JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: MALAYSIA HOTEL




5:30am頃、起床。

今日のフライトは10:50am発の為、
6:30am頃、朝食を頂きに参ります。

お部屋を出る際、ドアに届いていた
ローカル英字新聞。

午後なら日経新聞も届けて頂けるとの事。
CIMG7304
朝食は33Fラウンジと、
5Fのインターナショナル料理レストラン
「Latest Recipe レイティスト レシピ」
Buffet Breakfast:6:00am~10:30am
                          (11:00am Weekend)

2カ所から選択出来るので、
5階のレストランを訪れてみました。
CIMG7239
広い店内は、お席、フードカウンター
などが円形状に設置されています。
CIMG7241
手前のペストリーズ、ブレッド、
その奥にローカル料理など。
CIMG7298

フルーツ、ドリンクなど。
CIMG7244
体に良さそうな色取り取りの
ドリンクが並べられています。
CIMG7256
上段のショットドリンク。
左から

・MALAYA TEA:cinnamon Stick, padan leaves,
                         palm sugar, black tea

・SPICY:Organic cherry, tomato, chilli gazpacho

・SWEET:sweet honey and watermelon tonic

・TANGY:passion fruit, crush and cardarmom shot

CIMG7294
およそ自分には縁が無い飲み物だろう
と思いつつ、唐辛子、ガスパチョなどが
入ったSPICYをワンショット頂き、

Mocktail(ノンアルカクテル)のような
気分がリフレッシュする美味しさに
朝からテンションUP!
o(*>▽<*)o


お隣のフルーツなど。
CIMG7258

お席の様子。
CIMG7288
この時間は人もまばらですが、
お店を出る頃には、お席が
結構埋まっていました。
CIMG7287

その他ペストリーズ、マフィン、
CIMG7279

ドーナッツなど。
CIMG7273

パンケーキは作り置き。
CIMG7251
ソフトクリームマシーンは、
旦那さんが食べたくて挑戦したところ、
Doesn't work でした。(´-ェ-`)
CIMG7252

ハムや、
CIMG7260
お寿司など。

左のお寿司は意外と?
普通に美味しかったです。
CIMG7261

緑黄色野菜もいっぱいあります~♪
CIMG7259
ホットミールコーナーへ。
エッグステーションなど。
CIMG7267

ローストミート類に混じって、
CIMG7270

お好み焼きも。
CIMG7297
ソーセージは鉄板が前後に動き、
ゴロゴロ回転しながら焼かれています。
CIMG7276

日本食カウンター。
CIMG7281
メニュー内容。
個人的に意味不明なメニューあり。
CIMG7284
こんな感じで持ってきました♪

総じて美味しく、また朝から
食べ過ぎました。(*-艸・*)
CIMG7300

レストランHPによると、
Buffet Breakfast : 
MYR80 Nett(税込)per person
 
日本円換算税込約2,300円。

ここの朝食が付いているお得な
パッケージがあればお勧めします。


なお、
SPG Members enjoy 20% off food only

その他詳細は、下記のレストラン、ホテル
HPで確認してみて下さい。


LATEST RECIPE レイティスト レシピHP





Le Méridien Club Lounge at Level 33


・Opening Hours:6:30am~22:00pm
・Breakfast:6:30am~10:30am(Weekday)
                               ~11:00am(Weekend)
・Evening Cocktails:18:00pm~20:30pm

・終日ビール、ソフトドリンク、スナック等
 提供あり


(Click the Lounge information to enlarge)
CIMG7077


Lounge Reception。
CIMG7136
ラウンジのフードプレゼンテーションは
朝食とカクテルタイムの計2回。


実は、てっきりアフタヌーンティー
があるものと勘違いして、
15pm頃、訪れてみました(苦笑)。


フルーツ、スナック、ビール、
ソフトドリンク等は終日提供されています。


逆光になりましたが、ラウンジ窓側のお席、
CIMG7093

その奥のお席の様子など。
CIMG7094
ラウンジ奥から来た方を。

鏡柱を挟んで反対側にもお席が
設けられているので、結構広い
ラウンジです。

服装はスマートカジュアル指定ですが、
カジュアルな方々が多いです。
CIMG7112
PCコーナー。
ビジネスセンターはホテル4Fにあります。
CIMG7120
この時間のフードカウンターは
閑散としており、
CIMG7109
カウンターの上には
プチスイーツが1種類のみ(笑)。
CIMG7098
それでも、カクテルタイムには、
オーダーを受けてから調理の
Action Station 、Noodle Station
などもオープンします。
CIMG7099
終日提供のフルーツ、
ヨーグルト、プリンなど。
CIMG7096


