JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:Aloft



ホテルにチェックインの際、SPGゴールド会員特典の1つ、
ウェルカムギフトアメニティ(ポイントかドリンク)とは別に、
最上階にある24Hオープンの朝食や軽食などが頂けるRe:Fuel 
で利用出来るワンドリンクチケットを人数分貰ったので、
18時頃伺ってみました。

CIMG8185

エレベーターの17階のボタンを押して、

CIMG8408

到着。

CIMG8410


Re:Fuel(24H)とW XYZ bar
(日~木:17:00pm~00:30am 金・土:~1:00am)
が一緒になった店内。

CIMG8412

エントランス横にあるルーフトップへの階段。

CIMG8413

ワンドリンクメニュー。
アルコールは無し。

CIMG8415

店内の様子。
金・土の21:00pm~23:00pmはライブ演奏もあり。

CIMG8417


CIMG8422

テラス席は喫煙可。
この上に台北市内を一望出来るルーフトップ席などもありますが、

CIMG8416

この時は外気爆熱の為、屋内でまったり
コカ・コーラゼロなど飲みながら過ごします。

CIMG8429

店内からホテル裏側、

CIMG8428

雙城街(シュアン チェン ジェ)の夜市など。

CIMG8425

結局、この日はこのまま帰っちゃったのですが、


●     ●      ●      ●     ●


翌日11:00am頃、
Re:Fuel と W XYZ bar のテラス席横の階段から
写真だけ撮りにルーフトップへ上ってみます。

CIMG8521


06

屋上は意外と広く、台北市内約300℃ぐらい?見渡せます。

42

もう少し涼しい季節なら、夜景を見ながら
ここで1杯やるのも良いですね♪

CIMG8504

ホテル南側。
ホテル目の前の民権東路、向かいのマンションなど。

CIMG8513

台北101など。

39

ホテル北側。
ホテル裏の雙城街など。

CIMG8510

このまま拡大すると、ビル横から少し圓山大飯店も。
撮り損ねてしまいましたが、右側にある松山空港へ向かって
びゅんびゅん降下して行く飛行機も見る事が出来ます。

CIMG8507







「アロフト台北中山 概要」

・開業年:2016年1月
・建物階数:17階+ルーフトップテラス
・総客室数:88室
・スタンダード:27㎡
・バスタブ付き:35㎡~
・Check-in/out:15pm/12pm
 
備考:
・全室禁煙
・トイレはウォシュレット完備
・ルーフトップテラスで喫煙可
・ルーフトップテラスから台北101など市内一望可
・24H雙城美食街(夜市)隣接
・MRT蘆洲線・中山國小駅まで徒歩2分
 


