JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:HONG KONG HOTEL > W 香港


6:00AM頃起床。
シャワーを浴び、コーヒーを
飲みながら荷造りスタート。
CIMG9095


7:30AM。
お部屋のお掃除をお願いして出発。
お世話になりました。 

IMG_1473


フロントは空いており、
プレゼントのお礼を述べて、
チェックアウト完了。

CIMG8819


CIMG9114


「W香港」1階のエントランスから
エアポート・エクスプレス(AEL)
九龍駅エントランスまで、

徒歩 「2分」

「W香港」最大の利点
ではないでしょうか!?

IMG_1491


駅構内には各航空会社の
チェックイン・カウンター
が並んでおり、

CIMG9117


フライト案内のパネルによると、
搭乗予定のNH912便は、
定刻通り9:40出発予定。

CIMG9120


AEL2人分のチケットを
HKD180で購入。

窓口が開いておらず、
2人でHKD140の
ディスカウント・チケットを
購入出来ず。(-公- ll)

CIMG9122


ANAのチェックイン・カウンター前。

ここまで「W香港」から
わずか「5分」で到着!

成田まで荷物を預けて身軽に♪

CIMG9125

AELに乗って飛行場へ。

21分乗車後、
8:15AM飛行場へ到着。

混雑していなかった事もありますが、
ホテルを出発してから
インタウン・チェックインを済ませて、
約30分後に飛行場へ到着していました。

CIMG9128


「W香港」は、
エアポート・ホテルと
言っても良い位、
空港へのアクセスが
便利なホテルですね。




チムでお買い物をして、
夜、ホテルへ戻って来ました。

IMG_1444


ロビー自体は暗いですが、
その分、オブジェがライト・アップ♪

IMG_0549


ウッディーなシェードも
銀色にピカピカ輝いています。

IMG_1447


IMG_1449


6階で降りて、
そのままお部屋に向かうと、

デスクの上には、
ホテルからのプレゼント、
バースデー・ケーキ
(チーズ・ケーキ)と
ハーフ・ボトルの赤ワインが
置かれていました♪

前日のシェラトン・マカオと、
2日連続ホテルから
バースデー・ケーキの
プレゼントです(感謝x多謝)。

hkwcake


韓国人スタッフさんから

「メッセージカードは前日私が書きました!」

と伺っていたのですが、

まさか日本語でメッセージを
書いてくれていたとは!

♪ 感動しました ♪

W香港コンセプト・カラーの文字色にも(笑)。

whkcard


唯一、
撮れた夜景を少し。 (-公- ll)

CIMG9073


チーズ・ケーキもワインも、
ginger達が普段口に出来ない
高級なお味で美味しゅうございました。

CIMG9091


今回は、ホテル・ファシリティを
全く利用しなかったので、
次回は、ホテル・ライフを楽しむ為に、
是非、また宿泊してみたいホテルです♪



「W香港」のHPを見ると、
スタンダードのお部屋でも「お部屋からの眺め」により、
3つの名前でカテゴリー分けがされています。

・ワンダフル・ルーム/シティビュー

・スペクタキュラー・ルーム/ハーバー&ICCビュー

・ファビュラス・ルーム/全面ハーバービュー



そして、日本とオーストラリアの
デザイン事務所がそれぞれ手掛けた、


・グラマラス・デザイン(日本)

・G+A (オーストラリア)



2つの異なるインテリアのお部屋があります。


以前から、映画情報はもとより、有意義な香港情報、
ホテル情報等をたくさん教えて頂いている
sabunoriさんのブログで、

【龍眼日記 Longan Diary】


ご夫妻が宿泊されたお部屋が
「スペクタキュラー・ルームG+A・デザイン」

今回ginger達のお部屋
「ファビュラス・ルームグラマラス・デザイン」と、

眺め、インテリアが全く異なるお部屋なので、
比較しながらご覧になられると面白いかなと思い、
ずうずうしくリンクを貼らせて頂きました(笑)。
sabunoriさん多謝~。

さて、お部屋からの眺めです。
IMG_1357


TVカヴァーのスライド・ミラーには、
香港島の「西環」方面が映っています。

CIMG8867_20140617165304a27


デイベッド前から窓正面を。
「香港ディズニーランド」方面。
雲って全く認識出来ず。

IMG_1332


窓際左側。
西区海底遂道(ウェスタン・トンネル)

CIMG8916


眼下は大車線が走っていますが、
騒音は殆ど聞こえません。

IMG_1337


16:00PM前後。
キラキラ輝く水面の中を、
ゆっくり1艇の船が入って来たり、
のんびりした景色も眺められます。

この写真を加工してIGにUPしたら、
「W香港オフィシャルサイト」から
「いいね」を頂きました(笑)。

CIMG8949


窓際右側。
写真右側はMTR 東涌線
奥運(オリンピック)駅方面。

真ん中は昴船州
(ストーンカッタース島)で、
グーグル・マップに人民解放軍
の基地が記されています~。
CIMG8871

翌朝6:00AM頃。
カーテンを開けたら、
ターボジェット、コタイジェット等が
いっぱい停泊していました。

CIMG9102


水中翼船マニアには
たまらない光景でしょうか?



