JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

カテゴリ: JAPAN HOTEL



9:00am。
1Fのリヴァーサイドレストランに朝食を食べに
やって来ました。

チェックインの際、翌朝の朝食は大変混雑が予想
されるので、前もって利用時間を決めて頂きたい
と言われ、伝えておいたので、待つ事無くお席に
案内して頂けました。
CIMG0639

忙しい中、スタッフさんがテキパキ笑顔で
ドリンクのオーダーを聞きに来てくれて、
2人共コーヒーを注文してお席を後に。

ジュース類。
CIMG0641

ポテト、野菜、タマゴ、ベーコンなどのホットミール。

CIMG0654

お粥はプレーンの他、

CIMG0644

鶏ガラだしの中華粥もあり。

CIMG0643

沖縄郷土料理のそばやチャンプルーなど。

CIMG0652

エッグステーション。

CIMG0657

私もアーサー入り沖縄風オムレツとプレーンを2つ注文。
相変わらず、お味は程よくコッテリ、リッチなオムレツです。
ただ、サイズが小さいので、普通の人でも2つは余裕かと?

20174dtbh2

こちらは殆ど品切れ状態の沖縄郷土料理の品々ですが(苦笑)、
無くなりそうになるとすぐに出来たてが提供されていました。

CIMG0656

フルーツはどれも甘くてビックリです。

CIMG0655

その他、ご飯、納豆、漬物、味噌汁など。

CIMG0659

奥のベーカリーコーナーには、

CIMG0646

前回来た時には無かった、
チョコレートファウンテンや
パンケーキのコーナーも設けられていました。
CIMG0648

その他パンなど。
CIMG0649

これらバターもめちゃウマです。

CIMG0668

こんな感じで頂きました。

CIMG0663

前回に比べて、お料理のお味もスタッフさん達の
サーヴィスも格段にアップした印象を受けたので、

食事を終え、レストランを後にする際、受付にいた
マネージャーさんやチーフさんらしき方々に、
思わず、その通りの事を伝えたところ、

皆、顔をクシャッとしながら素敵な笑顔と共に
お礼が返って来たので、スタッフ一同団結して
頑張っている印象も受けました。

ただ、個人的には、最近、なかなか気軽に宿泊
出来ない料金になってきたので、複雑な思いも
あるのですが。σ(・´ω・`;)




19:00pm。
あしびなーからタクシーで
旭橋のダブルツリー バイ ヒルトン那覇へ。

前もって、旦那さんのヒルトンアカウント内に提示された
いくつかのアップグレード済みのお部屋の中から、
好きなお部屋をチョイスしてチェックイン済み。

カウンターで更なるアップグレードがあるかも!?

と期待してフロントへ向かってみるも、

そのまんまのお部屋での案内でした(笑)。

今回の宿泊代はヒルトン6,000pt+6,331円。

ヒルトンポイントは1pt≒0.3~0.5円ぐらい
の価値と捉えているので、

∴約9,000円/泊

土曜宿泊ということもあり、まぁ、お得だったかなと。
CIMG0450

お部屋に向かう前に、
ゴールド会員特典で頂いたドリンク券を、
1Fのレストランで有り難く利用させて頂きます。

CIMG0480

2人ともオリオンビールをオーダー。
キンキンに冷えていて美味い!
ご馳走様でした♪

CIMG0484

お部屋は6階。

CIMG0452

お部屋の前。

CIMG0627

ヒルトン オナーズ ルーム。

CIMG0628

お部屋見取り図。広さは25㎡前後。
廊下がある分、お部屋はやや狭く感じます。

ただ、昨年10月に宿泊したゲストルーム キング
のお部屋に比べると、クローゼットが広く、
冷蔵庫などと一緒に入口側に設置されているので、
その分、室内がスッキリしている印象も。

CIMG0453

入ってすぐのクローゼット。

CIMG0456

そのお隣の買ってきたものを入れちゃっているカラの冷蔵庫。
コーヒーは前回と変わってネスプレッソでのご提供。

CIMG0630

お部屋の方を。

CIMG0459

お部屋の中から廊下、冷蔵庫の方を。
お部屋はスッキリ使えましたが、やはり、
必要の都度、冷蔵庫やクローゼットまで
往復するのがちょっと面倒でした(苦笑)。

CIMG0458

バスルーム。

CIMG0471

アメニティも前回のピーター トーマス ロスから
クラブツリー&イ―ヴリンに変更。

CIMG0476

ヴァーヴェナ&ラヴェンダーの
柑橘系フレグランスです。

これも嫌いではありませんが、先月メルボルンの
ダブルツリーで提供された最新のバスアメニティ
「Aroma Actives アロマ アクティヴ」の方が
ピュアエッセンシャルオイルたっぷりの
フレグランスで癒されます。