ホテル外観をフル撮影出来なかった為、
以下2枚のホテル外観写真をホテルHPからお借りしました。
alofttaipei1

お部屋の窓ガラスは、
表面に極薄の金属膜がコーティングされた熱線反射ガラスなので、
省エネ効果の他、室内が見えにくいハーフミラー効果もあります。

2016aloft3

今回はSPGボーナスポイントキャンペーン:
2泊でダブルポイント+1,000ポイント

に乗っかって、旦那さんのアカウントから
いつものようにセールで一番安いお部屋
アロフトルームを2泊予約。

・4,001TWD=13,800円(諸税込)/泊

フロントへ伺ったところ、

フ:「ビューバスのお部屋にアップグレードさせて頂きました」

との言葉におバカ夫婦大はしゃぎ。

いそいそとエレベーターロビーへ向かいます。

CIMG7576

エレベーターロビーに飾られている絵画。

各お部屋にそれぞれ異なる絵画が飾られているので、
「どの絵画のお部屋に当るのか?」
などもこのホテルを選択する楽しみの1つと言えるでしょう。

CIMG7622

アサインされたお部屋は7階。

CIMG8400

廊下の様子。
SF映画チックな雰囲気です。
夜は結構暗くなるのでご注意を。

CIMG8191

お部屋の前に到着。
分かりにくい写真で申し訳ありません。

CIMG8111

お部屋の位置。ワンフロア8室。

見取り図の両サイドはビル、下は民権東路通り。
このお部屋は水回りが民権東路側だった為、
表の騒音は殆ど気になりませんでした。

ホテル内外共、防音環境はなかなかのものです。

CIMG8144

お部屋入って入口を。

CIMG7588

左側のクローゼット。

DSC05234

室内へ。
スタイリッシュで落ち着いた明るいインテリアです。
天井が高く、窓も大きく設けられているので、
とても開放感があります。

広さは35㎡との事ですが、体感的には40㎡超に感じます。

CIMG7590

キングサイズのベッド。
マットレスは普通に寝心地が良く、
リネンの肌触りはとても柔らかく、
羽毛の枕はフカフカです。

CIMG7592

バスルーム側からソファやラゲージラックなどが置かれた方を。

CIMG7604

デスク周り。
TVはLG製42inch。
日本のTV番組視聴可。

20167aloft2

デスクの上に置かれていたウェルカムメッセージ。
1行でも日本語で書かれていると嬉しくなりますよね。

因みに、滞在中接したスタッフさんからは、
日本語を聞く機会はありませんでしたが。

CIMG8157

コンプのコーヒーお茶類など。
お水はペットボトル2本の他、写真手前の炭酸ボトル2本もコンプ。

DSC05238

オープナーも用意されているので、持ち込み派には嬉しい限りです。
買い込んだお酒などをカラの冷蔵庫に入れて部屋飲みしてました。

DSC05249

電源、USBなど。
日本のコンセント対応可。

CIMG8186

デスク横の窓から外を。
小さなベランダ付きですが、
残念ながら窓は施錠されています。

CIMG8142

壁に掛かっている絵。

・タイトル:Corgi コーギー
・アーティスト:CHIAO

CIMG7595

タイトル横のQRコードにスマホをかざしてみたところ、
この絵の壁紙が購入可でお値段TWD180≒600円。

CIMG8158

その他の絵もあり。

CIMG8159

さて、バスルームへ。
スライド式のドアを開けて、正面に洗面、
左にバスルーム、右にトイレと共にドア付き。

CIMG7596

アメニティはソーイングセットまで用意されており、
毎日補充して貰えます。

ソープ、ボディクリームは、バスアメニティ同様
「Bliss Tried+Blue ブリス トライッド ブルーシリーズ」

このマリーンノート系の爽やかなフレグランスは、
もはや私にとってはブリスでは無く、
アロフトのフレグランスとなっています(笑)。

CIMG7612

トイレ。
こちらには空調が行き渡らないので、
暑い日に締め切ると少々蒸し暑く感じます。
こちらの窓も開閉不可。

CIMG7602

トイレはTOTOのウォシュレット。

CIMG7607

バスルームへ。
バスメーカーも同じくTOTOです。

お部屋側の磨りガラスには、
ぼんやりシルエットが映るぐらいなのでご安心を。

CIMG8150

お部屋はバスルームも含めてバリアフリー対応。
広いバスルームなので水漏れする事もありません。

CIMG8154

お洒落な蛇口は左のハンドルを回して温度調節、
下に倒してお湯を出すタイプ。
水圧、水温など全く問題無し。

20167aloft1

バスタブは身長160cmぐらいの方なら、
余裕で足腰伸ばしながら肩までつかる事が出来る大きさです。

CIMG7599

お風呂に浸かりながら、
お向かいのマンションの方々の暮らしぶりはいかがなものか?
と少々覗いてみたりもしましたが、

見えたのは、人の事言えないけど、
殆ど裸に近いオッサンの姿のみ。(・∀・;)

おまけに、そのまんまの恰好でベランダに出てきて、
電話し始めたりするもんだから、せっかくのビューバス
に浸かりながら具合が悪くなっちゃったり(苦笑)。

ま、現実ってこんなもんでしょうか!?
なかなか映画のようには行かないもんですね。

 



13:50pm。
イミグレ前に到着。
この時は結構並んで約20分で入国。
CIMG7539

手荷物を受け取り、

CIMG7551

到着ロビーへ。

CIMG7554

全然分かりにくい画像で申し訳ありませんが、
この日の空港の兆豊国際商業銀行両替レート。
※もう1つの台湾銀行も同じレートでした

・BUY:0.2936
・SELL:0.307

1万円を台湾ドルに両替すると、
2,936TWD-30TWD(手数料)=2,906TWD

因みに、この日の市場為替レート
1JPY≒3.28TWD
1万円=3,280TWD

∴市場との差額374TWD≒1,200円


いつもなら、このレートならキャッシングして帰国後すぐ返済
と行きたいところですが、今回は、前回4月に両替した”塩漬け”
台湾ドルがある為、ここで渋々少額を両替。

CIMG7558

表に出て、乗り換えが面倒なのでタクシーでホテルまで向かいます。
早くMRTが開通してくれたら良いのですが。

CIMG7560

市内までの料金目安、利用出来るカードなど。

CIMG7564

運転手さんに繁体字のアロフト台北中山
「台北中山雅樂軒酒店」と住所を見せたけど、
あまり分から無さそうだったので、とりあえず、
最寄りMRT中山國小駅までとお願いします。