バスルームへ移動。
スライド・ドアで開閉。
バスルーム内側からリヴィングを。
IMG_1369


空間を広く見せる工夫が施された
バスルームですが、1人だったら、
ドアを開けたまま1ルームとして
使用します♪

CIMG8852


その方が明るく解放感もあり、
なにより、使用の都度、
重さのあるドアの開閉は
結構面倒です(苦笑)。

IMG_1375


NY発のスパ・ブランド
「bliss/ブリス」のバスアメニティ
など。

CIMG8890


広めのシンク1つに
蛇口が2つのシンプルな洗面台。

CIMG8889


目の前には、お洒落な草花
模様がライトで浮き上がる
「特大版女優ミラー」(笑)。

お顔も明るく見えるので、
メイクの際などにも
テンション上がりますね。

CIMG8847


バスタブの方を。

CIMG8848


バスタブは比較的細長い作りです。

CIMG8854


シンプルで使い勝手の良い
ハンド・シャワー付き。
水圧問題無し。

CIMG8900


バスタブ正面のミラーに埋め込まれた
15インチのTV。

CIMG8855


お湯を出しながらTVをつけるとこんな感じ。

CIMG9071


バスタブ脇に置かれた
ボディ・ウォッシュとミトン。

CIMG8893


シャワーとトイレ兼用のスライド・ドア。

コンパクトに空間を広く使えるデザインは、
ホテルが出来た当時流行りましたが、
個人的には、防音性、防水性の点から
あまり好きではありません。

IMG_1386


扉を左にスライドさせて、
右側トイレ。

CIMG8853


左側シャワーはレイン・シャワー付き。
水浸しになるバスマットを、
タオルで補強しながら使用(苦笑)。

CIMG8850


バスアメニティの「bliss/ブリス」の
レモン+セージ・シリーズ。
レモンをクラッシュしたような
フレッシュでみずみずしい香り。
使用感もGOODです。

CIMG8851


Wオリジナルのワッフル素材
スパローブは、柔らかく、
肌触りの良い着心地です。

CIMG8896




次はお部屋からの眺めです。



エレベーターに乗って、
お部屋まで自分達で向かいます。
アサインされたのは29階。
CIMG8832


エレベーター降りたロビーは、
お洒落なライブラリーのような
空間になっています。

CIMG8925


飾り棚、本の間に
エレベーター・ボタンが設置。

CIMG8927


天井には、モノクロームで
いろいろな帽子の絵が
描かれています。

IMG_1316


お部屋の廊下の様子。

CIMG8922


お部屋番号は2909号室。

CIMG8923


お部屋の位置。
広さは40㎡。
都内マンション1LDKぐらいの広さです。

IMG_1354


入り口入った様子。
左側のミラー兼スライド・ドアで
バスルームを隠している状態。

CIMG8883


お部屋の中から入り口を。
スライド・ドアを開けて
バスルームを見せた状態。

CIMG8842


入り口横に設置された
温度調節と、
MAKE UP ROOM、
DO NOT DISTURBのボタン。

CIMG8841


その横に、火事の際の注意事項
のパネルが貼られています。

この注意書きを読んだが為か?
後でお部屋の電話を使う際、
往生するはめに。(ノ*゚Д゚)ノ

CIMG8945


クローゼットの中。
2人でも十分な広さです。

収納棚の1番上にセーフティあり。

CIMG8857


スリッパ。

CIMG8906


お部屋の中へ。
15:00PM前ですが、
中は凄く明るいです。

CIMG8843


お部屋は「グラマラス・デザイン」
機能的、且つシンプルな家具で
まとめられた直線的なお部屋を、
淡いペパーミント・グリーンに
壁に草花、蝶などを描く事によって、
柔らかな空間に仕上げています。

CIMG8846


IMG_1330


ベッドはシモンズ社製Wオリジナル。
ふかふかと柔らかく、寝心地最高です!

CIMG8946


窓側からベッドを。

CIMG8863


バスルームを隠した状態。

CIMG8876


コンプリメンタリーのお水は、
ベッドサイドとバスルームに2本ずつ。

CIMG8866


もう片方のベッドサイド。

IMG_1349


ここでカーテン、ブラインドの開閉、
日中、夜、就寝時用の照明が
ボタン1つで操作出来るので楽です♪
お部屋の中で一番気に入ったところです(笑)。

IMG_1350


ベッド側からTV(42インチ)、デスクを。

ここで問題発生!

CIMG8868


旦那さんがTVをつけようと、
説明書通り、DVDの電源を入れてから
TVをONにするもつかず。

「CALL Whatever/Wheneve or "O(ゼロ)"」
の通りボタンを押すも繋がらず。。。

結局、フロントまで降りて事情を説明すると、
TVはすぐ修理の方に来て頂き、お直し完了。

IMG_1393


電話に関しては、

スタッフ:「最初にONボタンを押していただかないと・・・」 

受話器取ったらすぐかけれる機種に
慣れ過ぎでしょうか!?

自分のアホさ加減に、
一気に疲れました。(-公- ll)

CIMG8951


気を取り直して、
再びお部屋、デスクの上を。

IMG_1326


こちらは万華鏡。

CIMG8880


MUNCHIE BOX(スナック・ボックス)。
スナックから帽子、傘、ぬいぐるみ等、
いろいろ入っています。

CIMG8878


プライス表。
Wオリジナル商品が
意外とお手頃なお値段です♪

CIMG9084


「W犬」のぬいぐるみが
カワイイんですよ。
買っていませんが(笑)。

CIMG9098


デスク下のミニバー。
コーヒーはフレンチプレス。
IMG_1398


冷蔵庫の中。

CIMG8908


お酒、グラス等。
栓抜き、シャンペーン・グラス
も揃っており、持ち込み派には
嬉しい配慮です♪

IMG_1324


キャビネットの扉内側には、
モノクロームのカゲロウと蝶が
描かれていたり。

このホテル、ハマる人は無茶苦茶
ハマりそうなホテルですよね。

IMG_1399


窓際には、柔らかく、座り心地の良い
デイベッドが置かれています。

CIMG8862


沢山の蝶が切り込まれた
素敵なランプ・シェード。

CIMG8869



次回はバスルームへ。

↑このページのトップヘ