CIMG7097
コーヒーマシーンや
illycrema イリークレマ
(フローズンエスプレッソ)など。
CIMG7105


CIMG7104

ソフトドリンク。
CIMG7107
ビールはカールスバーグと
スコットランドの黒ビール2種類。
BlogPaint

こんな感じで持ってきました♪
CIMG7123
フルーツ、プチケーキ、フルーツポンチ、
杏仁プリン、イリークレマなど。

イリークレマ(右端)はエスプレッソの
豊かな香りと甘みを抑えた上品な
テイストで、軽く2~3杯ぺロッと
頂けちゃいます(笑)。
CIMG7132
窓の外から駅を挟んで反対側、
アロフトなどを眺めていたら、
CIMG7115
突如、スコールの襲撃!

街探索には折り畳み傘の
持参がマストですね。
CIMG7134
雨が止んだ後、
8Fのプールへ行ってみましたが、
殆ど貸し切り状態に喜んだのもつかの間、
CIMG7180
気温も下がりプールも冷たく、
One Stroke Two Kicks で撤収する事に。
ε=ε=ε=ヽ(・、 .)ノコケッ


●   ●   ●   ●   ●   ●  



Evening Cocktails 。
18pm頃、訪れてみました。

ラウンジ内は既に結構な人で
いっぱいです。

カウンターの上にはローカルフード
などが置かれています。


手前から
Fried Cottage Potato Dumpling
ポテトコロッケ。
CIMG7203
Aloo Masala
ポテトカレー(辛)。
CIMG7205
Chicken Tandori
チキンタンドリー。
CIMG7207
Lamb Keema
ラムキーマカレー(激辛)など。
CIMG7209
Action Station。

左:Mushroom Manchurian
インディアンチャイニーズの
マッシュルーム満州風(マンチュリアン)炒め

右:Lamb Kebab 羊肉の串焼き

左のマッシュルーム炒めが美味しく
リピートしますが、伺う度、ラムの方
を勧められます(苦笑)。
CIMG7223

Noodle Station。
CIMG7222

Vegetable, Pickles, Cheeseなど。
BlogPaint

Local Sweets など。
CIMG7212


CIMG7217
ワインは赤白4種。

・African Passion Chenin Blanc
アフリカン パッション・シュナンブラン(甘口)

・PRIMO Malvasia-Chardonnay Terre di Chieti IGT
プリモ・マルヴァジヴァ-シャルドネ(辛口)

・PRIMO Sangiovese-Merlot Puglia IGT
プリモ・サンジョヴェーゼ-メルロー(ミディアム)

・Kangaroo Ridge Shiraz
カンガルー リッジ・シラーズ(ミディアム)
CIMG7224
スパークリングは

・Castelnuovo del Garda Prosecco Extra Dry
カステルヌーヴォ・デル・ガルダ・プロセッコ
エクストラ・ドライ

個人的には少々甘く感じるお味です。
CIMG7227
こんな感じで持ってきました。
18:30pm過ぎでも外はまだ明るいです。
CIMG7201
ローカルフードはそこそこの美味しさ。

香辛料たっぷり辛口のお味もある為、
好き嫌いがあるかもしれません。
CIMG7228
点心、ヌードル系は、
個人的に微妙なお味でした。
CIMG7233
フルーツ、ローカルスイーツは、
旦那さんが総じて美味しく頂きました。
CIMG7234

マレー、インド系のお料理が好きな方は、
カクテルタイムで夕食が賄えるかもしれません。

それ以前に、やはり、お酒の高いKLにおいて、
酒飲みには有り難いラウンジでした。
 




 
「ル メリディアン クアラルンプール概要」

・ホテル開業:2004年
・建物階数:35階
・総客室数:420室
・Standard:32㎡~
・Suite:69㎡~ 
・Check-in/out:15pm/12pm

