JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:MALAYSIA HOTEL > DoubleTree by Hilton Hotel Johor Bahru





※どちらのフライトにも、前後に国際線乗り継ぎ
割引運賃を利用した、国内線往復便
(¥12,000円)が期間をあけて付いています。



【2015年4月シンガポール
1泊3日旅スケ/SGD1≒JPY88.5】

(フライト)
4月4日(土)
羽田→シンガポールJL35便
00:05ー6:15(7h10)

4月6日(月)
シンガポール→羽田JL38便
1:50-9:50(7h)

¥72,638円(沖縄往復込)/人



(ホテル)
「ダブルツリー・バイ・ヒルトン・ジョホールバル」
・KING EXECUTIVE ROOM
・ラウンジ利用付
・RM572.6(約18,000円・税込)/泊
・前日までキャンセル可



☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆


【2015年5月ジャカルタ
2泊3日旅スケ/IDR1≒JPY0.01】


(フライト)
5月3日(日)
成田→ジャカルタJL729便
18:55-1:00(8h5)

5月5日(火)
ジャカルタ→成田JL720便
6:50-16:30(7h40)

¥78,248円(沖縄往復込)/人



(ホテル)
「シェラトン・バンダラ・ホテル」
・デラックスガーデン・ルーム
・SPGアワード(ポイント)滞在
・前日までキャンセル可



シェラトン・バンダラ・ホテルのプール。
CIMG1175

日光浴されている方々も
沢山いらっしゃいました。

因みに、こちらはオジサン。
CIMG1168


こちらはお子様。

CIMG1239

こちらはシドニーから来た美女。
少しだけ隠し撮りしようと
思いましたが、、、
CIMG1268

こらっ!
アホな事ばかりしてるな!
■━⊂( ・∀・)彡ガッ☆`Д゚)

ですよね~(タハハ)。
CIMG1144



次回はJL729便エコノミー
ジャカルタ行の搭乗記
になります。




4月5日(日)9:30AM過ぎ。
2回目の朝食は1階にあるレストラン
「Makan Kitchen」へやってきました。
朝食時間:6:30AM~10:30AM


マレーシア語で
Makan (マカン)=ご飯、食べる

直訳すると「ご飯キッチン」でしょうか。
CIMG0259


少し並んで中へ案内されます。
CIMG0262


お席はエントランスから左へ進んだ方。
CIMG0265

外からは分かりませんでしたが、店内は、
「HUGE ヒュージ(巨大)」という表現が
ピッタリな、超広~いレストランです。

朝からテンション上がります~(嬉)。

フード・コーナーは、
こちら、真ん中、向こう側と、
3つのセクションに分かれており、
CIMG0333

こちらは主に
中華系のコーナーです。
CIMG0334

オープン・キッチンの周りには、
チャーハン、焼きそば、お粥などが
保温されて置かれています。
CIMG0330


こちらは点心など。
CIMG0326

熱々のパフォーマンスもあり、
補充されてもすぐなくなる、
競争率が高い一画です。
こちらは大根餅。
CIMG0340

お次は入り口正面にある
中央カウンターへ移動。
みずみずしいフルーツ類や、
CIMG0291

フルーツやナッツ、ヨーグルトなどが
入ったミューズリー、
CIMG0290

アイスなど。
このアイス、無茶苦茶
素朴で優しいお味です。
CIMG0288

こちらは、多分フレッシュでは
ないと思いますが、凄く甘くて
美味しいマンゴー、パイン・ジュース。
CIMG0283

こちらは搾りたてのスイカ・ジュースです。
CIMG0361

沢山のブレッドや
ペストリーズ、
CIMG0321


CIMG0323

サラダなど。
CIMG0324

3つ目のフード・コーナーは
インド、西洋、ローカル系のお食事です。
ナンは焼きたてを頂けます。
CIMG0306


エッグ・ステーション。
CIMG0312


こちらはヌードル・ステーション。
CIMG0346

お好みのヌードル、野菜、
肉などの具材をチョイスして
一緒に茹でてもらいます。

ちょっと薄味かもしれないから、
お好みで手前の調味料を入れてね!
と言われましたが、
そのまま頂いてもGOOD。
鶏ガラベースの優しいお味です。
CIMG0315

後ろのフード・カウンターには、
CIMG0317

西洋系のビーンズ、
ハッシュド・ポテト、
ウィンナー、ベーコンなど。
CIMG0343

お隣カウンターには、
マレーシアの代表料理、
ココナッツ・ミルクで炊き上げた
ライスに小魚のフライや茹で卵
などを付けて頂くナシレマックや
サンバルなど。
CIMG0303

こんな感じで持って来ました。
CIMG0360

どれも美味しくって、
胃袋がもう1つ欲しいです~。(。 >艸<)

