JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: JAPAN HOTEL



翌朝 7:30am。
朝食を頂きに1Fのバフェイ レストラン
「アクアリス」へやって来ました。

営業時間:6:30~10:00 (LO9:30)
料金:大人2,000円、小学生1,030円(税込)
CIMG0230

レストランは結構広く、
中央に大きなバフェィカウンターが2つ並んでいます。

CIMG0231

係りの方に窓側の席をすすめられて着席。

CIMG0236

お庭を見ながらお食事ができるので、
朝からリゾーティスト気分満喫です♪

CIMG0274

とりあえず、飲み物はセルフでコーヒーをチョイス。

CIMG0240

コーヒーとサータアンダギーはテイクアウェイも可。

CIMG0241

その他、各種ジュースマシーンの横に、
見慣れない「ヨモギとリンゴジュース」
を発見したので、試しに頂いてみたところ、

ヨモギの風味は感じるものの苦みは無く、
リンゴテイストのグリーンスムージー
のように美味しく頂きました。

そして、その横の石垣島マリヤ牧場産牛乳も、
あっさり滑らかコク旨で美味しく頂きました。

20176artb2

ホットミールカウンターへ。
定番の和食、洋食料理などに交じって、
ローカルフードもたくさん並んでいます。

人参シリシリ、
CIMG0267

チャンプルー類、

CIMG0254

地元の豊見山豆腐店の箱豆腐、
ウコンが練り込まれたウッチン麺、

CIMG0263

マーミヤかまぼこ店の豆腐かまぼこなど。

CIMG0262

エッグステーションも完備。

CIMG0265

調味料はお醤油やケチャップなどの他、
野菜とトマトソースが保温されて置かれています。

ただ、こちらは、頂いたオムレツともども、
普通に美味しいお味でした。(* ̄m ̄)

20176artb1

その他、カレーやスープなど。

CIMG0255

ご飯は白米の他、西表島の黒米と白米を一緒に炊いた
アントシアニンが豊富な黒紫米、中華粥など。

中華粥を頂いてみたところ、鶏ガラだしが効いた
香港粥と日本粥を足して2で割ったようなお味で
美味しく頂きました。

CIMG0252

その他、パン類や、

CIMG0248

自家製島ジャムなど。
こちらは旦那さんが美味しく頂いたそうです。

CIMG0249

ブルーシールの紅イモソフトクリームマシーンも完備。

CIMG0280

ちょっとレイアウト汚く、こんな感じで頂きました(笑)。

CIMG0272

ローカルフードが美味しかった反面、
他の定番料理がイマイチだったものもありで、

やはり、ここはお得な宿泊パックで利用したいな
と思いました(笑)。



19:50pm。
ディナーへ出かける前に、
ホテル1Fにあるコンビニや売店などをちょい見学してみます。
CIMG0291

売店営業時間:7:30pm~21:45pm

CIMG0293

売店の奥には、様々な石垣の泡盛が試飲可で売られており、
中には石垣でしか買えないレアな銘柄もあるので、
ちょっとしたお土産にもよさそうです。

CIMG0296

ただ、デイリーに飲めるお手頃泡盛は、

CIMG0295

街中のコンヴィニあたりで購入した方が、

CIMG0210

やっぱ、安いですね(笑)。

CIMG0209

そして、ホテルフロント斜め前の
シーティングエリア「うむっしゃ広場」で、

CIMG0072

毎晩20時から30分間、地元歌手による
島唄ライブが無料で聴けるという事で、
こちらもチョイ見学がてらやって来ました。

CIMG0284

本日の出演者は前花親子さん。

CIMG0286

無料という事で、正直、あまり期待しないで来たのですが、
最初の竹富島の水牛車の唄「安里屋ユンタ」が始まるや否や、
その心にズシズシ響いてくる迫力ある歌声と演奏に、
すっかり魅了され、感動すら覚えました。

CIMG0157

今回も観光しなかったので、
このライブが1番石垣の良さを肌で感じた体験となりました(笑)。




19:00pm。
早速、ひと風呂浴びに2Fの大浴場
「にぃふぁい湯」へ行ってみます。

■営業時間
6:00~9:00 / 16:30~23:00
※午前中はご宿泊客のみ利用可
※サウナは16:30~23:00

■入浴料
宿泊客:無料
一般客:大人(中学生以上)1,600円
子供(小学生)800円
幼児(小学生未満)無料

※石垣弁で「にぃふぁいゆ」=ありがとうの意味
CIMG0124

エレヴェーターを降りて案内パネルに沿って進むと、
24時間利用できるコインランドリーや、

CIMG0125

TVなどを見ながらくつろげるリラクゼーションラウンジ、

CIMG0127

プールの入口などを通り過ぎて、

CIMG0128

大浴場の受付に到着。
既に2人とも格好が館内着の作務衣&スリッパだった為、
特にお部屋のキーカードを見せる事もなく中へ。

CIMG0130

女性更衣室はこんな感じ。
タオルの備え付けは無く、
宿泊客はお部屋のものを持参するスタイル。

そして、入ってすぐに貸し切り状態となった為、
サクッと大浴場も撮影しちゃいました♪

CIMG0131

必要なアメニティは一式揃っています。
湯上りにウォーターサーヴァーでお水を頂いたところ、
HP上で謳われている通り、無味無臭の非常にまろやか
で飲みやすいお味でした。