お隣ヒルトンと共用の市内で一番大きな
フリーフォームプール(岩や滝などを加え
自然のオアシスに似せて設計されたプール)
あり。
 



ホテル外観。
CIMG6876
Aloft KLを14:30pm頃チェックアウト。


KL Sentral駅を挟んで反対側にある
Le Meridien KLへ移動します。


当初はメリディアン2泊1滞在の予定
でしたが、SPGから


『年末までにSPGホテル3滞在で
もれなく7,500point(マイル)プレゼント!』


というターゲットオファーを頂いた為、


急遽、1泊ずつ2滞在に分割(苦笑)。


たまたま、宿泊代が比較的安い
KLに滞在予定でラッキーでした☆


KL Sentral Station。
CIMG7311
ホテル外観からも連想出来るよう、
入口はお隣のホテルと並んでいます。

ホテルと言うよりは、レジデンスや
オフィスビルのような印象です。
CIMG7146

Reception。
CIMG7148

Lobby。
CIMG7147
今回はSPG HPからラウンジ
アクセス付きのクラブルームを
MYR530++(税込1.8万円) 
per nightで予約。


チェックイン時間前でしたが、
最上階35Fのリノヴェ直後の
お部屋をアサインして貰います。
CIMG7025

35Fエレヴェーターロビー。
CIMG7157
フロアの廊下は計3つの
ガラスドアで仕切られています。
CIMG7084

お部屋の前に到着。
CIMG7083
お部屋見取り図。

SPGのHPではクラブルーム
37㎡と記載されていますが、

このお部屋は見取り図からも
分かるように、35㎡あるかな?
ぐらいの広さに感じます(苦笑)。
CIMG7033

お部屋番号&キーカード。
CIMG7073
お部屋へ入り、左手にトイレ、シンク、
シャワーの3ポイントバスルーム。
CIMG7051
リノヴェ直後という事で綺麗ですが、
シャワールームのパッキンに既にカビ?
のような細かい汚れが付着しており、
とても不思議でした。(笑´・艸・)
CIMG7053

トイレは洗浄機能付き(水のみ)。
CIMG7058
コンプのお水、アメニティは一通り
揃っています。マウスウォッシュあり。
CIMG7057
シャワーはレインシャワー付き。
水圧、水温など問題ありません。
CIMG7194
バスアメニティはパリの
ラグジュアリー・スパブランド
「CINQ MONDES サンクモンド」

カルダモンのスパイシー、ヴァニラ
の甘さなどが溶け合う優しいアロマです。
CIMG7063
バスルームからお向かいのクローゼットへ。
バスローブ、スリッパ等の他、
CIMG7040

PRAYING MATの用意もあり。
CIMG7041

クローゼット横のミニバーなど。
CIMG7049
クラブフロアなので必要無いかも
しれませんが、オープナーの用意は無く、
CIMG7048

フリッジ内の空きスペースも狭いです。
CIMG7047
お部屋に届いたウェルカムフルーツ、
ロビーで頂けるワンドリンクサーヴィス
(含アルコール)チケット2名分など。
CIMG7164

更にお部屋の中へ進み、
CIMG7036


CIMG7037
ベッドはキングサイズ。
メーカーは分からず仕舞いでしたが、
普通に寝心地の良いベットです。
CIMG7038
窓側からベッドの方を。

バスルームの磨りガラスは、
ぼんやり影が映るぐらいです。
CIMG7045

ベッドサイド。
CIMG7158
照明、エアコンなどの電気設備は、
全てこちらで調整出来ます。
CIMG7079
窓側からデスク方向を。

TVはSONY、NHK視聴可。
大きさは失念してしまいました。
CIMG7039
デスクサイドの収納、ラゲージラック、
電源ソケット付きセーフティボックスなど。

さほど広くないお部屋ですが、
縦長、シンプル、綺麗に収納出来ます。
CIMG7046
窓からの眺めはKL Sentral 駅
反対側のレイクガーデンビューです。
CIMG7305
眼下の大きなフリーフォームプール、
ホテル周辺を取り巻く幹線道路など。
CIMG7069

最上階ながら、
幹線道路の車の騒音が
微かにお部屋の中に響いてきます。


深夜に関して言えば、飛ばす車も多くなる為、
前日に宿泊したアロフトの駅側のお部屋18F
の方が静かでした。





Aloft from Le Meridien Kuala Lumpur
CIMG7197
splash pool 
営業時間:6am-23pm
Free WiFi OKです。
CIMG7118
翌日の朝、早速、
屋上のプールへやって来ました♪
CIMG3262
エレヴェーターを降りて
プールの方を。
CIMG3306
時刻は9am。
気温は既に30℃以上ですが、
インフィニティプール特有の
開放感と心地良い風が爽快です。
CIMG3312