CIMG0478

お部屋の中へ。

CIMG0460

前回と違って、ベッドのヘッドボードの革もはがれておらず、
リノヴェ済みの新しいお部屋です。

CIMG0472

ベッドサイドからデスク、窓側を。
TVも前回の26インチから40インチに変更。

CIMG0474

TV横のラゲージラック、スリッパ、パジャマなど。
ラゲージラックはクローゼット側にもあり。

CIMG0479

コンプのお水、お菓子、そして、クッキーなど。

20174dtbh1

窓からの景色はこんな感じ。
前回より1フロア下だったからか、
前回は気にならなかった道路の騒音が
ほんの少しだけ気になりました。

CIMG0631





8:00am頃。
前日、街で遅くまで飲み食いしたにもかかわらず、
宿泊に付いている朝食とはいかがなものか?
と好奇心半分、食い意地半分でやって来ました。
 CIMG9184

こちらは、前日に撮影した朝食会場「ククルカフェ」の様子。
因みに、今朝はほぼ満員御礼状態です。

CIMG9060

朝食営業時間 6:30~10:00
※素泊まりプランの方はチェックインの際、
もしくは当日申し込んで500円/人で利用可

なお、朝食が食べれない方用に、
テイクアウトパックの用意もあり。

お気使い有り難いですね。

CIMG9049

なんとか、スタッフさんにお席を作って頂き、
食器などを持って移動します。

CIMG9193

向かって右手にある、ご飯やお味噌汁マシーン、
スープなどが置かれたカウンター&厨房。

スタッフさん達がこまめにフードなどの
チェックをしています。

CIMG9186

ローカルの美味しい調味料も置かれており、

CIMG9209

いろいろ試食させて頂くと、
気に入ったお土産が見つかるかもしれません♪

CIMG9208

ドリンクコーナー。
朝食時間後も、コーヒー、紅茶、さんぴん茶、
ハイビスカス茶などがフリーで頂けます。

CIMG9190

正直、ドリンクのクオリティは、
業務用で至って普通なのですが、
フリーでも頂ける分、有り難いと思わねば!
という事と、

もしかして、飲み物より高いんじゃね?
の「かち割り氷」が提供されている事に、
ちょっと感動しました。(驚´・艸・)

CIMG9206

サラダなどのお食事が並んだカウンターへ。

CIMG9194

本日のお食事メニュー。

CIMG9196

左から、
オムレツ、ゆし豆腐、

CIMG9202

パスタ、温野菜、

20172cuculeb1

ベーコン、ソーセージ、鯖など。

CIMG9200

その他、だいぶボケましたが、パンなど。

CIMG9197

私はこんな感じでチビチビ頂きましたが、
やっぱり、ゆし豆腐が一番美味しかったです。

1人500円の朝食と考えると、品数はそんなに多くないけど、
頑張っているレヴェルかな?とは思うのですが、

内地の人間からすると、もう少しローカル食があったらなぁ!
という印象でした。

☆ご馳走様でした☆

CIMG9204



aaa



「石垣島ホテル ククル 概要」

・ホテル開業年:2009年
・建物建築年:1977年

※老舗大原ホテルをS.H.ホールディングス株式会社
(東京・渋谷区)のグループ会社が買い取り再生運営

・建物階数:6階
・総客室数:45室 
・スタンダード:16㎡~
・プレミアツイン:26㎡
・Check-in/out:15pm/10am  

 備考:
・立地の良さ
・無料アメニティ、ドリンク、レンタサイクル、WiFiなど
・2017年4月ホテル内に保育園開園
・ククルとは沖縄の方言で「心」という意味

など。



今回は「じゃらん」さんから
【早トク60】60日前予約で◎最大30%OFF【朝食付】
ダブルルーム1泊9,400円(税込)/室 キャンセル可
のプランを昨年の10月頃予約。


アサインされたのは客室最上階の5階。
因みに、6階は屋上(スタッフオンリー)です。
CIMG9022

廊下の様子。
以前の大原ホテルに宿泊された方は、
当時の面影を偲ぶことが出来るでしょうか?