CIMG0148

基礎化粧品はお部屋のバスアメニティと同じ
POLA エステ ロワイエシリーズ。

CIMG0147

大浴場へ。

CIMG0134

エントランスから正面を。
天井が高くて非常に解放感があり、全体的に綺麗な印象です。

CIMG0136

湯船のお湯は石垣の地下水を汲み上げてろ過した
温泉みたいな保湿効果の高い超軟水ピュアウォーターで、
広さも女性なら手足を伸ばして10人ぐらい余裕で浸かれます。

CIMG0137

エントランス右手の打たせ湯、ミストサウナなど。
※男性大浴場はドライサウナ

CIMG0144

ミストサウナの営業時間は16:30pm~。
この日は蒸し暑い日だったので、
扉を開ける事すら出来ませんでした(苦笑)。

CIMG0139

そして、女性大浴場限定のシャンプーバーもあり。

CIMG0138

因みに、各洗い場にはミキモト コスメティクスさん
のシャンプー類、POLAさんの洗顔クレンジング
が置かれています。

CIMG0141

大浴場奥からエントランス方向を。
右奥には独立シャワーブースもあり。

CIMG0145

結局、この時は最初から最後まで貸し切り利用。

湯船には5分ぐらいしか浸かりませんでしたが、
私の汚い肌もちょっとはしっとりツルツルになりました♪




「アートホテル石垣島 概要」

・開業年:2017年4月
・建物階数:13階
・総客室数:245室 
・スタンダード:22.6㎡~
・デラックス:53.3㎡~
・Check-in/out:15pm/11am  

ホテルの沿革
・1984年南西グランドホテル石垣として開業
・1989年ホテル日航八重山に名称を変更
・2016年9月管理運営会社が㈱オークラニッコー
 ホテルマネジメントから㈱マイステイズ・ホテル
 マネジメントに変更
・2017年4月マイスデイズ・ホテルチェーンが展開する
 フルサーヴィス型ホテルブランドのアートホテル石垣島
 にリブランド

備考
・石垣島地下水を磨き上げた超軟水使用の大浴場
・客室の水道水も超軟水で飲料可
・毎晩開催される島唄ライブ
・館内はどこでもスリッパ&館内着で移動可
・フサキビーチ間無料シャトルバス
・コンビニ・売店あり

など。



18:20pm。
バスを降りてホテル館内へ。

CIMG0068

ロビー右側にはソファなどが置かれ、

CIMG0069

左側にフロント。
デスク数が少ないので、混雑時は結構待つでしょうか?