お子様連れFamilyも多いです。
CIMG3310
プールの正面には、
Hilton, Le Meridien, 
2016年4月にオープン予定の
The St. Regisなどが見えます。
CIMG3324

プール端から。
DSC02001


 CIMG3343
プールには
No Changing room
更衣室は無く、
CIMG3329
Only Bathroom
トイレのみ。

プールに入られる方は、
予めお部屋で水着、
バスローブ、ビーサン等
着用して来られる事を
お勧めします。
CIMG3328
 
シャワーは大小2つ、
CIMG3363
 
お子様用プールあり。
CIMG3331
 
とりあえず、チェアを確保。
CIMG3316
プールの水深は1.2M。
ホテルHPには最大水深
4M/13.12FTと書かれています。
CIMG3342
それでも、こちらのプールでは、
元気なお子様達がどんどん
ジャンプ!
 CIMG3355

JUMP!
CIMG3357
因みに、プールは
飛び込み禁止です(苦笑)。
CIMG3359
泳ぐというより、
気持ち良い風に吹かれながら、
のんびり体を冷やすような感覚
で利用するプールですが、
何よりも、素晴らしい解放感に
心も体もリフレッシュ出来ます。
CIMG3315

コスパの良さは言うまでも無く、
アクセスの良さとこのプール、
どちらもホテルの特筆すべき
ポイントです。d(ゝ∀・*)


Aloft Kuala Lumpur Sentral






時間が前後しますが、11月、再び
Aloft に宿泊し、「Aloft~Chinatown
アロフト~チャイナタウン」をTAXIで
往復した際の

『Fare Difference 料金の違い』

を記しておこうと思います。


11月21日(土) 20:00pm頃。
お目当てのレストランの閉店時間が
迫っていた為、Aloft からレストラン
がある Chinatown Gate 辺りまで
TAXI で向かう事にします。


呼んで貰った TAXI は
Blue TAXI(プレミアタクシー)
で初乗りMR6~。
CIMG6769
運転手さんはペナン島出身の陽気な方で、
ペナン話で盛り上がりながらChinatown
Gate 前に到着。

Fare 料金:MR19
Ride Time 乗車時間:10min
Mileage 走行距離:約3Km
CIMG6808
21:40pm頃。
食事を終え、帰りは電車
Chinatown (Pasar Seni Station)
からKL Sentral Station まで1駅
RM1(約29円)で帰ろうと思って
いましたが、
 CIMG6960
南国特有の Squall スコール
に見舞われ、当分止みそうにも
無かった為、急遽、Chinatown
Gate 周辺に停車していた普通の
TAXI を捕まえ乗車。

昼間は観光地で活気がありますが、
CIMG6963
夜は裏寂れて浮浪者なども多い為、
土地勘が無い方、女性の方には
お勧め出来ないエリアです。
CIMG6966
場所は違いますがTAXI はこんな感じ。
Meter メーター制で、
CIMG3606
初乗りRM3~。
行きと同じく約10min後、
Aloft に到着。
Fare 料金はRM5.9のところ、
RM10払いおつりを待つと、

運 「細かいおつりが無いから」

とRM5札のおつりを頂きます。

つまり、
Fare 料金はMR5(約140円)。

RM0.9(約26円) Discount
して頂きました。ヽ(・∀・)ノ
CIMG6862

翌日、少ない金額ながらも
料金の差額が腑に落ちず、
チェックインの際、お世話
になったホテルのベルさんに、


G 「ホテルからチャイナタウン
ゲートまでタクシーでいくらですか?」


と聞いたところ、


B 「大体、MR10~15ぐらいです」


ますます腑に落ちず、
昨日の経緯を説明したところ、


B 「ああ~、ブルータクシーなら
そのくらい行く事もありますし、
細かいおつりが無いという事も
よくありますから~。
ディスカウント良かったですね~!」
(*≧▽≦)ノシ))


G 「そっかぁ~、そうですよねぇ!?」
(*≧▽≦)ノシ))


日本人的感覚で挑めば、
いささか疲れてしまうであろう
この国の人情味溢れる”ゆるさ”を、
改めて思い出させて頂いた1コマ
でもありました。


↑このページのトップヘ