が困難なお客様にも対応との事。

私事で恐縮ですが、私が今から2週間ほどの間に
飛行機に搭乗するなら、車いすでの搭乗を余儀
なくされると思うので(足指不全骨折の為)、
このようなサーヴィスは非常に有り難いです。

もっとも、自分がこのような状況に陥らなければ、
このスペックの良さに気づかなかったであろうと、
深く反省もしております(恥)。

CIMG1607

15:30pm過ぎプッシュバック。
毎回こんな感じでスタッフさん達が手を振ってくれるので、
私もついつい子供みたいに一生懸命手を振ってしまいます(笑)。

CIMG8866

曇り空の中、遠くに101をキャッチ。

27

再見了、台北!

CIMG8871

機内誌&エンタメ。

CIMG8521

 機内食 


私は洋食をチョイス。
CIMG8863

エドシックと共に美味しく頂きました。

CIMG8873

旦那さんは和食をチョイス。

CIMG8864

総じて美味しゅうございましたとの事です(笑)。

CIMG8878

食事の後、機内誌などを読んでいる内に、
あっと言う間に羽田に到着。

CIMG8894

予定より約10分ほど早く到着して、
ターミナルに入った時刻は19:08pmでした。
約2時間半のフライトなり。

CIMG8900


 フライトを終えて全く個人的な感想

この羽田ー台北松山線ビジネスクラスと
羽田ー沖縄線JALファーストクラスは、
国内、国際線の違いはあるものの、
搭乗時間、シートの座り心地、機内サーヴィス
などで似ているところが多いなという印象も。

ま、若干、シートスペックは
JALファーストに軍配が上がりそうですが。

長時間のフライトは苦手だけど、ちょっとリッチに
搭乗前のラウンジでくつろぎながら、ストレスフリー
に台湾へ行きたい方には、是非、お勧めしたいフライトです。

↑このページのトップヘ