CIMG0073

今回は「じゃらん」さんのリブランド記念セール
&ポイント10倍キャンペーンを利用して、

改装後の一番安いカジュアルツインのお部屋
1泊朝食付き12,832円(税サ込)を、更に
じゃらん期間限定2,000ptを利用して予約。

フロントに着くと、スタッフさんから

「プラス1,000円でオーシャンヴューの
もう少し広いお部屋にご案内出来ます」

のオファーを有難く受け入れ、
お部屋をオーシャンヴュー スタンダードツインに変更。

トータル宿泊費11,832円なり。

20176art111


フロント横の3基あるエレヴェーターの1つでお部屋へ。

CIMG0074

館内インフォ。
客室は2F~12F。
8F以上の南側のお部屋がオーシャンヴューとの事で、

CIMG0079

アサインされたのは9Fのお部屋。

CIMG0077

エレヴェーターを降りて廊下の様子。

CIMG0081

お部屋の前に到着。
タッチセンサーで開錠。

CIMG0082

フロア見取り図&お部屋の位置。
お部屋の広さは24.8 ㎡。

DSC07589

お部屋に入って中を。
手前左側に3ポイントバス、
右側にラゲージラック&むき出しクローゼット。

DSC07592

そして、お部屋の中には靴を脱いでスリッパでイン。
スリッパはこちらの合皮の他に、

CIMG0091

使い捨てスリッパも用意されています。

CIMG0092

お部屋の中から入り口方向を。
ラゲージラックの上には館内用バックが置かれており、

CIMG0093

クローゼットのハンガー数は9本。

DSC07588

バスルームは以前の面影を残しつつ
全体的に綺麗にリフォームされています。

CIMG0088


CIMG0087

アメニティ一式。

DSC07594

バスアメニティはPOLAエステロワイエシリーズ。

因みに、朝夕夜と大浴場を利用したため、
お部屋のバスは全く利用しませんでした。

CIMG0084

再び、お部屋の中へ。

CIMG0090

ベッドはシモンズ ワイドシングル 幅110cm。

CIMG0094

それでも、ベットパットはセミダブル幅120cm使用なので、
寝心地もシングルよりはセミダブル。

ベッドがシモンズでパットがフランスベットという事は、
あまり深く考えないように致します(苦笑)。

CIMG0115

枕は低反発とスモールフェザーの2種類。
どちらを使っても寝心地良かったです。

CIMG0217

枕元にはUSBポートと電源、
照明の明るさを自由に調節できる調光ボタンなどあり。

CIMG0107

ベッドサイドテーブルには目覚まし時計の他、
各社対応携帯充電器も置かれています。

WiFiの感度も良好。

DSC07600

館内着はコットン100%の肌触りのいい作務衣スタイル。
この格好とスリッパで館内どこでも移動できる事が、
ちょっとビックリした半面、とても楽でした。

CIMG0098

ベッドからデスク方向を。
パナソニックVIERA32インチ、
シャープ加湿器機能付き空気清浄機など。

CIMG0095

デスク下のカラの冷蔵庫、ポットや無料のお茶類など。

お部屋の水道水も大浴場同様、
超軟水(ピュアウォーター)で飲料可でしたが、

もう何年も水道水を飲んでいないので、
この時は飲みませんでした(苦笑)。

今から思うと、どんな味だったか
飲んでおけば良かったです。

CIMG0102

その他、大きなミラーや、

CIMG0118

リラクゼーションボディケア案内など。

CIMG0287

あと、使わなかったけど、
フロントで貰った割引券、引換券など。

CIMG0119

お部屋の窓は少し開閉可。
眼下がホテル正面玄関で、

CIMG0113

左側にスライダー付きプール。

ホテルを石垣島のシティホテルと捉えるなら、
まぁまぁの大きさ、リゾートホテルと捉えるなら、
意外と小さいのね?という印象。

ま、涼をとったり、お子様達は楽しめそうです。

CIMG0114

真正面の離島ターミナル方面の景色。
あいにくの曇り空だったので、あまり、
オーシャンヴューの意味がありませんでしたが、

CIMG0104

それでも、右方向の海では、
停泊中の大型クルーズ客船を見ることが出来ました。

CIMG0103

石垣港クルーズ船入港予定表から、
こちらは三菱重工長崎造船所で建造され、
イギリスのプリンセス・クルーズ社が所有・運行している
世界最大級のクルーズ客船「サファイアプリンセス」と判明。

翌朝にはいなくなっていたので、
次の停泊地台湾の基隆へ向けて出航した模様。

DSC07609

19:45pm頃の景色。
その後も星空を見ることは叶いませんでした(笑)。

CIMG0151




17:30pm。
南ぬ島石垣空港ターミナルを出て少し左に進むと、
市街地や離島ターミナル行きのバス停があります。

前方に停車している白色のカリー観光バスは、
離島ターミナルまでノンストップ運行。
乗車時間約30分、料金500円。

離島ターミナルまでなら、こちらの方が早いです。

カリー観光/空港ー港ノンストップバス時刻表

CIMG0048

私達は、今回、後方に停車しているブルーの
東(あずま)バス でホテルまで向かいます。

東バス/系統10 アートホテル・ANAインターコンチ経由空港線時刻表

CIMG0049

ホテルまでの乗車時間は、準急で32分、鈍行で35分と、
その差約3分ほど。

今回はたまたま準急に乗車しましたが、
鈍行でもさして乗車時間が変わらないのでご安心を(笑)。

そして、普通にホテルまで片道乗車券を買うと530円のところ、
帰りもバスで空港までアクセスする予定だったので、
車内で往復1,000円のチケットを購入。

CIMG0050

15:45pm 出発~♪

CIMG0051

車窓から空港を。
雨期真っ盛りという事もあり、お天気はこんな感じ。

CIMG0052

のどかな風景や、

CIMG0059

石垣牛の牧場などを眺めながら、

CIMG0060

18:20pm。
ホテルに到着。2017年4月1日ホテル日航八重山から
アートホテル石垣島にリブランドされ、外観も以前
より綺麗になっています。

CIMG0065

ホテルエントランス前のバス停で下車。

CIMG0067

エントランス前のバス停からは、東バスの空港線だけではなく、

CIMG0288

宿泊者専用のホテル~フサキビーチ間無料シャトルバスや、

CIMG0122

※フサキビーチからは空港行きの無料シャトルバスもあり

CIMG0121

最終便は早いけど、市街地までの巡回バスもあり。
運賃一律大人200円、子供100円。

CIMG0298

なお、東バスは21時台まであり。

ただ、市街地までは歩いて10分ぐらいなので、
暑い時じゃなければお散歩がてらアクセスも可。

CIMG0297

その他、空港行きのバスも始発6時台から
平均30分間隔で運行しています。

CIMG0289

そして、ホテル前がバス停の最大のメリットは、
バスが来るまで涼しいロビーで座りながら待てる事でしょうか。

翌日、空港までのバスを待っている際、
外気30℃近くの中で切に実感しました(笑)。

CIMG0300



↑このページのトップヘ