JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:HONG KONG HOTEL > Sheraton 香港



ラジオの周波数を
「シンフォニー・オブ・ライツ」
の放送局103.4FMに
合わせます。

「シンフォニー・オブ・ライツ」
が始まると同時に、
音楽を流しながら解説をしてくれます。

言葉は英語、広東語、
マンダリン(普通)語。

CIMG0531

始まる前の露出気味夜景。
(現地19:42PM)
CIMG0544

露出を抑えて
ワン・チャイの方を。
今度は寂しいですねぇ。
CIMG0548

コンデジ相手に悪戦苦闘
していると、携帯に「親」から
メールと着信が交互に入ります。


「至急連絡されたし!」


普段は、連絡を取る事も
会う事も殆ど無し。
たまに、お互い生きてるのか?
連絡を取り合う程度の付き合い
です(笑)。


何かあったのか!?
と心配になり電話に出てみると、



「明日の昼からマージャン大会やるんだけど、
頭数合わせで出てくれないか?」



はぁぁぁ~!?  


それでも、誰が出るんだ?
と聞いてみると、下は60歳
から上は84歳まで、
現役バリバリ働いておられる
リッチなシニア集団と。


これは結構稼げるかも!?
という事で即決参加を決め
電話を切ります(笑)。


辛うじて見れた
「シンフォニー・オブ・ライツ」
CIMG0576

この後、買物へ行こうと
思っていたのですが、
なんだか面倒になり、
結局、お部屋でダラダラ
過ごす事に。


因みに、
バスタブに浸かりながら
見る夜景はこんな感じ。
殆ど見れません(苦笑)。
CIMG0577

あっという間に、
チェックアウトの時間に
なりました(涙)。
(現地22:45PM)
CIMG0590




今度は18階のラウンジへ
出かけます。
CIMG0460

営業時間は15:00PM~
ディナーは18:30PM~
CIMG0462

頂いたドリンク券を消費しながら、
軽くつまんで帰ろうと
思っていたのですが、
15:00PM~夜中まで
「点心メニュー」もあるんですね~。
CIMG0489

予約無しですが、
窓側のお席に
座る事が出来ました(嬉)。

ハウスワインで、キンキンに冷えた
【コンチャ・イ・トロ マルケス・
デ・カーサ・コンチャ シャルドネ 2010】
を頂きます。

辛口ですが、口の中にフルーティーで
芳醇な旨味が広がります。

「うまい!」
CIMG0498

ナッツをつまみながら、
目の前のハーバービューを
しばし堪能。これだけでも、
弾丸で香港へ来た甲斐が
あるってものです♪
CIMG0501

ネオンが目立つようになってきました。
CIMG0492

「点心」メニューを広げてみると、

定番点心から創作点心まで、
キャビアやフォアグラなど、
高級食材メニューも。
日本語訳付き。
CIMG0496

お値段は少々お高めですが、
CIMG0497

まだ店内は混雑もしておらず、
お酒がもう少し進みそうなので、
追加で注文っと(笑)。

それでも、コーナー側の
ハーバービューのお席は
人でいっぱいです。
CIMG0505

1品目はここのラウンジの定番、
「フランス産オイスター
カクテルソース添え
(3ピース)」HKD170+

日本でも美味しい牡蠣が
食べれるのに、オイスター
好きなのでついつい。
CIMG0509

お味は甘くて濃厚。
フレッシュ・オイスター
そのものです。
身も締まってプリプリ~。
しかし、弾丸で香港へ来て、
わざわざ食べる物でもないかな(笑)。
CIMG0510

2品目は
「揚げエビのポテト巻」HKD80+。
CIMG0519

エビをすり身で包んで、
渦巻きポテトで巻いて
揚げた創作点心。
エビがプリプリして、
衣にほんのり塩味が
付いているので、
チリソースを付けず、
このまま食べてもOK。
揚げたて熱々。


日曜日のお昼は
シャンペン飲み放題
もやってるんだ~、
いいなぁ~など、
ぼんやり考えていると、
CIMG0515

いつの間にか、
窓の外にスタークルーズ
客船がやって来たり、
ラウンジも混んで来たりで、
お会計の時間になりました(涙)。
CIMG0523

階段を下りて,
17階のロビーの
窓からネイザン・ロードを。
(現地19:15PM)
CIMG0526


お部屋へ戻って、
「シンフォニー・オブ・ライツ」
が始まるまでしばしの休憩。



「ホテル・フロア案内パネル」
最上階18階にヘルスクラブ、
ラウンジ、バーなどが集結
しております。
(クリック拡大可)
CIMG0453

厳密に言うと、
プールへは17階まで
エレベーターでアクセスし、
そこから「階段」で18階へ、
そこから更に「階段」で屋上へ
上る事となります。
(クリック拡大可)
CIMG0454

