JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ:JAL搭乗記 国際線 > NARITA-JAKARTA



5月5日(火)5:00AM頃。
シェラトン・バンダラホテルから無料バスに乗り、
約5分でスカルノ・ハッタ国際空港T2へ到着。
CIMG1313
 トランジットの方も多い為、
朝5時でも、ターミナル内は
結構な人で賑わっています。
CIMG1315
チェックインカウンターへ向かう前に、
セキュリティチェックを通過して、
CIMG1316

JALさんのカウンターへ。

CIMG1319

搭乗予定のJL720便は、
6:50AM発成田行き。

CIMG1333
 
無事出国して、

34
両替店を覗いてみると、

※この日のFXレート
1円≒109ルピア

日本円からルピアへの両替レートは悪くないと思いますが、
日本円へ戻す場合、単純計算して、1万円毎に約800円
ほど手数料が取られるようなレートです。
CIMG1332
6時過ぎには免税店もオープン。
少し覗いてみるも、USドル表記で、
日本の百貨店より高いんじゃね?
的なプライスの為、すぐに撤退(苦笑)。
CIMG1347

搭乗時間が近づきゲートへ向かいます。

CIMG1354
 
このような通路を通って出発ゲートへ。

CIMG1356
 ジャワ島伝統様式が取り入れられた
空港建物という事で、各ゲートラウンジも
ヴィラ風に独立しています。
CIMG1362
 
外から見た各ゲートラウンジの屋根。
CIMG1377
さて、搭乗時間なりました。

入り口で、来る時と同じ
チーフ・パーサーの方に
出迎えられて、開口一番

CP:「あれ~、お客様達、
昨日もお乗りになられて
いませんでしたかぁ~?」

G達:「そうです~」

CIMG1359
この時は、
こんな偶然もあるんだなぁ~
と思いながらお席へ着席。
CIMG1371
機内の様子を撮影している最中、
見回りに来たCAさんからも

「あれっ!?お客様達、昨日
乗っていませんでしたっけ?」

CIMG1381
お水サーヴで
回って来たCAさんにも

「あっ!お客さん達、
昨日乗っていましたよね!」


こういう経験は初めてなので、
この時点でやっと、

"来た時と同じキャビン・クルー
さん達と一緒に帰国なんだ!"

と気づきます。(・∀・;)
CIMG1382
離陸して約1時間後に
朝食を配りに来てくれた
CAさんからも

「あれっ、お客様達、
昨日も乗っていましたよね~!?
お仕事ですか~?」

恥ずかしいので、
ウソをついて
小さな声で

「そうです~」

と。
恰好が短パンとビーサンですが。(;゚∀゚)
CIMG1415
 因みに、
この日の空席率。
jl720空席1
ほぼ満席の中、
CAさん達にお声をかけて頂き、


超恥ずかしかったです~!((( ゚д゚ ;)))




台湾を通過した辺りでランチの時間に。
CIMG1496
メニューは2種類。
ミーゴレンとそぼろ三色丼。
CIMG1490
 こちらはミーゴレン。
ヤクルトや地元のアイス
(ストロベリー味)なども付いています。
CIMG1495
 こちらは
牛・鶏・玉子の3色そぼろ丼。

どちらも美味しく頂きました。
CIMG1498
 


● ● ● ● ● ●



着陸1時間前に、
CAさん達からこのような
プレゼントを頂きました☆

CIMG1504
中身は、この機材とは違いますが、
ボーイング777モデルプレーンと
ハンドタオルwith手書きのサンキューカード。
CIMG1523

滞在時間約30時間の旅行(=修行)でしたが、

同じフライトスケジュールでも、こっちはフライト中、
ただ座っているか寝ているだけに対して、
CAさん達はお仕事。

華やかなお仕事と思いきや、結構、大変なんですね。
ましてや、私達みたいな客にまで気を使って頂き、
少しだけ修行の善し悪しも経験出来たような気がします!?

 


5月3日(日)18:30PM。
ゲート前は凄い人です。
gate99-1

18:35PM。
出発20分前ですが、
依然、搭乗開始にならず。
CIMG0834

15分前にやっと搭乗開始。

機材はボーイング767-300ER型機。
機材名称「SKY SUITE 767」

シンガポール線に引き続き、
今年3回目の搭乗になります。
CIMG0844

機内の様子。
さっと見て、搭乗率は約9割。
シート配列は2-3-2。
CIMG0847

上の荷物棚もパンパンで、
一回閉じた扉がまた開いたり、
ヒヤヒヤする場面も。
CIMG0854

シートは新型エコノミー
「JAL SKY WIDER」
シート写真は同じ機材の
帰国便のものです。
CIMG1365

「着席時に足を組んだり伸ばしたりが
可能な足元空間。長時間のご利用でも
快適なホールド性の高いクッション」

などJALさんのHPで謳われています。

実際、私も起きている分には、
宣伝通りだと思うのですが、
寝て行こうとするとチトきつい。

ま、飛行機で寝れないタチでも
あるのですが(苦笑)。
CIMG1366

因みに、こちらは
身長190㎝ぐらいの方の御足。
CIMG0912

バタバタしましたが、
ほぼ定刻通りに出発。

目の前のモニターは
10.6 inchタッチパネル式。
CIMG0857

早速、エンタメ雑誌をめくって、
勝手に「映画の先生」
と思っている方のブログを
今回も参考にさせて頂き、
『96時間/レクイエム』
をチョイス。

見る前からストーリーの
結末が分かっちゃうような映画ですが
(笑´・艸・)、

60歳を過ぎた主人公
リアム・ニーソンのアクションに感激。

やはり、自分が主人公の娘だったら、
彼氏なんかいらないだろう!?
と思っちゃいますね。
CIMG0866

離陸から約30分後、
かすかに柚子系のアロマが
香るおしぼりが配られ、

気分もリフレッシュした後、
白ワインとおつまみを頂きます。
CIMG0873

離陸から約1時間30分後に
ディナー・タイムがスタート。
CIMG0879

エコノミーですが
お味のクオリティは高く、
メインは2種類から選択可。
こちらはハンバーグ&チキンタバカ。
CIMG0884

ハンバーグは
中までジューシーです♪
CIMG0888

小皿は豚の胡麻しゃぶ風
とエビチリなど。
機内食共通小皿での「豚肉」が、
ジャカルタ線では少し意外でした。
CIMG0887

もう一つのメインは、
アジア風チキンライス&焼き鳥。
51

飲み物も赤ワインに変更。
CIMG0882

デザートのアイス。
全部完食☆
ごちそうさまでした♪
CIMG0886

ディナー後の
リラックスした機内の様子。
CIMG0903

離陸から約3時間30分後には、
早くも消灯時間に。
CIMG0917

到着約1時間前に配られた
「ライクロワッサン・プレッツエル」
今回はお持ち帰り。
CIMG0925

5月4日(月)
0:33AM過ぎ。
予定より約30分早く
スカルノ ・ハッタ国際空港に到着。
約7時間30分のフライトでした。
CIMG0929


降りた後も体の疲れは感じず、

個人的には、このエコノミーで
ロンドンぐらいまでのフライト、
約12時間ぐらいは余裕かなと
思いました☆

最も、出来る事なら、ビジネスで
行ってみたいですが。(。 ゝ艸・)


↑このページのトップヘ