個人的には、ホテルと言うよりも、
昭和の温泉旅館的な雰囲気を感じます(笑)。

CIMG9030

お部屋の前に到着。

CIMG9029

お部屋の位置とフロア見取り図。
広さは16㎡ぐらい。

大通りに面したお部屋ですが、
前記したように、室内の窓は2重サッシなので、
通りの騒音は全く気になりませんでした。

非常口のベランダに室外機が設置されているので、
多少、その音が気になったぐらいです。

ただ、朝の6時ぐらいに団体さんが帰還されたようで、
廊下から響くその賑やかな話声でパッチリ目が覚めました。

なので、音に敏感な人は、ここの宿泊を検討する際、
最終的には、「立地をとるか、静寂をとるか」
の2択になると思います(笑)。

20172cucule2

お部屋の中。
ワンルームマンション的な雰囲気です。

1人ならOK、2人だとチト狭い。
それでも、寝るだけと割り切れば十分な広さです。

CIMG9032

クローゼット。
消臭スプレーやスリッパ、パジャマなども用意されています。

CIMG9035

パジャマ。
身長160cmぐらいの方で8分丈ってサイズ。

CIMG9052

窓側から入口、バスルーム方面を。
TVはシャープ AQUOS 32インチ。

CIMG9037

バスルーム。
ユニットながらやや広めで、
トイレはウォシュレット、

CIMG9043

シャワーの水圧水温も問題無し。

CIMG9173

アメニティ。
歯ブラシ、シェーヴィングキット、
クシ、ボディタオルまで用意されています。

CIMG9042

連泊用エコサーヴィスもあり。

CIMG9050

ただ、個人的には、バスルームのドアの後ろとかに
バスタオル用のフックが欲しかったです。

タオル干し場所争奪戦の様子。
半分以上、旦那さんに占領されております。(-公- ll)
CIMG9175

カラの冷蔵庫の中にはコンプのお水や、

CIMG9040

ボックスの上にはお茶やお菓子のサーヴィスもあり。

CIMG9054

窓の方へ。

CIMG9046

眺めは公設市場やユーグレナモール方面。
ま、全然見えませんが、メッチャ近いです。

CIMG9034

今回は、ディナーのお店を予約してきましたが、
予定が無かったら、どこで食べようか?と迷うくらい、
周囲にはたくさんのお食事処が点在しています。
 
A&W(エンダー)も徒歩1分です♪(。 ゝ艸・)
 




17:35pm。
南ぬ島 石垣空港 バスターミナルへ。

今晩1泊お世話になる「石垣島ホテル ククル」さん
最寄りの石垣港離島ターミナルまでバスでアクセス。

この時は、手前のブルーの東(あずま)バスが17:45pm発、
CIMG8999

奥のカリー観光バスが17:40pm発。
※どちらもこの時間帯は30分間隔で運行

東バスの方がホテルに近いバスターミナルまで
運んでくれますが、その差、歩いてわずか数分
の距離なので、カリー観光バスに乗車。

因みに、東バスも往復切符を購入すれば、
離島ターミナルまで片道500円と料金は同じ。

あと、準急でも、途中、あまり乗り降りする人
がいないから、通常、ノンストップとさして
乗車時間は変わらず約30分前後かと(笑)。

CIMG9001

こんな感じで出発♪

CIMG9003

18:10pm過ぎ。
終点離島ターミナルに到着。

CIMG9007

ここからホテルまで、
2016年3月にオープンした
お洒落な「石垣島ヴィレッジ」や、
CIMG9010

飲食店などをチラ見しながら、

CIMG9213

あっと言う間にホテルに到着。
3分もかからず、あまりの近さに驚きました!(`艸´*)

CIMG9011

ホテル外観(夜)。

お部屋の窓は2重サッシなので、外の騒音は
さほど気にならないと思いますが、建物自体、
1970年代に建てられたものをリノヴェしているので、
廊下の音が室内にバンバン響いてきます(苦笑)。

宿泊料金にもよりけりですが、

「立地をとるか?静寂をとるか?」

が、まず、このホテルを選択する際の
大きなポイントになると思います(笑)。

CIMG9064

ホテル館内案内。
この時は、主に4階の宴会場、コインランドリー、
6階の屋上、3階のリネン室が改修工事中で、

CIMG9057

4月1日に、4階に保育園
「ひばりの保育 石垣のいえ」が開園。

現在は、スタッフさんや地域のお子様限定のようですが、
今後は、ホテルゲストの一時預かりなどへもサーヴィス
が展開されるそうなので、お子様連れの方々の需要が
大きく見込まれるのではないでしょうか。

CIMG9169

その他、宿泊者割引のあるリラクゼーションサロンや、
チェックイン前後に200円/回で利用できるシャワールーム
などもあり。

※シャワーは400円/回で宿泊者以外の方も利用可

CIMG9025

ホテルロビーへ。
早速、スタッフさん達に迎えられ、
チェックイン完了。

201702cucule1

ロビーのエントランス側には、
お店のスタッフさんにお部屋のキーを見せると、
飲み物全品半額になる八重山料理の居酒屋
「ゆらてぃく」や、

CIMG9017

奥には、朝食会場&フリーラウンジを兼ねた
「ククルカフェ」などがあり、

CIMG9061

10:00am-23:00pmまでフリードリンク
サーヴィスがあるのも有り難い。

CIMG9189

その他、フロント脇には、ご希望の方に1人1品ずつ、
足指パット、シートマスク、ハンド&ボディクリーム、
コットン&綿棒、新聞などのアメニティも用意され、
まさに、至れり尽くせりのサーヴィスです♪
CIMG9018


石垣島ホテル ククル




 

↑このページのトップヘ