17階でエレベーターを降りて、
CIMG0464

階段を上って、
ヘルスクラブのフロントで、
プールの受付をしてもらいます。
CIMG0465

プール営業時間は
6:00AM-22:00PM。

温度調節されているので
通年利用可。
CIMG0468


プールまで、更に階段を上って、
CIMG0470

お天気悪いし、風も強いので、
殆ど人がいないのでは?
の期待が裏切られ、
プールサイドはメチャ込み
でした。(-公- ll)
CIMG0471

入口横にあるシャワー。
CIMG0475

ペニンシュラ側へ移動して
プール、来た方を。
CIMG0485

ペニンシュラの方を見ると、
周辺の建物に混じって
ICC上半分も見えます。
CIMG0472

ヴィクトリア湾方面を。
手前すぐ下はジムの窓、
向こう側はラウンジの窓。
CIMG0483

ジムの窓からは、
上環方面、信徳中心の
ツイン・ビルが綺麗に
見えるんですよ。
CIMG0525

中国建設銀行のパネル裏、
ジャグジーへ移動します。
CIMG0476

パネルすぐ裏のジャグジー横から、
「立ったまま」ヴィクトリア湾、
セントラル方面を。
もう少し天気が良かったらなぁ。
(現地18:03PM)
CIMG0484

ホテル外側から見てみると、
今、gingerが撮影している所は
赤丸の辺りです(笑)。
jac

再び、後のプールの方を。

夜はハーバーだけで無く、
周囲の美しいネオンに囲まれた、
アーバン・オアシスも満喫出来ますね。
CIMG0481

斜め右方向には、
「パノラマ・ホテル・バイ・ロンバス」
「ハイアットリージェンシー香港」
なども見えます。

つまり、向こうからも
このプールが見えるって
事ですね。(・∀・;)
CIMG0482

軽く泳いで、再び18階へ戻ると、
スタジオではパーソナル・トレーニング
が行われていたり、ロッカールームの前は
ローカル会員さん達でいっぱいです。
CIMG0466


ちょっと小腹が空いたので、
シャワーを浴びた後、
頂いた「ドリンク券」を持って、
下のラウンジへ行ってみます。



12階のお部屋からの眺めです。
CIMG0418


CIMG0413

窓に近寄り、
拡大せずに正面を。
残念ながら、天気は曇り。
CIMG0373

左にインターコンチ。
CIMG0372

セントラルの方を。
CIMG0374

ちょっと拡大。
CIMG0447

上環の方を。
いずれにせよ、「香港文化中心」
の建物が邪魔ですね(苦笑)。
CIMG0375

窓の下を。
わずかですが、道路や港
からの騒音が響きます。

静けさを求めるなら、
裏側のヨーロピアン調
ガーデン・サイドの
お部屋がお勧めです。
CIMG0376

ポケ~っと眺めていたら、
ビクトリア湾のクルーズ船、
「アクア・ルナ」がやって来ました。
CIMG0396

ま、私なんかは、
スターフェリーで
充分なんですが。
CIMG0399

こうやって、
いろんな船がやって来て、
結構、忙しいですね(笑)。
CIMG0401



そろそろ、プールへ
行ってみる事にします。





お部屋の位置。
CIMG0387

おじゃましま~す(笑)。
CIMG0425

入口横にあるクローゼット。
CIMG0392

左側はアイロン・セット、
ラゲージ・ラックなど。
CIMG0390

右側は電子ロッカー、
収納、スリッパなど。
2人でも十分な収納量です。
CIMG0394

お隣のバスルームへ。
2003年リノベート時
からの仕様で、バス&洗面
の部分がシー・スルー様式です。
CIMG0404

奥のトイレ。
CIMG0406

バスはバスタブと
マッサージ・シャワーが
1つのお部屋として独立。
CIMG0412

バス・アメニティは、
シェラトン・スパ・ブランド
「シャイン・フォー・シェラトン」
マンダリン&ミントの
甘いフレグランスです。



バスタブのシャワーは可動式なので、
バスタブに浸かりながら好きな格好で
シャワーを浴びたり、マッサージしたり、
もう1つのマッサージ・シャワーを
打たせ湯的に使用したりと、
リラクゼーションの選択肢があり、
疲れた体も癒されます。
水圧も問題無し。
CIMG0579

アメニティは一通り
揃っていますが、
シェービング・キットは
ありません。
※使用される方は要注意。
CIMG0452

この石鹸置き、お洒落且つ
洗面がキレイに保たれて
良いですね♪
CIMG0415

「究極の眠り」を追求し
シェラトンとシーリー社
共同開発の

「シェラトン・スイート
スリーパーベッド」

疲れが取れる寝心地ですが、
今回は殆ど使用せず。(-公- ll)
CIMG0420

ベッド・サイドの
「iPodドッキング
スピーカー&クロック」

ラジオも付いているので、
「シンフォニー・オブ・ライツ」
の時は、説明(英語・広東語
普通語)と音楽付きで鑑賞出来ます。
CIMG0446

ソファに座ってデスクを。
ネット有料が痛いです~。
CIMG0441

デスクからベッドを。
CIMG0443

入口方向。
お部屋の広さは30㎡前後。
1人では十分な広さですが、
2人だと少し狭いかな。

ま、香港基準では十分な広さ
なんですが。
CIMG0423

TVはSAMSUNG37インチ。
ベッドで寝ながらTVを見ると
こんな感じ。
CIMG0451

コンプのお水は
ベッド・サイド500ml2本、
1.5L2本。こんなにいっぱい
貰ってもって感じですが(汗)。
CIMG0421

ミニバーの冷蔵庫の中。
CIMG0430

お茶、グラス類など。
CIMG0431

ディルマの紅茶、
陸羽のポーレイ茶、
ハウス・ブレンド・コーヒーは
カフェインとデカフェの2種類、
どちらもフレンチ・プレスなど。

オープナーもあるので
持ち込み可。
CIMG0434

ミニバーの料金表。
コーラHKD25+10%、
ビールHKD42+10%など。
(クリックで拡大可)
CIMG0435

キー・カード。
CIMG0371


次回はお部屋からの
眺めになります。


↑このページのトップヘ