ここのホテルに宿泊されるなら、
是非、ここで朝食を召し上がってみて下さい。

お味は勿論の事ですが、
お店の広さとお料理の品数に
圧倒される事請け合いです。

レストラン入り口からロビーを。
CIMG0375


~勝手に編集後記~
今回、実質、1泊3日の弾丸旅行で、
シンガポールより安く宿泊出来る
という事もあり滞在してみましたが、

予約した際、普通のお部屋(31㎡低層階)と
ラウンジ付のお部屋(31㎡高層階)の
お値段の差が2名で約3,000円ほど。
迷わずラウンジ付を選んで大正解でした☆

逆に、弾丸利用では少し勿体無かったです。(T0T)

その他、タクシーは常駐していない為、
ご利用の際は、前もって頼んでおく事を
お勧めします。
dbjml1

「ダブルツリー・バイ・ヒルトン・ジョホールバル」
ホテルHP:「DoubleTree by Hilton Hotel Johor Bahru」
住所:No. 12 Jalan Ngee Heng, Johor Bahru, 80000, Malaysia
TEL:+60-7-2686868
FAX:+60-7-2686888


(MAP)







4月5日(日)7:30AM。
ドア前には、地元英字新聞
「NEW SUNDAY TIMES」
が届けられていました。
CIMG0186

現在の気温は26℃ぐらい。
窓の外を覗いて見ると、
プールも空いています。
朝食前の腹ごなしに
ひと泳ぎ出かける事に。
CIMG0178

プール、フィットネス・ジムと、
シャワー、スチーム・ルーム、
ジャグジー完備の更衣室は
13階です。

ジムは24時間営業と
ホテルHPに明記されていますが、
更衣室、プールなどの営業時間は
チェックし忘れました。m(_ _)m
CIMG0188

エレベーターを降りて
プール入り口。
CIMG0191

左側はジム。
CIMG0192

右側はイタリアン・レストラン
「TOSCA/トスカ」です。
CIMG0190

プールへ行く前に更衣室へ。
CIMG0223

更衣室入って右側には、
トイレ、シャワー、ロッカー
化粧台などが設けられています。
CIMG0201

シャワー・ルームは2つ。
CIMG0212

こちらのシャワーは
水圧は強いですが、
やはり、時々、水温が
冷⇔熱と襲ってきます(笑)。
CIMG0229

窓際にあるロッカー。
数は全部で12個。
CIMG0206

窓側から入り口側を。
dbjsha1

アメニティは必要最低限
用意されています。
CIMG0226

更衣室左側の方へ移動します。
スチーム・ルーム。
CIMG0213

スチームで意味不明の写真に(苦笑)。
中は4人ぐらい座れるスペースです。
CIMG0219

ただ、この時の室内温度は42度。
サウナ感覚での利用はキツイです。
CIMG0257

奥にはビュー・ジャグジー。
CIMG0214

水温は超ぬるいです。
CIMG0217

手前にシャワーが3つ設けられた
オープン・スペースがあります。
CIMG0218



さて、プールへ。
CIMG0231

この時は子供用プールに
イスラム教徒のご家族が1組のみ。

街中、スカーフ、
マレー語で「トゥドゥン(tudung)」
をかぶったイスラム教徒の女性を
多く見かけますが、
プールでも宗教の教えは
厳格に守られています。
CIMG0238

大人用のプールの長さは
大体15Mぐらいかな。
深さは1.2M。
ホテルHPの写真で見るより、
実際はコンパクトです(笑)。
CIMG0242

早速、
プールへ入ってみましたが、

「真水」です。(・∀・)

普段、温水プールに
慣れているヘタレなので、
結局、ワンストローク・ツーキックで
撤退(苦笑)。


イタリアン・レストランの
プールサイド席から
プールを。
CIMG0250

反対側の手すり越しからは、
ジョホールバル最古のカソリック教会
「Church of the Immaculate Conception」
がすぐそこに見えます。

この建物は1927年築ですが、
元々は1883年に建てられた教会
「Our Lady of Lourdes」
が起源との事。

ええ、勿論、訪れていません。(* ̄m ̄)
CIMG0247




イヴニング・カクテル・タイムは
17:30PM~19:30PMです。

18:00PM頃伺ってみたところ、
土曜日という事もあり、
ラウンジ内は結構混んでいます。

ラウンジ奥の方からフード・カウンターの方を。
CIMG0157

なんとか空いているお席をGET。
CIMG0105

窓からの景色。
赤道近くでもあり、
日没は平均19:00PM以降との事。
CIMG0108

軽食等が並んでいるフード・カウンター。
CIMG0144

端から順番にご紹介。

スイーツ類。
ここのラウンジは
アフタヌーンティはありませんが、
カクテル・タイムにスイーツを頂く事が出来ます。

地元プラナカン・スイーツも
手前に2品置かれています。
CIMG0158

その他、デニッシュなどのペストリーズ。
CIMG0131

こんな感じで持って来ました。
CIMG0146

どれも甘くておいし~。
こういう時はダイエットは忘れましょう(笑)。
CIMG0163

スイーツのお隣は、ホットミールの
マッシュルーム・キッシュや、
CIMG0130

ツナのピザなど。
CIMG0138

そのお隣には、
色とりどりのスティック・サラダ、
CIMG0133

レンゲに盛られた
エビのカナッペなど。
CIMG0135

そのお隣には、
お鍋で保温されながら
揚げ焼売や春巻き、
ミーゴレン風?パスタなどが
置かれています。
CIMG0126

こんな感じで持って来ました。
カナッペのエビはプリプリ、
キッシュも美味しく、
野菜もフレッシュでシャキシャキです。
揚げ焼売はいささか時間が
経ったようなお味ですが。
CIMG0139