CIMG7569

のどかな景色を見ながらビュンビュン走って~♪

CIMG7568

約30分後、無事ホテルに到着。

CIMG7623

お代は1,095TWD≒3,600円。

taipeitaxi20167

ホテル裏側からフロントを。
向こうに正面エントランス、民権東路通りなど。

CIMG8203

フロント。

BlogPaint

その上のお洒落なオブジェライトなど。

CIMG7577

ホテル横の通り、雙城街(シュアン チェン ジェ)を入って行くと、
すぐコンビニや足つぼマッサージ屋、

CIMG7572

 24H営業している雙城美食街などがあり、
ホテル正面の民権東路に並んでいる飲食店なども含めて、
食に不自由する事が全く無い素晴らしい環境です。

CIMG8207

ホテルの位置。
MRT蘆洲線・中山國小駅まで徒歩2分。
MRT淡水線と新荘線・民権西路駅まで徒歩8分。

alofttaipeimap1

帰りはMRT中山國小駅から2回乗り換えして松山空港まで。

MRT全体にバリアフリーが施されているので、
トランクを転がしていても比較的楽に移動出来ます。

所要時間:約30分
料金:20TWD≒70円/人

桃園空港からのタクシー代は日本に比べると安いけど、
MRTと比べるとムチャクチャ高く感じちゃいますね。




「アロフト ソウル江南 概要」

・開業年:2014年
・建物階数:15階
・総客室数:188室
・Standard:23㎡
・Suite:47㎡
・Check-in/out:15pm/12pm
 
備考:
・禁煙ホテル
・コインランドリーあり
・SPG Keyless 利用可
・シティエアポートまで無料シャトルバス




今回もセールで一番お安いお部屋を
1泊12,495円(税込)で予約。

しかしながら、個人的には立地等も考慮して、
もう少し安くてもいいかも?って印象です(笑)。

2016aloftkorea1

アサインされたお部屋は7F。

CIMG4957
 
アロフトルーム。

CIMG4965

廊下の様子。

CIMG4723

お部屋の見取り図。

CIMG4726

お部屋入って入口方向を。

CIMG4731

・バスルームはシャワーのみの3ポイントバス
・シャワーはドイツのHansgrohe ハンスグローエ
・トイレは洗浄機能無し
・バスアメニティは備え付けのBliss®ブリス
(リンスインシャンプーとボディウォッシュの2つ)

水圧、水温調節問題無し。

CIMG4727

その他アメニティも一通り揃っています。
コップはプラスチック製。

CIMG4740


DSC04874

クローゼット。
バスローブ、スリッパ、アイロンなど。

CIMG4762

その横のミニバー、セーフティ、カラのフリッジなど。

CIMG4734

コンプのお茶類など。
お水も2本フリッジに入っています。

DSC04855

バスルームのドアを閉めた状態。
透けて見える程ではないのでご安心を♪

CIMG4737

更に室内へ。
明るい反面、西日も結構強いです。

CIMG4742

キングサイズのベッド。
メーカーは分からず仕舞いでしたが、
普通に寝心地はいいです。

CIMG4741

デスク、ラゲージラック、テーブル、チェアなど。
狭いながらもコンパクトにまとまっており、
使い勝手もいいです。

CIMG4755

窓際からお部屋を。

CIMG4748

TVはLG製42inch。
チャンネルはNHKワールドプレミアムも視聴可。

CIMG4756

窓からの景色。
深夜2時ぐらいまで車の騒音がうるさかったです。

CIMG4961

9:30am頃チェックアウトの際、
チェックイン時と同じフレンドリーで親切なスタッフさんが

ス:「お部屋どうでした~?」

と聞いてくれたので、

私:「お陰様で、綺麗なお部屋で素敵な滞在が出来ました。
道路の騒音以外は」


って答えてしまいました。(* ̄m ̄)


帰りはホテルの方が目の前に停まっている
一般タクシーをアテンドして下さり金浦国際空港まで。

ウィークエンドの為、
約25分の乗車 &W25,400(≒2,300円)で行けました。

 



13:00pm。
フォーポイントソウル南山をチェックアウト後、
ホテルの裏の入口に停車していたインターナショナル
タクシーで江南のアロフトまで向かいます。
CIMG4698
 
ホテルの名前を言ったものの、
やはり、まだ新しいホテルで認知度が低い為?
お向かいにある老舗ホテル「リベラホテル」
の名前を告げて場所を理解してもらいます。

CIMG4706

夏日だった為、

運:「冷房をつけますか?」

と日本語で聞かれ、とっさに、

私:「アニィエヨ~(違います)」

と言ってしまったところ、

運:「あはは~、アニィエヨ~じゃなくて、
そういう時はケンチャナヨ~と言います」

など和やかにインスタントハングル講座を受けながら、

CIMG4702

13:30pm、リベラホテルの

CIMG4711

斜め向かいにあるホテルに到着。
料金はW14,520(≒1,300円)。

CIMG4775

ホテル外観。

CIMG4942

ロビーラウンジの様子。

CIMG4715

チェックイン時間前でしたが、
無事チェックイン完了。

CIMG4716

客室へのエレベーター横にある
24時間軽食、ドリンク、テイクアウトOKなカフェ
「re:fuel by Aloft(SM)」など。

ま、ホテル周辺にも飲食店やコンビニなど
結構あります(笑)。

CIMG4772

夜のラウンジの様子。

CIMG4956

ホテルの無料シャトルバス
:COEX経由シティエアポート(CALT)まで

BlogPaint

時刻表&ルートなど。

本数は少ないけど、
COEXまで徒歩20分ぐらいかかるので、
利用出来る方はラッキーです。

(Click 拡大可)
CIMG4765


↑このページのトップヘ