結構、カクテル・タイムのお食事だけでも
お腹一杯になりますよ~。
CIMG0111

バーカウンターには、
スコッチ、ジン、ウォッカ、ラムなどの他に、
CIMG0112

3種類のワインが用意されています。
スパークリングはアルゼンチンの
「 ALTAS CUMBRES/アルタス・クンブレス」
ラベルには”EXTRA BRUT”と書かれていますが、
個人的には少々甘く感じました。
CIMG0117

白・赤ワインも共にアルゼンチンの
「TRAPICHE VINEYARDS
トラピチェ・ヴィンヤーズ 」
どちらもまろやかで飲みやすいお味です。
日本ではKIRINさんから販売されています。
CIMG0124

旦那さんはフリッジから
タイガー・ビールや
IMG_3545

スコールなどを頂き、
CIMG0140

gingerは珍しく
スコッチ・ソーダ割りなども頂きます。

基本、ラウンジのスタッフさんが
飲み物を伺いに来て
運んで来てくれるスタイルですが、

殆どの方はginger達と一緒で
セルフで注いでいらっしゃいました(笑)。
CIMG0119




「エグゼクティヴ・ラウンジ/29階」

(朝食タイム)
6:00AM~10:30AM/平日
7:00AM~10:30AM/土日祝

(カクテルタイム)
17:30PM~19:30PM

(その他)
・終日ソフトドリンクなどが頂けます
・お子様ご利用可
・PCコーナー、個室あり


エントランス横には、
中東から伝わった
マレーシアの民族楽器
「ガンブス」がディスプレイ。
CIMG9974

ラウンジ・エントランス。
CIMG9976

中に入って入り口方向を。
幾何学模様の壁が素敵でしょう?
CIMG9991

入り口付近にはソファ席が設けられ、
CIMG9993

奥に進んで、
フード・コーナー周辺はテーブル席、
CIMG0006

そしてその奥には、
大きなソファ席2組と、
個室も用意されています。
CIMG0154

とりあえず、窓側のお席に着席。
CIMG9985

横に広がっている
フード・カウンターの方を。

ラウンジの案内には
「ドレスコードはスマートカジュアルでお願いします」
と書かれていましたが、

ま、皆様大体こんな感じです。
(私達もですが・笑)
CIMG9988


PCコーナー。
CIMG9995

フード・カウンター端から。
シリアル、牛乳、パンなど。
ジュースはオレンジ、
マンゴー、グアヴァなど。
CIMG9996

マフィンやドーナッツなどの
ペストリーズ。
CIMG9998


チーズやドライフルーツなど。
CIMG9999

ホットミールは、
ココナッツベースのカレー・ミー。
CIMG0002


CIMG0001

ビーフ・ベーコン。
CIMG0003

チキン・ルンダン。
こちらもココナッツベースに
香辛料をふんだんに使って
鶏肉を長時間煮込んだもの。
CIMG0011

サンバル。
こちらは結構辛いですが、
爽やかなライムの隠し味が効いた
チリソース・ベースのお料理です。
CIMG0012

ライスは上品な香りで有名なインドのバスマティ。
香辛料が効いたお料理の旨味を引き立て、
一緒に頂くと1+1=5ぐらいの美味しさに
変身させるお米です(笑)。

お粥はプレーンな白粥。
CIMG0004

フリッジには水、ジュース、
コーラ、ヨーグルトなど。
手前はコーヒー、紅茶などのメーカー。
CIMG0010

こんな感じで持って来ました。
カレーミーは日本のカレーうどん
みたいなお味です(笑)。
CIMG0013

ルンダンとサンバルは、
日本のレトルトカレーばかり
食べているginger達からすると、

「うわぁ~!何これ!?メッチャ美味しい~!」

ってお味です。o(≧∀≦)o

まさにスパイス・マジック☆
繊細で上品で味わい深いお料理です。
CIMG0015

29階の窓からは、
都市開発プロジェクト
「イスカンダル計画」
が進行中の市内が眺められます。
CIMG9979

マレー鉄道の線路も。
CIMG9984


ラウンジは見晴らしが良く、
落ち着いてのんびりした雰囲気で朝食が頂けます。

↑このページのトップヘ